カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり駄目でした。

 スカンクシュリンプの第3幼生、やはり駄目でした。


生存日数は19日間でした。

第4幼生も徐々に減ってきました。2日で半減というペースです。ヤバイ!




1.第3幼生20日目    ・・・生存数 0 (1)

  海産クロレラ+淡水クロレラ+栄養強化剤+L型ワムシ+ブラインシュリンプ




2.第4幼生12日目 ( )内は一昨日の生存数

  ケース1         ・・・生存数  4 (9)
  海産クロレラ+淡水クロレラ+栄養強化剤+L型ワムシ+ブラインシュリンプ


  ケース2         ・・・生存数  4 (13)
  海産クロレラ+淡水クロレラ+KENTフィトプレックス+ドライクロレラ




 ケース1とケース2で、動物性プランクトンを食べるかどうか試してますが、ワムシとブラインシュリンプは食べていないようです。食べていればケース1の生存率がもっといいでしょうから。自然界ではどんなものを食べているのでしょう。


このままだと、両方ともあと3~4日という感じです。困りました~。^^;



ではまた。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< 幼生14日目、わずか5分の出来事 | ホーム | 幼生18日目、危うし >>


コメント

こんばんは~
第3幼生さん残念です。
第4の1,2、も変わらなくなってますねー???
本当にどうしてでしょうね・・・

家は昨日1匹浮遊、2匹は底でした。やはり前日にセットしたブラインシュリンプが孵っていたので与えてみました。う~ん、目の前にいても身体に当たっていても無関心でした。もう目が疲れちゃいました(笑)
そして今朝は1匹が数回動いただけで、3匹とも☆に・・・8日まででしたね。

ちなみにケースは 19.3X13.3X16.5(3.5L) で、それよりちょっと大きいケースに入れて大きい方にヒーターを入れてます。幼生のケースは温度23度に保たれていました。幼生はもっと大きなケースの方がいいですか? 温度はもっと高い方がいいのかしら?

珪藻はさっきナノスコープで覗いて見たら、なんだか小さいのがちらほら見えました。確かに他の植物プランクトンと違って色は茶色っぽいです。本当に珪藻なのかしら? まだ5日しか経っていないのでよくわかりません。 は~ぁ やる気が・・・

keiさん>
こんばんは。
ワムシは食べないことが段々分かってきました。かといってクロレラで十分かというとそうでなくて・・・。う~ん、何か食べるものがあるはずですが。

8~9日辺りに一山ありますよね。そうですか、ブラインシュリンプ、やはり駄目ですか。私も以前試したときは駄目でした。今回はもしかしたら大きかったらどうかなと思って大きくなるのを待ってます。(笑)

そのケース、もしかしてベビーシェルターですね。私はそのケースを外枠にして中に縦長のプラケースを2個入れてます。1個のプラケースは0.75Lぐらいです。
小さい容量にしているのはワムシやクロレラの濃度をある程度の濃さにしようとすると小さい容量の方が効率がいいですし、換水のときも簡単なのでそうしてます。私の場合、温度はサブ水槽と同じ26度です。これもサブ水槽から水を取ってくるのでこの方が便利ですし、安いオートヒーターもだいたい26度設定なので・・^^;

培養は、進み始めると加速度的に速くなりますからもう少しだと思いますよ。珪藻は何か良さそうな雰囲気ありますよね。今まで試してないものをトライするのが良いと思います。

第3幼生さん残念でした、うーむ、なかなか難しいですね・・・だんだん研究室みたいになってきましたね・・・どこかに成功例ってないんでしょうかね

こんばんは。
はい、ベビーシェルターです。
白いヒトデさんの方は思っていたより小さいケースなんですね。ちょっと意外でした、もっと大きなのに見えていたので・・・
その中でエアレーションもしているのですね。幼生さんにエアがばんばん当たっていませんか?大丈夫ですか?
そのあたりが気になってベビーシェスターの大きさになってしまいました。 

珪藻はやっぱり???です。 中にゼオライト焼成ボール(小粒)が入っていて、日に数回撹拌するのですが、ひょっとして浮遊しているのはその粉?じゃないの?みたいな感じもするのですが・・・^_^;

ひでさん>
難しいですね。わむし屋さんで水族館の研究室レベルの難しさと聞いていたので覚悟はしていたのですが、なかなか・・・。^^;日本では登別マリンパークニクスで成功したそうです。(^。^)

keiさん>
以前、エアーを強くし過ぎて洗濯機の中みたいになって失敗したので最近は弱めの調整にしています。ただ、通常のエアーストーンだとポイント的になってしまうので沈むウッドストーンにL型継ぎ手を付けて寝かせる感じ(斜め)にしてます。そうするとウッドストーンの面状の柔らかなエアーの流れが作れます。ただ、流れが幼生にとってどれくらいのストレスになるのかは?です。^^;

珪藻はそろそろ1週間ぐらいになりますよね。わむし屋さんの珪藻の培養の項を見てみましたが、もうある程度色づいてもいい頃ですね。気になったのは温度くらいでしょうか。温度が低いと培養が遅いと思います。多少雑菌があっても最初の培養くらいは問題ないはずですし。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。