カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキマー5日目&スキマーの効果

 今日でスキマー5日目になりました。


白点も無く元気にエサを食べてますが、まだたまに体を擦るときがあります。

擦る回数が減ってきているので大丈夫そうな気がします。




今日は5日目なのでデータを取りました。

アンモニア20110515 亜硝酸20110515
アンモニア 0.1mg/L                亜硝酸 0.05mg/L




4倍希薄の硝酸塩測定

硝酸塩1_20110515 硝酸塩2_20110515 硝酸塩3_20110515 硝酸塩4_20110515 硝酸塩5_20110515
1分後       2分後       3分後       4分後       5分後

硝酸塩 2.5mg/L×4倍=10mg/L






5日間で溜まった汚水は70mLでした。
カップ壁面のゴミを集めて汚水に溶かすと結構茶色くなります。

汚水1_20110515 汚水2_20110515
汚水 70mL                 汚水:カップ壁面のゴミを混ぜた状態




この混ぜた汚水のCOD(化学的酸素要求量)を測定しました。
使った試薬は共立理化学研究所のパックテストCODです。

COD1_20110515 COD2_20110515
汚水原液のCOD 100mg/L以上       汚水希薄液のCOD 18mg/L

汚水希薄液は原水70mLに430mLの真水を加えて500mLとしたものです。




汚水アンモニア20110515 汚水亜硝酸20110515
汚水アンモニア 0.6mg/L              汚水亜硝酸 0.5mg/L


汚水硝酸塩20110515
汚水硝酸塩 5mg/L

硝酸塩は、亜硝酸が0.5mg/Lと高いので校正表を用いて5mg/Lと修正しました。



これらのデータを基に汚水の硝酸塩換算値を計算します。

汚水希薄液COD値により
    18mg/L×0.5L=9mg
この量の酸素を必要とする有機物がすべて硝酸塩NO3になったと仮定すると
    9mg×1.29=11.6mg・・・・・(1)


汚水のアンモニアが0.6mg/Lなので
    0.6mg/L×0.5L=0.3mg
これが硝酸塩NO3になったとすると
    0.3mg×3.65=1.1mg・・・・(2)


汚水の亜硝酸NO2が0.5mg/Lなので
    0.5mg×0.5L≒0.3mg
これが硝酸塩NO3になったとすると
    0.25mg×1.35=0.34mg・・・(3)


汚水の硝酸塩が5mg/Lなので硝酸塩の量は
    5mg/L×0.5L=2.5mg ・・・・・(4)

汚水の硝酸塩換算値は(1)+(2)+(3)+(4)なので
    11.6+1.1+0.3+2.5=15.5mg





一方、水槽の中の硝酸塩換算値は

アンモニアが0.1mg/Lなので
    0.1mg/L×22L=2.2mg
この硝酸塩換算値は
    2.2mg×3.65=8mg ・・・・(1)


亜硝酸が0.05mg/Lなので
    0.05mg/L×22L=1.1mg
この硝酸塩換算値は
    1.1mg×1.35=1.5mg・・・(2)


硝酸塩が10mg/Lですが元々水道水に4mg/L含まれているので
    (10mg/L-4mg/L)×22L=132mg ・・・(3)


水槽内の硝酸塩換算値は(1)+(2)+(3)なので
    8+1.5+132=141.5mg




結論として


この水槽内で5日間に発生した硝酸塩相当の総量は

    141.5mg+15.5mg=157mg


海道河童スキマーで排出できた割合は

    15.5mg/157mg=9.9% ・・・・結論





これは多いのでしょうか、少ないのでしょうか。


魚が食べた栄養分が新陳代謝されて、多くがエラから直接アンモニアとして排出されることを考えると妥当なのかも知れません。これらのアンモニアはスキマーでは排出できないでしょうから。

また、海道河童のスキマーを外しても10%ぐらいの硝酸塩が増えるだけ・・・とも言えます。



もっと強力なスキマーではどれくらいまで有機物排出量が上がるのでしょうか。

哀しいかな、うちには高価なスキマーは無いので確かめられませんが。^^;

マメスキマー3なら以前買ったのがありますが、たぶん同じような感じでは・・・




月・火曜と不在になりますのでブログはお休みします。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 ヤッコ

<< スキマー無しとの比較 | ホーム | スキマー3日目 >>


コメント

こんにちは~
お疲れ様です。
海道河童に関しては一つの結論が出たようですが、この数字が良いのか悪いのか?他の皆さんはどう感じられたのでしょうか? 普段から数値を測っていない私にはさっぱりわかりません。
メーカーを信じて「良し」とするか・・・

スミレさん 大丈夫そうで良かったです。

keiさん>
こんにちは~
レス、遅れてすみません。
ようやく一つの結論が出たので、どうしようかと思ってます。
どうもスキマーが意味を持つのはアンモニアを直接吸収または処理するシステムの場合のように感じます。

スミレさんは、顔を近づけるとエアが欲しいのか寄ってきます。大丈夫だと思うんですが、まだたまに体を擦ってます。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。