カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカンク幼生 全滅

 スカンクの幼生 今日で5日目ですが、残念ながら全滅しました。

前回は9日目まで大丈夫でしたが、今回はたったの4日目まででした。

多数の幼生たちの収容までは良かったのですが、その後→激減→全滅です。



アンモニア濃度を測ってみました。


なんと、4mg/L・・・生物に致命的
こんなに多いのは初めてです。

アンモニア20100513






昨夜、50%の換水を行ったのですが・・・・(--;



どうも、悪循環で一気に雪崩現象が発生した感じです。

ブラインシュリンプの多量投入→餌不足→少し死滅→アンモニア→死滅→アンモニア→全滅



スカンクの幼生たちに与えるブラインの数はどれくらいが適切なのでしょう。

少ないと捕捉できないのではと思い、多く入れたのですが、結局は入れ過ぎだったようです。


もう一度、やり方を根本から考え直す必要がありそうです。






ところで、親スカンクさんはまだ抱卵していません。暫らくはお休みでしょうか。


月曜日に「横海老屋」さんに頼んでいたアオサとイソスジエビが届きました。

しばらくバケツに入れていましたが、2/3は本水槽に、1/3をサブ水槽に入れました。

35匹のイソスジエビは多すぎでしたね。10匹をサブ水槽に。

残りを本水槽に入れましたが、皆アオサの中に隠れています。普段は海藻・野菜大好きな魚たちですが、このアオサは食べません。かなり不味いのでしょう。見た目は旨そうなのですが、ゴワゴワしています。




サブ水槽全景
右側に海藻BOXを作ってみました。

水槽20100513






イソスジエビたち
抱卵しているのが1匹います。

イソスジエビ20100513




では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンク 飼育

<< スカンクシュリンプの意外な一面 | ホーム | スカンクの幼生 激減 >>


コメント

あらーーー全滅っすか、残念です。
アンモニア濃度が物凄いことになってしまってますね…
これが敗因でしょうか。

サブ水槽にリフジュームも出来てますね。
楽しみです♪

アンモニアで逝きましたか・・・。
シビアな世界ですね。
次回は親エビにも沢山栄養を摂らせて子を丈夫に・・・とか^^:
次に期待しております^^

でめきんさん>
もう、一気に全滅でした。
最後のトドメがアンモニアって感じですね。
ハハ、気持ち、リフジュームです。(^。^)
紅藻の中にプランクトンが棲みそうです。

らんちゃちゃさん>
最後はアンモニアでしたね。
次回は色々試してみます。
次々回ぐらいに少し良い結果がでればと思います。

朗報お待ちしております^^
それまでスカンクは買いませんんので^^(爆
エビ御殿建設に貢献させて頂きますよぉ~^^

どうも。
控えめな期待に留めて頂ければ。(^^;
現状よりは少し良い結果ということで。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。