カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海道河童の再スタート、フウライチョウが・・・

 昨日、キューブ水槽を完全リセットして、海道河童を再スタートさせました。


活性炭フィルターを入れて、スキマーを稼動させてのスタートです。

そして、30分ぐらい待って、フウライチョウさんを入れました。




あやや、フウライさんが落ち着かないようです。

水流はMINに絞ってあるのですが。


前のチェルモン君もそうでしたが、どうも、チョウチョウウオは一般的に水流が苦手なようです。

以前、本水槽でもチョウチョウウオの白点病に悩まされていたことがあって、上部フィルターの出口を水槽のガラス面に向けて水流を抑えたことがあります。現在もそうなっていますが。


水深10m以上の実際の海底では、局部的な水流の変化というのはそんなにないのかなーと感じます。


それで、


この前、作っておいた水流抑制プレートなるものを取り付けました。

単に、アクリルの板に小さいアクリルプレートをくっつけただけですが結構効果あります。
前後にスライドさせることで水流をコントロールできます。
動画は分かり易いように水流をMAXにしてあります。







これでフウライ君もピタッと落ち着きました。







ところが、





今朝、フウライさんに白点が・・・・。








バケツと同じくらい安定性のあるチョウチョウウオ水槽を目指しているのに、はなっから白点です。

トホホ・・・。





そして、お決まりのように時間が経つと白点が消えました。白点病の初期段階です。

治ったわけでなく、白点虫が一端魚体から離れただけで、明日か明後日にはもっと繁殖して戻ってきます。

まれに治る場合もありますが、今回は白点の数が多いので駄目でしょう。



バケツに移せば、白点は間違いなく治りますが、それではこの水槽の弱点が分かりません。

丁度良い機会なので、この水槽で薬を使わずに白点病が治せるかどうか試してみます。




ストレスの原因として考えられるのは

・水流がまだ強い

・活性炭フィルター

・スキマーユニット

・ポンプの音(追記)

・初めての水槽で夜間真っ暗(追記)





水槽での換水治療


1)海道河童のポンプ、ヒーター、エアーポンプの電源を切ります。

2)バケツに飼育水を10L入れて、フウライさんも移します。隠れ家も一緒に。バケツにはエアーレーションとヒーターをつけておきます。

3)海道河童を外して、すべて水洗いします。
  活性炭フィルターは白点虫がいるはずなので廃棄します。

4)残りの飼育水で、中のヒーターや水槽の内側を洗って、すべての飼育水を排出します。

5)水槽に8Lほど水道水を入れ、さっと洗って洗い水を排出します。

6)洗った海道河童を取り付けます。(今回は原因究明のため、新しい活性炭フィルターの活性炭を取り除いたものを使います。スキマーは洗っただけです。)

7)新しく作った海水を水槽に注ぎ込んで、ポンプ、ヒーターの電源を入れます。

8)10分ほどしたら、魚を戻します。隠れ家も洗って戻します。(プラケースに、古い飼育水をなるべく少なくして魚を入れ、新しい飼育水を追加して、さらにそれを捨てて魚を水槽に入れるようにするとあまり古い飼育水が入りません。)







今回は、換水の前に、フウライさんの1日当りのアンモニア発生量を測定しました。

活性炭はアンモニアを吸着しないはずなので、0.5~1mg/Lぐらいあるはずですが。



結果

アンモニア 0.5mg/L   PH8.1

まぁ、こんなものでしょう。特に異常はありません。

アンモニア20110309







全換水と洗浄が終わりました。


河童に取り付けたのは、新しい活性炭フィルターの活性炭を取り除いたもの、そして、洗ったスキマーです。

活性炭を取り除いたら、何やら白い粒々のものが混ざってました。


活性炭

活性炭フィルター20110309




こ、これは、次の段階で使おうと思っていた「ゼオライト」ではないでしょうか。

イオン交換を利用したアンモニア吸着剤です。

少しアンモニアが少ない感じがしたのはこのせいでしょうか。



新しい人口海水を入れて、フウライチョウを戻しました。


フウライ君の様子です。
今は白点は無く良好です。







明日の朝、白点はどうなっているでしょう。








ところで、療養中のセグロチョウですが、

少し傷らしきところが悪化して昨日☆になりました。残念です。

どうもセグロチョウには縁がありません。また次の機会に。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ アンモニア

<< ゼオライトってどう? | ホーム | 魚のエラの働き >>


コメント

こんにちは~
この水流対策は良いですね。スライドさせて調節できるところが考えられていますね。
魚さんにだって水流の好き嫌いはありますよね、考えてあげなければ。

フウライチョウさんの白点はこのまま治ってくれますように!

セグロチョウさんは残念でした(涙)

keiさん>
こんにちは~
最初は河童の出口にあれこれ付けることを考えましたが、これが一番簡単で良さそうでした。結果も良好です。(^。^)

ありがとうございます。お陰様で今朝はフウライさん、大丈夫でした。餌もモリモリ食べてます。(^。^)

セグロチョウは雑食性なのですが、水槽に慣れるまでは物凄く繊細な感じがします。水槽が落ち着いたらまた挑戦してみたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。