カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し綺麗に撮れました。

 スカンクシュリンプの幼生は、今日で21日目となりました。

今までその姿を綺麗に写せなかったのですが、少し綺麗に撮れるようになりました。



え? 何をしたの?



ハハ、お恥ずかしいのですが、

幼生の飼育器、100円のプラケースを新しくしました。^^;


どうも、今までのものは細かな傷があって、そこに焦点が当たっていたのでは

ないかと思います。


で、今日の幼生の写真です。

幼生21日目1_20140427
1/13秒F4.0ISO800(AUTO)


幼生21日目2_20140427
1/60秒F3.5ISO3200(ISO指定してシャッタースピードを上げてみたのですが・・。)


現在、眼から尻尾の先まで5mmぐらいです。

これから、少しずつ大きくなるのでさらに撮り易くなると思います。






近くの公園で見かけたつつじとパンジーを撮ってみました。

サイバーショットDSC-TX30は厚さ15mmなのですんなり
胸ポケットに入ります。

お気に入りのカメラをもうちょっと紹介しますと、

10m防水で光学式ズーム35mm換算26mm-130mm
画像劣化が少ない全画素超解像ズームでさらに2倍の260mmに、
さらに、拡大鏡モードで1cm-20cmの範囲を接写拡大することも出来ます。


つつじ1_20140427

つつじ2_20140427


綺麗に写っていますが、赤が鮮やか過ぎで葉の緑が少し沈んでいるような
気がしますがどうでしょう?SONY、OLYMPUSは緑色が黄色っぽく
写るような気がするのですが目の錯覚?どうなのでしょう?



次にパンジーを撮ってみました。

パンジー1_20140427

パンジー2_20140427

パンジー3_20140427

パンジー4_20140427
拡大鏡モードで接写しました。たまたま、アブラムシさんがご通行中でした。^^;



今回、晴れた日の外での撮影だったのですが、

液晶表示が非常に見辛かったです。順光で撮ろうとすると液晶に光が当たる。^^;

あとで、液晶の明るさを最大の5にしてみれば良かったと気が付きました。

今度また試してみます。


こんなときは、液晶の角度を変えられる機能やファインダーが付いているカメラが

良いんだろうなと思いましたね。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 一眼カメラ、買いました。 | ホーム | 小さいものを写すのに適したカメラは?迫力のクイーンエンゼル >>


コメント

こんばんは~

幼生さん、また少し良く撮れましたね。
はっきり撮れるようになると、今まで知らなかったところも見えてきて、嬉しいですよねー。

敢えてフラッシュ撮影すると、また違って面白いですよ。

晴れた日の液晶画面て、本当に見難いですよね。
液晶画面の明るさを変えればいいんですか? 今まで考えませんでした(-_-;)

淡水のエビ水槽ですが、イエローやオレンジはLEDの明るさで黄色になってしまい中々同じ色が出ないので、露出補正をすると近い色が出たりします。

私の愛用しているコンデジは5年前のキャノンのパワーショットG10です(もうだいぶ古いですね^_^;)
購入当初は扱いにくかったのですが、今ではこれが頼りです。

keiさん>
こんばんは~

ええ、幼生撮影も少しずつですが進歩してます。^^;
前にカメラ内蔵のマクロ撮影用LEDライトを点けてみたことあったのですが、その時はプラケースの傷が目立って駄目でした。今はプラケースも新品なので、今度、LEDとフラッシュを試してみたいと思います。プラケース、洗うときはスポンジの柔らかいところだけを使うようにしました。^^;

この前、液晶の明るさは3だったのですが、Maxの5にすればかなり明るいのでいけるかもしれません。でもまだ、未確認です。
SONYのミラーレス一眼のNEX-5Tという機種は液晶パネルでタッチシャッターができるのですが、周囲の明るさで自動的にLEDバックライトが点いて見易くなるようです。これなら、よさそうですね。

水槽の中の生き物の色を同じように再現するのって結構難しいですよね。
使っている照明の種類によっても変わるので苦労します。同じSONYのコンデジでも青色の出方が少し違ったり。いまだにクイーンの青には不満です。^^;

フィルム時代の頃から、キャノンのカラーは鮮明で好きですね。
そのころ、ミノルタの一眼レフ持ってましたが、キャノンのバカチョンの方が色が綺麗だったのでそればっか使ってました。^^;

今のDSC-TX30も最初、液晶操作に慣れませんでしたが今は反って使いやすいと思います。高価なものが使いやすいとは限らない?なので、ミラーレス一眼もタッチ操作のものを探したりしてます。見ているだけですが。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。