カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼生7日目、やはり厳しい

 スカンクシュリンプ幼生、今日で7日目です。



残念ながら、別置きプラケースの生存数は0になりました。

水槽内隔離BOXは、浮遊数2~3匹、生存数4~5匹ぐらいです。

今回、生まれた幼生の数は200匹以上と多かったですが、やはり飼育となると難しいです。




水槽内隔離BOXと別置きプラケースを比較すると、

水槽内隔離BOXの方が、当初の幼生の数は全体の1/3ぐらいと少なかったにもかかわらず、長生きしています。

やはり、水質、水温が安定しているからでしようか。もしかしたら、自分が生まれたときの水質を憶えている?



今回も、海産クロレラを投入すると決まって浮遊数が減りました。

幼生たちにとって、水質変化に繋がるのでしょうか。

次回は海産クロレラを使わないで飼育してみようと思います。海産クロレラを使わないのであれば、ワムシが流れないプランクトンネットにして常時チョロチョロ水を通水できるのですごく楽ですし、水質もよくなります。






7日目の様子

隔離BOXに茶苔が生えて見難くなってきました。
7日目の幼生は目がかなり離れているのが分かります。







今、抱卵しているスカンクさんはもうすぐ1週間になりますので、そろそろ別の産卵BOXを用意したほうがいいかもです。



ではまた。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ 幼生

<< 幼生8日目、何とか | ホーム | 幼生6日目、それどころでは >>


コメント

隔離BOXの方が生存率が高いんですね。
まだまだ残っているようなので飼育頑張ってください!

それと、今度は水質重視で行くんですか。
海産クロレラを使わないってこともできるんですね。
上手く行くといいですね。

段々、数が減っているので時間の問題かも知れませんが、隔離BOXの方が長持ちしてます。

次回はすべて隔離BOXで海産クロレラ無しでやってみたいと思います。
ガンバリマス。(^。^)

うーん、やはり厳しいですかv-388調子が良いと何度でも抱卵するので何度でもチャレンジしてくださいね

中々一筋縄ではいかないような感じです。
幸い抱卵が続いていますので一つずつ試してみたいと思います。(^。^)

おはようございます。
なかなか思うようには行きませんね。

この頃の幼生さんの目元?心配になるくらい細いですよね。
我家は今朝で4日目ですが、浮遊は3匹で後数匹がピコピコです。
今回餌は前回のワムシ(今回は栄養強化はなし)とライブコペポ-ダーです。ライプコペポーダーはロティファが目に見えないので少し大きめの・・・と思い・・・が、実はロティファの大きいのと勘違いして買ってきてしまった(笑) 幼生がワムシやコペをキャッチして食べるのを確実に見たいと思い一生懸命ナノスコープで見ていても、その瞬間を見る事ができません。脚で何やら捕まえているようにも見えるのですが・・・ 前回サンゴホードの小さな固形物食べいているのはハッキリとみているのですが、サンゴフードで栄養的にどうなのかと疑問。


keiさん>
こんにちは。
中々難しいですよね。

最初が20匹で4日目でそうだといい感じでは?
確かにワムシを捕捉しているのは見たことがないですね。サンゴフードの固形物、食べますか。何かしら確実に食べてくれればいいですよね。食べているの見たいですね。ナノスコープも調べなくては。調べること、多いです。(^。^)
どれくらいの水流がいいのか、餌は何がいいのか、栄養分は?まだまだ分からないこと山盛りですね。まだまだ楽しめそう?(笑)

こんばんは
ナノスコープは私が持っているのはLSS研究所のです。
付属のマクロレンズで見えるのはガラス面の近くのあるもので、しかも近くても斜めは鮮明さに欠けます。ちょっとした遠近でもピントがずれます。揺れているサンゴなどは水流を止めて近くに持ってきて見ないとダメです。他のメーカーのもあるようですが調べてはいません。これが出た時に衝動買いしました(笑)
水槽の近くによると逃げてしまうような生体がいる場合などは、離れた所から望遠鏡のようにして観察することができます。
興味のある方は水槽以外の物をマクロで見るのも面白いかもしれません。

keiさん>
こんばんは。
情報ありがとうございます。
カメラのマクロ機能の場合もそうですが、ピントを合わせるのが難しいのでしょうね。
ハハ、衝動買いですか。確か、主婦? す、すごいですね。(^。^)
もう少し調べてみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。