カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な結果

 スカンクシュリンプさんの幼生、誕生して2日目ですが、



早くも生存数1匹になってしまいました・・・・残念な結果です。

最後の1匹も底面でピョコピョコしている状態で、風前の灯状態です。



昨晩、50%の換水をして、ワムシを追加、淡水クロレラを追加しました。

そして、今日、水温を測ると・・・・28.7度です。高い。

夜間照明として、PIXY-Neoを近づけて点灯させていたのが不味かったようです。


アンモニア濃度は3mg/L位ありました。


原因として考えられるのは、

・高水温

・ワムシの多過ぎ

・濃縮淡水クロレラの入れ過ぎ

・水換えの量が少ない





濃縮淡水クロレラは入れないほうが無難なようです。これ自体でもアンモニアが含まれていますし・・。

やはり、生きた海産クロレラが一番いいようです。




昨日、培養済み海産クロレラを「わむし屋」さんに注文したのですが未だに返事がありません。どうしたのでしょう。

今日、日海センターさんに行って、海産クロレラを調達してきました。

ただ、この海産クロレラは培養してないのですごく薄いです。培養するには1週間ぐらい掛かりますが、前の経験では3~4日もすればそれなりに緑色が付いてきますので、途中のものでも与えていこうと思います。



2匹目のスカンクシュリンプさんの抱卵の様子
卵が少し黒ずんできました。あと2~3日でしょうか。









ではまた。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< スカンクシュリンプさん抱卵の状態 | ホーム | 生まれましたー。そしてまた抱卵です。 >>


コメント

やっぱり幼生飼育は難しいんですね・・・。
まだ抱卵している子もいるようなので、次も頑張ってください。

つれふぐさん>
やはりスカンクさんはアシナガさんのようにはいかないようです。^^;
次は今回を越えられるようガンバリマス。(^。^)

こんばんは♪

エビ飼育でつまずいている私としては、抱卵状態まで持っていけているなんて尊敬ですv-237
次生まれてくる子たちのためにも頑張ってくださいv-266

くまクマさん>
どうも、お久し振りです。
うちのスカンクさんたちはクリーニングの仕事をしないでこっちの方ばかりなもんで。折角なのでそれに付き合ってます。^^;
ご声援ありがとうございます。ガンバリマス。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。