カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼生3日目

 幼生3日目です。


今回は予定より1日早く生まれました。大潮に合わせてもっと後かなと思いましたが今回は関係無くほぼ予定通りでした。不在中に生まれなくて良かったです。^^;

サブ水槽の中の隔離BOXに親エビを入れて産卵をさせましたが、生まれるまでの間は水槽の水を導入するエアーをやや強めにして幼生が仕切り板の下に集まるようにしていました。

隔離BOXに3箇所のスリットがありますが、

上の2箇所のスリットにはプランクトンネットのワムシ用(たぶん0.03~0.04mmぐらいの穴)を貼り付け、

下の1箇所には60番ステンレスメッシュ(0.3mmぐらいの穴)を貼り付けておきました。

水の流れが下のスリットから出て行くようにと思ってですが、下もプランクトンネットにするか迷いました。

プランクトンネットの方が後の幼生飼育のときワムシが流れ出ないからです。結局、幼生を下に集めるのを優先しましたが。



幼生が生まれて親エビを水槽に放したあと、海水の導入エアーはほんの少しに絞っています。

なるべくワムシが下の60番メッシュから流れ出ないようにするためですが、かといって最低限の水の導入は必要ですので難しい調整になりました。

この時は、下のスリットもプランクトンネットにしておいた方が良かったかなと思いました。
なお、仕切り板を外してBOX内循環用ウッドストーンを追加しています。

この隔離BOXに入れた海産クロレラはもちろんのこと、S型ワムシも少しずつ流れ出ていきます。

そのため、1日に1~2回は追加投入する必要があります。


海産クロレラを追加投入するときは、冷蔵庫で冷えているものを使いますので、まずペットカップに入れて飼育水で数倍に薄め、しばらく水槽に浮かべて水温合わせをしています。水温差が0.2度以内になったところで徐々に隔離BOXに加えています。


まだ、良く分かりませんが、海産クロレラを入れたりワムシを入れたりすると、必ず、浮遊する幼生の数が一時的?に減るのです。



3日目となると浮遊している幼生の数はかなり減りました。

別置プラケースは・・・・・2~3匹

水槽内隔離BOXは・・・・15匹ほど

底面でピョコピョコしているのも含めた生存数はまだかなりいます。



こう見ると、幼生の飼育においても、別置プラケースより水槽内隔離BOXの方が良い感じがします。



幼生の様子

海産クロレラとワムシを投入した後、幼生たちは下に沈みました。
L型ワムシも追加投入してみました。
海産クロレラは比較的早めに流れ出てしまうようです。
通常は導入エアーを止めておいて換水時だけエアーを出すようにしてもいいかもしれません。








この水槽内隔離BOXでの悩みは底面の掃除です。この前の没ワムシクリナーが上手くいってればよかったのですが。この掃除、今スポイトでやってみましたが、下手するとまだ生きている幼生まで吸い取ってしまいます。幼生の数が少なければそれを避けて吸いだせるのですが多いとどうしても。・・・少なくなるまでほっとくかですが。^^;




ではまた。



スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ 幼生

<< 幼生4日目、それなりに | ホーム | 幼生誕生 >>


コメント

こんばんは
お疲れなのに急がせてしまいましたね。すみません。

>水槽の水を導入するエアーやBOX内循環用ウッドストーン
サブ水槽の水流ではダメなんでしょうか? ネットの細かさが影響していますか?

