カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブロックの濾過能力その2

 30cmキューブ水槽を完全リセットして、ライブロックを入れて1日が経ちました。



水槽の中にはフウライチョウ君6.5cmが1匹。


水質を測ってみました。



12時間後
アンモニア_12_20110321 亜硝酸_12_20110321
アンモニア 0.1mg/L            亜硝酸 0.05mg/L




24時間後
アンモニア_24_20110321 亜硝酸_24_20110321
アンモニア 0.1mg/L            亜硝酸 0.1mg/L

24時間後
硝酸塩_24_20110321
硝酸塩 3mg/L



今までのテストで、6.5cmのフウライチョウの出すアンモニアの濃度は約0.7mg/Lであることが分かっています。

今回投入したライブロックは、このアンモニアをほぼ完全に硝化する能力があるようです。

結果として3mg/Lの硝酸塩ができましたが、原子量から計算してもそれなりに妥当なような気がします。


投入したライブロックは本水槽に入っていたものなので、魚たちが出す大量のアンモニアによって沢山のバクテリアが棲みついていたと思われます。


どれぐらいのバクテリアがいるんでしょう。

バクテリアの棲家としてあとどれぐらいの余裕があるんでしょうか。


アンモニアというエサの量に見合うバクテリアが棲みつくにしても、棲家の量にも上限があるでしょうし。





そこで、


もっと大きい魚を投入してみたいと思います。


「レインフォーズバタフライ10cm」です。




まだ、お披露目してないのですが、


以前注文していて、昨日、入荷したので受け取りに行ってきました。


計画停電の最中なのでタイミングがよくありませんが、来ちゃったものは仕方ありません。



今、バケツの中にいて、餌はまだ食べません。

ライブロックのヨコエビなどを食べてくれるかな・・・という期待と、



アンモニアや硝酸塩の測定をしてみようかと思います。








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ アンモニア

<< ライブロックの濾過能力その3 | ホーム | ライブロックの濾過能力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。