カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の花 梅

 もう、お正月も終りになり、門松が無くなると画面が寂しくなるので季節の花「うめ」を載せました。
うめと鶯、実に様になりますね。このウグイス、良く見ると少し太っていますけど私は好きです。


 梅について少し調べてみました。な、なんとバラ科の植物なんですってー。ちなみに桜もバラ科。え~、信じられない。バラ科っていったら棘が付いてなくっちゃあ。そうでないとピンときません。え?世界的にこうなの?こういう学問の分野って一度決めたら見直すことって無いの?だ、だれか勇気のある学者さ~ん。ワタシはマジ怒ってます。一般市民の声を聞いてください。^^;





和名: ウメ(梅)
英名: Japanese apricot

 開花時期は、種類によって 1/25頃~ 4/ 5頃 
 遣唐使が薬木として、中国(湖北省・四川省)から日本に持ち帰ったものといわれている。
 日本の風土によく合い、平安時代に広く普及した。
 梅干に使われる梅の実は梅雨時に収穫されることから、この頃の雨を「梅雨」と呼ぶようになったとのことです。(文章が変?循環?説明になってる?考えると変になりそう。自分が書いた文章で。)


 英名で「Japanese apricot」と言われるほど日本で定着しているんですね。
 学名は「Prunus mume」ですが、江戸時代に「ムメ」と言われていたそうです。すごい歴史を感じますね。



 それにしても「バラ科」だけは納得がいきましぇん。梅と桜がかわいそうです。ワタシだけ?






では、今日の実験水槽の状況です。

  硝酸塩     (60ppm)パス
  リン酸塩    15ppm変わらず
  KH      6.5dH → 7dH(測定誤差?)
  分      0.02mg/L → 0.3mg/L → 0.5mg/L


  硝酸塩は変化無さそうなので測定をズルしました。
  




リン酸塩
≒0.75×20倍=15ppm

リン酸塩サブ20100107





0.5mg/L

鉄分サブ20100107





 リン酸塩が下がりません。前の1Lプラケースのときは、15ppm→7ppm→4ppmと2日間で11ppmも下がりました。これは1日当りの釘1本のリン酸塩除去量に限界があって、20倍の海水では同じ濃度になるには20倍時間が掛かるのではないかと想像されます。

 前回プラケースの1日目では15ppm→7ppmですから、
 ちょっとここでppmについて不安が・・・確かppmはパーセントと同じ単なる割合だったような

 調べると
    ppm= Parts per million =100万分の1


    水1Lに対して、水0.000001L(1mg)の割合が1ppm
    もし水と同じ比重の物質が、水1Lに1mg含まれていれば1ppmということになります。


 ということでここでは1ppm=1mg/Lと考えて進めます。




 前回プラケースの1日目でリン酸塩が8ppm下がったってことは

 釘1本の1日当りのリン酸塩除去量は
  
         8mg÷15=0.53mg/1本/1日




 これを本水槽に当てはめると

 本水槽では1週間でリン酸塩が8ppm増えますから

    1日当り  8ppm÷7=1.14ppm ≒ 1.14mg/L

          1.14mg/L×150L=171mg


 本水槽ではなんと1日で171mgのリン酸塩が増えているってことですね。

 これを釘で処理するには

    171mg÷0.53mg=323本


 う~ん。うなってしまいました。323本も鉄釘がいるの???

 これは無理なんじゃないの?魚が死んじゃうんじゃない?

 ほとんど給餌しないサンゴ水槽ならともかく、魚水槽では直感的に無理を感じます。

 もうちょっと時間をかけて考えてみましょう。



さて、鉄分の溶存量はプラケースのときと同じように0.5mg/Lまできました。
水量が多くても比較的短時間に溶け込むようです。
そろそろ、鉄釘の本数を減らすことを考えねば。



今日は、これで。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 リン酸塩

<< 魚の計算 | ホーム | 実験水槽 1日目 >>


コメント

あそびにきました~

過去の記事も見ましたが、
なかなか面白い事やられてますね~
リン酸は鉄釘って手がありましたね!

今後もよろしくっす!

どうも、いらしゃ~い。
鉄釘はサンゴ水槽ではいいかも。無責任に勧めます。(笑)
一時期ネタが無くなりそうになりましたがしばらくは続きそうです。チョクチョクいらしてください。

こんばんわ~
梅の花ですか。ちなみに私の住んでる区では、梅は区の花、ウグイスは区の鳥です(笑)
ウグイスがメタボな気が…。
今度は水槽が大きくなるので、鉄クギ実験もしてみようと思います。

どうも~。遅くまでお疲れ~。
調べましたよん。大田区ですね。
ウグイスはこれぐらいでなくっちゃ。区の鳥もこうしてください。(笑)
実験ぜひやってください。人の水槽で検証しようとしてます。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。