カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因判明?

 数日前から悩んでいたこと。原因が分かったようです。



有機物を投入しても、硝酸塩が上昇しない。
水槽にとってはとても良いことですが。

なぜ?



リング濾過材シポラックスが還元作用をしているようなのです。

元々、硝酸塩が上がった状態で脱窒素菌バイコム21を投入してリング濾過材の還元作用を確かめようと思っていたのですが、何も入れなくても既に還元作用をしていたようです。

リング濾材の上からサンゴ砂を被せたためにかなりのリング濾材が嫌気状態となったのかなと想像してます。


昨日、リング濾過材を水槽から撤去し、新たに有機物を追加するとちゃんと硝酸塩が上昇しました。

そして今日、さらに有機物を追加して様子を見ています。




 今日 追加した有機物は冷凍ブラインシュリンプとホワイトシュリンプを解凍して磨り潰したものを水で溶いて投入しました。
これのために、100円ショップですり鉢とすりこ木を買ってきました。

これを使って冷凍ブラインシュリンプ1個とホワイトシュリンプ1個をすり潰して50mLの水に溶いたものが右のビンの中です。


すり鉢&すりこ木20100131





15Lの水槽に入れると約8mg/Lの有機物濃度になります。

ブライン濃度20100131



実験では両方とも2個ずつ計4個分、投入しましたので16mg/Lとなります。
茶苔を掃除したので余分に濁っています。

水槽20100131






昨日以降の各測定値のグラフです。
昨日、ディスカスハンバーグをトライしましたが硝酸塩が上昇せず、21時間目にリング濾材を撤去しました。

リング濾材を撤去した後、ディスカスハンバーグを再投入して測定した結果、

ようやく硝酸塩が上昇しました。

今日は、さらに冷凍シュリンプ4個をすり潰したものを投入してみました。
まだ、途中ですが下記のグラフのように大きく変化し始めました。


濾過の推移20100131






さて、この後様子を見ていきますが、アンモニアも亜硝酸も減少して硝酸塩が安定したら、

リング濾過材を戻してみて還元作用を確認してみたいと思います。




では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 脱窒素菌

<< 原因判明(続き) | ホーム | トゲチョウ >>


コメント

シポラックスで還元っていいかもしれませんね!
硫化水素でにくそうだし。
ブラインシュリンプ投下でアンモニアと硝酸系の数値が跳ね上がりましたけど、
これからどうなるのでしょうか?!

こんばんは。
シポラックスの効果が大きければいいですね。お金掛からないし。
効果の大きさ、これから分かるはずです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。