カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産卵BOXスカンクさんの様子&ワムシ死滅の原因

 昨日、スカンクさんたちを産卵BOXに移しました。



1匹目のスカンクさんは卵の数が多く全体的に膨れてきた感じになってきました。

2匹目は卵の数はそんなに多くありません。


産卵BOXの様子
出産まであと数日だと思います。










この前、ワムシが短時間で死滅した原因ですが、ステンレスメッシュが臭いです。

臭いのはメッシュの穴径です。

60番で0.42mmピッチ、ワイヤー径を0.1mmとすると穴径は0.32mmとなります。

この穴を0.1~0.2mmのワムシが通ることになりますが、実はこのワムシ、表面が弱いらしいのです。

ワムシが稚魚の咽頭部を通過する際に,ワムシの形が壊れて中身のコロイド状タンパク質である細胞の原形質が押し出されるくらい柔らかいので初期飼料に向いているとのことです。


60番では穴径が小さい・・・・40番でどうかはやってみるしかないかと。



当初は生まれた幼生をそのまま産卵BOXで飼育しようと考えていましたが、2匹目も抱卵したので予定を変更して、1匹目は今まで通り別のプラケースに収容して育てたいと思います。

ということで1匹目は、幼生を収容するだけですので60番のままでいきます。






ところで

本日、L型ワムシと培養済み海産クロレラ(ナンノクロロプシス)をわむし屋さんに頼みました。
明日、メール便で届きます。9月に入ってもまだ暑いので心配です。





ではまた。



スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< ミスジチョウ・ちびスミレの様子&L型ワムシ到着 | ホーム | 2匹目おめでた&ミスジチョウの白点病治療 >>


コメント

スカンクさん・・・正気なんでしょうか!:(;゙゚'ω゚'):
ステンレスメッシュで、マッシュワムシにされていたって事になりますよね。
なので、ワムシの数が激減したわけですか。ミクロの世界って難しい!
この暑い時期に常温便+メール便とは不安ですね。
無事故で到着するといいですが。


再びチャレンジですねv-391見守っています

でめきんさん>
自覚症状が無いようなので危ないかも。^^;
そうなんです。マッシュかトコロテンか分かりませんが。(^。^)
S型は30度、L型は25度が適温らしいので・・・心配です。

ひでさん>
ようやくスタンバイです。ガンバリマス。(^。^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。