カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイングラスからサテライトにお引越し

 朝晩、めっきり冷え込むようになりましたね。

今まで、ワイングラスで飼育していたサカサクラゲの赤ちゃんですが、

室温が下がってグラスの中の水温も下がってきました。

サカサクラゲの適正水温は20度~35度と幅があるので大丈夫そうですが、

最適温度は28度らしいので、この際、サブ水槽にサテライトをつけて

そこに引越すことにしました。サブ水槽の冬季水温は26度です。




この方が管理も簡単になります。^^


サテライトを取り付けたサブ水槽




このサブ水槽は35cmで外掛けフィルター「プロフィットF3」が

ついただけのごく簡単な水槽システムです。今はネッタイスズメ7cm、6cmの2匹と

この前、購入したスカンクシュリンプ小3匹がいます。主にスカンクシュリンプの

繁殖用として使っています。




サテライトは揚水エアーの他に循環水流用のエアーを入れています。

餌の孵化ブラインを与えるときは揚水エアーを1時間ほど止めます。

孵化ブラインが流れ出ていかないようにするためです。


そして、

1時間ほど経った後、揚水エアーを入れると残ったブラインがサブ水槽に流され、

ネッタイスズメやスカンクシュリンプの餌になります。^^



今朝、サテライトの中を見ると

3匹いたクラゲの一番大きいのが見当たりません。どう見てもいないので、

サブ水槽を見ると底にいました。どうやって脱出したのでしょう?

今も謎です。^^;




それと、

昨夜、このサブ水槽も「ドバッと換水」を実施しました。

総量18Lに対し、13L70%の換水です。

2週間に1回の頻度で水換えをします。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< クラゲの脱走現場 | ホーム | 「ドバッと換水」の実践 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。