カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病(続き)

 サブ水槽のスカンクシュリンプとデバスズメたち、元気です。
 

さて、問題のアミチョウさんですが、苦戦しています。

今朝は、危篤状態でもう駄目かと思いました。背びれは突っ張っていて胸びれもピンと張って横たわっていました。

特に白点が体中に付いている訳でもなく、原因がイマイチ分かりませんでした。

今は、フラ~、フラ~と何とか泳いでいる状態になりました。

でも、予断は許されません。



完全ではありませんが何故危篤状態から復活したかというと、グリーンFゴールドを入れてない海水に入れたからです。

グリーンFゴールドは、わずかに色が着く程度にしか入れていませんでしたが、幼魚にとっては厳しかったのだと思います。かわいそうなことをしました。

ちなみに、グリーンFゴールドの主成分のニトロフラゾンは発がん性のある危険な物質で長期には使用しないほうがいいようです。

幼魚には、薬を使わないで白点菌の周期と換水のしくみだけで対処した方が良いのだと思います。

また、水温も28度から27度に下げました。




現在のアミチョウさんの様子ですが、隠れ家に入っていますので無理にプラケースに入れて写真を撮るのは控えておきます。





まだ、どうなるか分かりませんが、様子を見守っていきます。



では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ 病気

<< 白点病(少し復活) | ホーム | 白点病(臨戦態勢) >>


コメント

こんにちは。

白点に苦戦してますね。
おいらも悩まされた時期がありましたが
最近は皆無な状態です。
治療方法も色々な考え方がありますね。
おいらは水温は高くすること無く
水槽と同じ水温でGFGで薬浴させます。
アミチョウさんが完治することをお祈りします。

白点虫も粘って困りますよね。
いい加減に離れればいいのに…って思います。
ちなみに私はヒコサンを入れて薬浴させてました。
効きませんでした(汗

アミチョウさんの回復を祈ってます。
なんとか持ち応えて欲しいです。

どうも、こんばんは。
ご心配ありがとうございます。
白点を出さないのが一番ですね。
幼魚はいろいろ気を遣ってやらないといけないと思いました。たぶん、☆になったデバの幼魚2匹もこれかなと。魚の大きさに合わせたの適切な薬の量が大切と感じました。
アミチョウは、今は少しずつ回復しているような気がしています。もう少し様子見です。

<でめきんさん>へ
さっき、バケツを移した時にプラケースで様子を見たらようやく白点は消えていました。ま、明日の朝にまた出てる可能性ありますが。(笑)
ヒコサンて聞いたことありますが効きませんでしたか。
ご心配ありがとうございます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。