カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病の原因(続き)

 昨晩、全ての生体をバケツに移しました。



そして、本日、いつもと違う結果になっています。



チョウチョウウオさん達に落ち着きがありません。

ミスジチョウさんは、体を擦り付け、ミゾレチョウ君も動きがギコチナイです。






明らかにいつもと違います。

何故でしょう?

魚が体を擦り付ける現象は、白点虫の耐性卵が孵り、仔虫セロントが魚の体表に付いて内部に入り込んでいくときに起きるそうです。孵ってから1~2日の間。

ということは、「バケツの中に耐性卵が入り込んで孵化した。」ということです。



疑わしいのは、


岩付きジュズモ、貝たちの表面のいずれかです。


ジュズモを水槽に入れてから、白点が酷くなったことを考えると



真犯人はジュズモ。の可能性が大。





どうするか。


結局、バケツから出すしかありません。

で、水槽に戻しました。貝たちも一緒に。

水槽の中で孵化させて仔虫の状態にして死滅させることにします。

うまくいくでしょうか?




ここで、一つ朗報です。たぶん。

スカンクシュリンプが抱卵しているような感じです。

いつの間にか2匹だけになってしまいましたが、つがいが残ったようです。

こんなに早く抱卵するとは思いませんでした。

彼らも一緒に水槽に戻します。

生まれた幼生たちを吸い込まないように水中フィルターを撤去します。





スカンクさん。

抱卵20100317





今の水槽の全景
相変わらず、殺風景な水槽です。

全景20100317





さて、水温を何度にするかですが、

白点虫の周期を縮めるためには30度ぐらいに高くしたい。

ジュズモは25度ぐらいまでが適温らしい。

スカンクさんもあまり高くないほうがいいような。


う~ん。中間をとって27度にしたいと思います。






今日は、この辺で。


では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ 飼育

<< 白点病の原因(続き) | ホーム | 白点病の原因 >>


コメント

ジュズモが白点虫の温床になってしまってるんですか…
たしかにモサモサで白点虫が喜ぶのも分かるような気がします。

スカンク抱卵ですか!?
オメデタですねっ ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

こんばんは。
そうなんですよね。白点虫は余分ですが、良く見ると細かい動物性プランクトンがチョコチョコ動いています。特にフレークなんかを水槽に入れると活発に。(笑)
うまく産卵までいって欲しいもんです。(^。^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。