カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいものを写すのに適したカメラは?迫力のクイーンエンゼル

 今日はカメラの話ですので、退屈な方はパスなさってください。^^;


 前記事で、3mmの小さな幼生を綺麗に大きく撮影するには、

フルサイズの一眼レフが良いのではないかみたいなことを書いたのですが、

本当に合っているのでしょうか?




マクロレンズを付けると、接写して大きく写せるのは知っているのですが、

どれ位大きくなるのでしょう?


で、マクロレンズなるものを調べてみました。

最大撮影倍率は1倍・・・となっています。


1倍?  たった1倍?? 大きくならないの?


よくよく調べてみるとキャノンには1~5倍のマクロ専用レンズがあるようです。

でも物凄く高い。^^;



ところで、


この撮影倍率って何でしょう?

1倍って何が1倍?



調べると、被写体の大きさがそのままの1倍の大きさで撮像素子

(イメージセンサー)に写るのが1倍ということのようです。



フルサイズの場合は、イメージセンサーは36mm×24mmなので、

縦方向に3mmの幼生を写すと3÷24=12.5%の大きさで写ることになります。

想像ではこんな感じになります。

フルサイズ一眼レフ+マクロレンズで撮ったときの想像写真
幼生大きさ(想像)20140422


小っさー。ガックリです。^^;

想像写真は手抜きで、ほんとは孵化ブラインも小さく写るはずですね。(笑)

一般的には、花びらとか虫さんとか1cmぐらい以上のものを写すので

それ以上の倍率はあまり必要無いのでしょうね。




現在使っているコンデジ、ソニーのサイバーショットDSC-TX30は、

「拡大鏡プラス」の機能が付いていて、画面の30%の大きさには写ります。

幼生8日目6_20140414



でも、もう少し鮮明度が欲しいです。



できれば、縦方向の50%位の大きさでもっと鮮明に写したい。

フルサイズであれば、撮影倍率として、4倍くらいのマクロが必要になります。




それで、

再度、フルサイズの一眼レフについて考えてみると

フルサイズだから小さく写るわけで、イメージセンサーが

1/4の大きさ(9mm×6mm)だったら、マクロレンズが1倍でも

3mmの幼生は3mm÷6mmで画面の半分の大きさで写ることになりますよね。

この大きさのイメージセンサーであれば問題解決ってことになります。



1/4サイズのイメージセンサーを持つレンズ交換式のカメラ・・・、

そんなカメラあるんでしょうか?




調べると、それに近いので「Nikon1」シリーズというのがありました。

イメージセンサーは13.2×8.8mmでレンズ交換式で立派な一眼カメラです。

1/4までいきませんが、フルサイズの1/3の大きさですね。

し、しかし、肝心のマクロレンズがありません。^^;

マクロもどきレンズで最大撮影倍率が0.2倍です。

3mm×0.2÷8.8=6.8% これでは反って小さくなります。



次に大きいセンサーとなると、フォーサーズ(4/3型)と呼ばれる

17.3×13mmのセンサー。フルサイズの1/2の大きさです。

これにはオリンパスのミラーレス一眼があります。パナソニックもあるようです。

宮崎あおいさんがテレビCMやってるやつ? 

1倍のマクロレンズがあるので、3mmの幼生はセンサー縦方向の

3mm÷13mm=23% の大きさで写ります。



さて、あと2倍すれば50%に近づきますが、どうやって倍率を稼ぎましょう?



あまりお金をかけないでさらに大きくする方法はないかと調べてみたら、

いくつか方法がありました。


1.マクロレンズとカメラ本体の間に接写リングなるものを入れる。

2.マクロレンズにクローズアップレンズなるもの(虫眼鏡)を取り付ける。



1.の方法が、レンズの焦点とセンサーの距離を伸ばすことで簡単に倍率を

稼げそうです。でも2倍となると画像がぼやけない? やってみないと

分かりません。^^;




ここで、


オリンパスのミラーレス一眼について調べてみました。


使えそうな機能がありました。どの機種にも付いているようです。

ここで言っておきますが、決してオリンパスの回し者ではありません。^^;


ムービーテレコン  ・・・タッチした場所を4倍に拡大して動画を撮る
ワンプッシュ・デジタルテレコン・・・中央部を2倍に拡大して写真を撮る



もしかしたら、上の1.2.をしなくてもこれらの機能を使えば簡単に拡大できそう。

でも、画像が劣化するかどうかはやってみないと分かりません。




ところで、小さいセンサーでも感度と分解能が良くなってきた昨今、

フルサイズって必要なんでしょうか? 




