カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワムシとクロレラの培養

 昨日、スカンクシュリンプさんの幼生の餌に、

生ワムシと生クロレラを買ってきました。



正式には「シオミズツボワムシ」という名前だそうで海水産の動物性プランクトンです。

実際に生きてて、これに植物性プランクトンの淡水産濃縮クロレラを餌として与えて増やします。

この濃縮クロレラは生ですが、生きてはいません。



これとは別に海水産クロレラというのもあり、これも買ってきました。

これは実際に生きています。日海センターさんで培養しているものです。

ワムシにこちらの海水産クロレラを与えた方が、ワムシに栄養がつくらしいです。

このクロレラには4種類の栄養剤?と光を与えて培養します。



まずは、淡水産クロレラで培養して、後で海水産クロレラに切り替える算段です。





培養中のワムシと海水産クロレラ

大きな容器に水道水を入れ、その中に培養のプラケース3個沈めています。
全体をヒーターで暖め、水槽と同じ26度にしています。
因みにケースは皆ダイソーです。^。^

ワムシAは培養専門のケース、ワムシBは餌用ストックです。
ワムシがクロレラを食べて、緑色が黄色っぽくなったら、クロレラを追加します。
海産クロレラは培養が進めば緑色が濃くなるはずです。1~2週間かかるらしい。

ワムシとクロレラ2_20100329








ワムシをワムシネットで掬ってサブ水槽に投入してみました。

スカンクさんの幼生が食べているかどうか分かりませんが、

2枚貝たちは大喜びです。

アサリは管をしきりに動かしています。




本当はワムシを餌として水槽に入れる前に

二次培養として数時間栄養を与えてから入れるそうですが

まだやってません。






スカンクシュリンプさんの幼生は、

今日はさらに減って数匹程度しか確認できません。

かなり、難しそうです。






では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ 幼生

<< スカンクシュリンプまたまた抱卵 | ホーム | スカンクシュリンプ産卵 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。