カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな病気諸々

 魚の病気、嫌ですね。

何故か、最近、また魚たちが病気に罹ってます。^^;



まず、症状の軽い方からお話しすると、

スミレナガハナダイ、ポッコリお腹はかなり治っていたのですが、

サブ水槽に移ってまた大きくなってきました。^^;



原因は、たぶん「食べ過ぎ」です。


いや、もとい、「餌のあげ過ぎ」です。^^;

どうも、小さい魚と大きい魚に上手に餌を与えるのが難しい。(弁解;)

なので、このスミレナガハナダイ、また本水槽に戻しました。

スミレナガハナダイ20131031





そして、次はフタイロハナゴイ。

2週間前にネッタイスズメ2匹を本水槽に戻したとき、

フタイロハナゴイ2匹と縄張り争いになり、フタイロの1匹のヒレが

ボロボロになりました。

2週間経ったのですが治りが遅いです。
フタイロハナダイ20131031





最後はクイーンエンゼル。

これは、一昨日わかったのですが、クイーンエンゼルの右側の顎のトゲが

何か傷ついて剥き出しになってしまいました。

クイーンのトゲ20131031
下顎の頭皮欠損もまだ治ってませんね。





それで、昨日、本水槽にグリーンFゴールドを規定量の半分投入しました。

ライブロック、苔取り貝、それとネッタイスズメ大をバケツに退避しています。



さらに、薬餌療法で抗生物質テラマイシンを与えました。

この薬はトリコディナなどの急死に至る病気に効果があり、

パープルクイーンも何度かこれで助かっています。



抗生薬テラマイシン(水産用OTC)
クイーンが400gと仮定して規定量の半分0.1gを取りました。
水産用テラマイシン1_20131031


適量の水で溶きます。
水産用テラマイシン2_20131031


クイーン用の特大粒餌と普通の粒餌を入れて薬を浸み込ませます。
水産用テラマイシン3_20131031




これを人間と同じように3日間与えて、様子をみようと思います。

長く続けると副作用があるようです。

厄介な病気を併発しないですんなり治って欲しいですね。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 大きくなりました。 | ホーム | パープルクイーン変身中 >>


コメント

抗生物質まで使いこなしてるのですね。
凄いです。
僕は抗生物質は最後の最後の手段として置いてありますが、ど~も怖くて使えませんわ、、、(^^;
白いヒトデ殿の記事を参考に勉強させていただきます。
近々、ブログに書こうと思ってますが、嫁が「寝太郎の頭皮欠損が小さくなってる!」と言うのです。
僕には分からないのですが、魚のちょっとした変化を見つけるのはいつも嫁ですので、もしかすると濃縮ミネラルが効いてきたのかもしれません。
でも僕には変わってるようには思わないのですが、嫁が頑なに小さくなった!と言い張ります。
濃縮ミネラルは今のボトルが無くなったら止めようと思ってましたが、新たに2Lボトル2本注文してしまいました。www
もう少し続けてみます。

コロッケ十円之助さん>
こんばんは~

私も使った経験がそんなにあるわけではないのですが、
最初に使ったのはゴールデンバタフライのポップアイでしたが、
これはほとんど効果がなかったです。
今の新入りパープル3匹は1ヶ月でまだ病気になったことが
ないのですが、先住のパープルたちはトリコディナ系の病気で数日で亡くなることが続いたので、このテラマイシンを孵化したブラインに吸わせて与えるようにしたところ、復活するようになりました。この手の病気の特効薬なのかも知れません。部分的に白くなるような病気はヤバイので早めにこの薬を餌に混ぜて与えるようにしています。

私の方は、濃縮ミネラルが最後の手段と思っているので、^^;
これが効果があるとほんとに嬉しいです。
私も奥さんの観察力に期待したいと思います。^^

こんにちは~

ふぅむ、むき出しになったトゲ、どうしたのでしょう?
気になりますねー、
何はともあれ、早期治療に越したことはないです。
早く治りますように!

大きさの異なる魚たちだと、餌の種類の他に与え方など配慮が必要なのですね。
家なんて、大型がいないので考えたこともなかったです。
小さな口だと多少考えてあげる~(苦笑)程度でした。


keiさん>
こんにちは~

急にこんなことになってしまいました。初日は今の半分くらい剥けていて、2日目は少し赤くなって3日目は写真のようになりました。^^;
最初のきっかけはたぶんクイーンが威嚇したときにライブロックにでもぶつけたのかなと思います。頭皮欠損を患っているので患部が広がらなければいいのですが・・・。

そうですね、本水槽はスズメダイからクイーンエンゼルまでいるので少しは順番を考えてます。^^;
最初はフレーク、粒餌の数種類と与えますが、大きなクイーンはそんなに満腹にならないと思うので、最後に口の大きいクイーンしか食べられない錦鯉用の大きな粒餌を10粒ほど与えています。多いかも?少しダイエットしなければ。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。