今回、カメラメーカー各社のHPを見ながら、欲しいなと思ったのが

・世界最小・最軽量のキャノンデジタル一眼レフ EOS Kiss X7
・OLYMPUS PEN Lite E-PL6

です。


キャノンのX7は、液晶のAFタッチシャターが付いていて且つ超軽いので

疲れなさそうです。でも私の場合はそもそもファインダーは使わないと思うので

元々「一眼レフ」である必要はないですね。でも何か欲しくなるカメラですね。^^;




オリンパスのHPを見ているとミラーレスの一眼カメラがどんどん

進化しそうな気がします・・・。


見ていると段々欲しくなってきました。ヤバイ。^^;


OLYMPUS PEN Lite E-PL6 を何回も見てます・・・。(笑)




でも、ちょっと前に買ったサイバーショットDSC-TX30の元を

取らないといけないので、早速、撮影しました。^^;



17日目の幼生
本日現在、幼生は1匹だけになっています。
DSC-TX30拡大鏡プラスモード
幼生17日目1_20140423

動画 後半で拡大しようとしてピントを失ってしまいました。
こうなると再度ピントを合わせるのが大変。^^;




昨日の本水槽
クイーンエンゼルの迫力が出るよう、大きく映してみました。
周囲の鮮やかな青色は少し飛んでいる感はありますが、他はほぼ実際に近い色合いです。

下顎の頭皮欠損症らしき症状は、天然濃縮ミネラルを2か月間投与しても
結局改善されませんでした。もう諦めました。


クイーンが近くに寄ってもピントが合ってますね。

それなりに良いカメラだと思います。




折角なのでベランダに咲いている花も撮ってみました。
花の名は「ゼラニウム」だそうです。
DSC-TX30「マクロ」モード
花1_20140423

中心部分を「拡大鏡プラス」1倍で撮影
花2拡大鏡1倍20140423

「拡大鏡プラス」3倍くらい
花3拡大鏡3倍20140423


ピンク色も撮ってみました。「マクロ」モード
写真を拡大すると葉の毛もそれなりに写っています。
上の写真もそうですが、手持ちでのスナップ写真で綺麗に撮れているのは
手振れ補正機能がちゃんと働いているのかも知れません。
花4_20140423



花は動かないせいか比較的うまく撮れました。

それに較べて幼生を撮影するのは中々難しく感じます。


しばらく、散歩しながらチョコチョコ写真を撮ってみたいと思います。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 少し綺麗に撮れました。 | ホーム | DSC-TX30の接写機能を幼生撮影で試してみた。 >>


コメント

こんばんは~

前半の内容、こういう数字が苦手な私には???です(-_-;)

私も小さなものを大きくクッキリ!撮りたいと常々思うのですが、動いているものは難しいです。
カメラの勉強もしたいのですが・・・いつになったら本腰入れられるのかなぁ?

白いヒトデさんのカメラの腕により一層の磨きがかかることを期待しています。
そして私は自分で努力しないで、コツなどを教えていただく・・・なんてことをチャッカリ考えています(笑)

クイーンさん、とても綺麗ですね~。

keiさん>
こんばんは~

ハハ、やはり退屈ですよね。^^;
この手の記事は書くときにどう書こうかと結構考えたりしますが、
分かりやすく表現するのって難しいですね。もっと絵とか写真を多用した方が良かったですね。^^;

昔、カメラの趣味といったら、フィルムの現像にお金が掛かって大変だったでしょうけど、今はカメラさえ買ってしまえばあと撮り放題ですよね。散歩がてらに花とか風景とか撮るのも良いのかなーと最近考えるようになりました。そういえば、最近買ったカメラは魚以外撮ったことなかったです。(汗;

ほんとに難しいですね。幼生を撮るときは、その時はピント合っていると思ってシャッターを切ったのにあとで確認するとほとんどがボケボケだったりします。一度、拡大した画面でマニュアルでちゃんとフォーカスして撮ってみたいです。
ハハ、いつかは生まれたばかりの幼生をきちっとシャープに捉えたいですね。^^

>クイーンさん、とても綺麗ですね~。
どうもありがとうございます。前のカメラでは鱗の模様とか色合いが写りませんでしたが、TX30は近影が得意なのでそれなりに実物に近く写っています。^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。