カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験水槽 1日目

 実験水槽をセットしてまる1日が経ちました。1日目の結果で~す。



測定結果

  硝酸塩     60ppm変わらず
  リン酸塩    15ppm変わらず??
  KH      6.5dH変わらず
  分      0.02mg/L(感?) → 0.2mg/L(1時間後) → 0.3mg/L

  注目の分は少し増えました。釘の表面にまたサビの粉のようなもの(リン酸?)が着き始めました。
  リング濾過材の一部が少し黄色くなりました。たぶん、サビの粉?



鉄分サブ20100106







リン酸塩
≒0.75×20倍=15ppm(0.75より少し少ないような気が?)

リン酸塩サブ20100106





分テスト
≒0.3mg/L

鉄分Testサブ20100106





今までのテストで言えることは、鉄分の溶存量は1Lが20Lになっても20倍には薄まらないということです。
むしろ、1Lのときの濃度に近づこうとしています。

ある程度のところでリセットして鉄釘の本数を減らします。


なお、適切な鉄分の量について、セラは0.5~1mg/Lが適切といってますが諸説あってまだ良く分かりません。実際の海の鉄分濃度はそれよりはるかにはるかに少ないようです。これについては、また改めて。





では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 リン酸塩

<< 季節の花 梅 | ホーム | 新しい実験 >>


コメント

興味深い実験が進んでおりますな
鉄を投入しようとしてるワタシには参考になります。
鉄分も多すぎると色々と弊害があるようですし。

セラは0.5mgが良いといっていますが私はそんなこと絶対に信じません。この前の0.5mgの中に魚を入れたら間違いなく秒殺です。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。