カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼生6日目、自動換水システム

 スカンクの幼生、今日で6日目です。



5日目に脱皮があって少し大きくなったようです。

常時浮遊しているのは3~4匹で他の幼生は底にいます。

時々浮遊を始めて、しばらくしてまた底に沈むという感じなので、

生存数ははっきり分かりませんが、5匹~10匹の間だと思います。


浮遊する幼生、6日目









自動換水システム

今まで、1日2回の50%換水をしてきましたが、どうも換水後、幼生たちの元気が無くなるようなので水換え中は非常に気を遣いました。

ということで、思い切って自動換水システムにしました。

時間をかけて少しずつ新しい海水が注ぎ込まれて、その分少しずつ排水されるシステムです。

幼生たちにとっては、常に新しい海水が少しずつ流れ込んでくるのでストレスを感じなくなるのを期待してます。

水換えもすごく簡単になります。(^。^)



こう書くとかなりの高級なシステムのように思えますが、何のことはない有り合わせの材料で作ったごく簡単なシステムです。





上段のプラケースは、以前、水槽の蒸発した水を補給するために作った自動滴下用のプラケースで5L程の容量があります。
このケースから、絞りと粗めエアーストーンを通して下段の幼生飼育プラケースヘ流れます。
40番ステンレスメッシュを湾曲させて隔壁としてエアーチューブでバケツへと排水します。
排水用エアーチューブには導水用タコ糸を20cmほど入れてあります。

幼生飼育プラケースは2L、上段の給水プラケースに4Lの人口海水と海産クロレラを入れて1日で空になるような調整をしてます。






スカンクさんの抱卵

親スカンクの抱卵は残念ながら、消滅してしまいました。

仕方ないので昨日サブ水槽に戻しました。





ではまた。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< 幼生8日目、難しい | ホーム | 幼生4日目 >>


コメント

おっ!?オーバーフローですか(⌒‐⌒)
素晴らしいです!
水替えが自動化すると人間も楽ですからね(^-^)/

お、旅行先からわざわざどうもです。
そうなんです。すっごく楽になりましたー。
なんたって1日1回の注水で済みますから。(^。^)
旅行の方、ゆっくり楽しんでください。(^。^)

やっぱりエビちゃんはPH変化には敏感ということですかねv-391私もエビ類の水合わせは長い時間かけますね

ひでさん>
スカンクさんは水質変化に特に敏感なように感じます。
測ったことないですがやはりPHの違いでしょうか、兎に角、何か嫌がります。
水合わせは時間をかけた方がいいと再認識しました。(^。^)

エビは敏感ですね!

エビはpHの変化に弱いときいたことがありますv-237
特に幼生だとその影響はモロにうけてしまうでしょうかね…
大変だと思いますが頑張ってくださいv-237v-237

幼生の場合、少しずつ水換えをしているつもりでも、浮遊していたのが底に沈んだりします。かなり気難しいです。^^;
応援ありがとうございます。ガンバリマス。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。