・・・て、自分で試してみればいいのに安易に答えを求めたりして m(__)m

こちらで教えて戴き、私も日海センターさんで「ワムシセット」なるものを購入ししました。助かりました。説明を見ますと、クロレラをワムシに与えて培養し、そのワムシを稚魚に・・・とありましたが、こちらでは直接クロレラも投入されているのですね。

>浮遊する幼生の数が一時的?に減るのです
私がワムシを入れたのは6日目でしたのでその事はよくわかりませんが、3日目の幼生は動画と同じでした。5日目の朝に50匹が白く横たわっていました。

私はスポイトで換水しましたが、ルーペで覗きこみながらの作業でした。それでも数匹は間違えて・・・良くチェックしてまた元に戻して・・・なんて事してました(苦笑) 

これはご存知でしたらスルーして下さい。
幼生は光に集まりますので、私は照明をエアストーンの無い方に偏らせましたので幼生もそちらに集まっていました(偶然だったのかもしれませんが) 以前ハッチアウトしたばかりのカクレクマノミの稚魚を懐中電灯の光で集めて掬い出すという方法を読んだ事があります。これを利用すると幼生をコントロールできるかな?なんて思いましたが、どこまで通用するのかはわかりません。

水槽の底面の汚れをスポイトの先で擦りながら吸い取っていたのですが,取りきれないわずかなゴミがゾエアの尾や脚に絡みついて上手く動けないように見受けたものもいました。実際の所はわかりませんが、嫌がっていたようにも感じました。 そこで、ケースごと変えてみたのですが、それが最後となってしまいました。

思いつくままにダラダラとなってしまいました。恐縮です。

とうとう始まりましたねv-398さてこの数をキープ出来るか・・・楽しみです

keiさん>
ハハ、時間の無駄は省けるに越したことはありません。わたしもネットのお陰で随分時間を節約できてます。(^。^)
たぶん、導入エアーが無いと水の出入りはほとんど無いと思います。昨晩、導入エアーを止めて半日経ちましたが、海産クロレラもワムシもほとんど残っています。
「ワムシセット」購入されましたか。ワタシは最初説明書通りにやっていましたが、最近は全換水培養という方法でやっています。そのうち、やり方をUPしたいと思います。
ワムシの培養には濃縮淡水クロレラを使っていますが、幼生の飼育水に入れているのはそれでなく、「わむし屋」さんのNannochloropsis Green Water(ナンノクロロプシス)です。これは所謂、海産クロレラで培養済みですので結構濃いです。日海センターさんにも生の海産クロレラが売っていますが、培養前なのでかなり薄いです。自分で1週間ぐらいかけて培養する必要があります。何度かやりましたが、面倒なのでわむし屋さんの海産クロレラを使うようになりました。冷蔵庫保存で1ヶ月持つそうですが、その前に無くなります。^^;
これは生きていますから、一度培養してみましたが増えました。わむし屋さんの話ではこれを入れると飼育水が安定するそうです。ワムシの餌にもなりますし、たぶん、幼生の餌にもなるのかなと思っています。濃縮淡水クロレラを入れても大丈夫のような気がしますが、海産クロレラと違って幼生の発育に必要なDHAなどの不飽和脂肪酸が含まれていないということなので、海産の方がいいのかなと。でも、水槽の中に濃縮淡水クロレラを10滴ほど入れるとスカンクさんが寄ってきますので好きなんだろうなとは思います。
やはり、底面の汚れの処理が・・・難しいですよね。
昨晩、循環用のエアーを少し強くして浮遊しやすいようにしました。死骸やゴミの淀みに埋もれるよりいいかなと。常時浮遊している幼生の数が増えました。幼生にとってはストレスかも。でもこの方が掃除もしやすそうだし。(^。^)

ひでさん>
1段階目が上手くいきましたので、この勢いに乗っかれればうまいのですが。
色々試しながらやっています。いい結果に繋がればうまいです。ガンバリマス。(^。^)

こんにちは
ご親切に細かく教えていただきまして本当に有り難うございます。
お仕事の合間に大変なお手数をおかけしてしまいました。m(__)m

ワムシもクロレラもいろいろあるんですね。勉強してみます。
白いヒトデさんのようにとても無理ですが、こうしたらどうか?とかあれこれ考えているのも楽しいですね。
白いヒトデさんの今回の試みが上手く行きますように応援しています。

keiさん>
いえいえ、とんでもないです。
色々、試行錯誤をして結果をみるのは楽しいですよね。
こちらも応援しています。(^。^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。