カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期的な水換え

水槽の水が古くなってくると魚たちが岩や底砂に体をこすり付けるようになってきます。水換えをするとそれらの行動がなくなって落ち着きます。

そのため、私たちは定期的な水換えを行って魚たちの健康を保ちます。



海水魚飼育の本やネットなどの情報によると
魚たちが餌を食べて出した糞尿はバクテリアによって徐々に分解されます。

  アンモニア(NH3) → 亜硝酸(NO2) → 硝酸塩(NO3)



 最終的に「硝酸塩」という魚たちには比較的無害な物質になるということですが、サンゴやエビなどの無脊椎動物には有害になるそうです。サンゴは敏感なんですね。


昔、硫酸とか、塩酸とか、硝酸なんかも確か金属を溶かす危険な液体ということで習ったような気が?

硝酸・・・・塩がくっつけば問題ないわけ?

でも、水換えをしないで硝酸塩が増えると魚も調子が悪くなるわけだから結局は有害ということじゃ?



でも自然界では誰も定期的な水換えなど行っていません。たくさんの魚たちがたくさんの糞尿をしているはずなのに大丈夫なのでしょうか?


海藻たちが硝酸塩を吸収してくれるという話もありますし、砂の中の嫌気性バクテリアが硝酸塩の酸素を奪って残った窒素を放出するという話もあります。うちの水槽ではこの嫌気性バクテリアと生分解性プラスティックを利用した還元BOX(海水館)という商品を水槽の中に入れています。時々ブクブクと泡が出てきます。(たぶん窒素)



しかし、最近では自然界でこれらが水をきれいにしているのはわずかで、もっと別の大きなしくみがあることが分かってきたそうです。


 アンモニアと亜硝酸の早い段階で窒素を放出するバクテリアが発見され、それが自然界の脱窒を支配的に行っていそうだということです。アナモックス(anammox)菌という名前で、1990年代に発見され2000年以降盛んに研究されるようになったそうです。ごく最近なんですね。アンモニアと亜硝酸で直接窒素を作ってしまうということですから効率がいいんだと思います。


早く、水槽への応用製品が出てくるのを期待したいです。


では。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 飼育 ヤッコ チョウチョウウオ

<< 水質検査 | ホーム | セグロチョウ >>


コメント

水換えも大変ですが、魚たち、サンゴのためなら頑張れます(笑)
アンモニアと亜硝酸から直に窒素を作るバクテリアが居るんですか!?知りませんでした。
水槽用に、小瓶に入って売り出されれば買う人多そうですね。

そうなんですよ。そんなのが出たらすぐ試したいですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。