カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パープルクイーンがちょっと心配

 60cmサブ水槽のパープルクイーンの1匹が少し傷を負ってしまいました。

このパープル、1か月前にも少し傷ができていたのですが、どうも

3匹の中で一番小さいので時々苛められるようなのです。

犯人はオス化途中のボスでしょう。


パープルクイーンの傷の様子(12月23日)
パープルクイーン_20141223
こんなような状態がもう1週間ぐらい続いています。






今回は1週間ほど前に傷が出来て、抗生薬の水産用OTCをメガバイトに

染み込ませて3日間与えました。 そのお蔭か、今のところビブリオ系の病気に

罹ることは無かったのですが、如何にも治りが遅いのです。 ゴールデンバタフライが、

少し粉っぽいというのもあって、他の病原菌に侵されないようにグリーンFゴールドを

投与しようと思ったのですが、これが中々厄介。 というのも、

現在、水槽にはスカンクシュリンプ2匹、苔取り貝、サテライトにウミブドウが

同居しているのです。


それで、重い腰を上げて、これらをバケツに10日間ほど隔離することにしました。

隔離したバケツの様子
抱卵中のスカンクシュリンプ2匹、苔取り貝、ウミブドウ
スカンクシュリンプ_20141223






グリーンFゴールドをを入れた60cmサブ水槽

GFGは肌が剥き出しのときは劇薬化することもあるので心配でしたが
大丈夫だったようです。



泳ぎ方も少しぎこちないような気がします。

何とか回復して欲しいものです。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 大変なことが起きてしまいました。orz | ホーム | ホンソメワケベラの幼魚 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。