カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大はずれ&実験12日目

 昨日、牛乳1mLを実験水槽に投入しました。


結果は、アンモニアも亜硝酸値も急上昇



する




















はず















でした。











が、


   大はずれでした。


アンモニアも亜硝酸もほとんど変化がありません。

濾過の推移20100123




どうも牛乳はアンモニアに分解され難いようです。牛乳は今いる有機物分解菌さんの好みでないような感じです。

有機物分解菌と消化菌の働きの速度の比較で、有機物分解菌の速度が遅いためにアンモニア濃度が上昇しないのだと思います。


しかし、徐々にではありますが硝酸塩の上昇が見られました。

   牛乳の有機物116mgで硝酸塩8ppmから16ppmに上昇しました。

   水槽に入っている海水の量は、リング濾材を除いて15Lぐらいと考えれば

   硝酸塩8mg/L×15L=120mgが発生したということになります。



たぶん、これは後々プロテインスキマーの能力を考える上で重要なデータになると思われます。




プロテインスキマーで思い出したのですが、

 この実験で牛乳を投入した直後から3時間ぐらいは、今まで水面にあった泡が嘘のように消えました。
外掛けフィルタの中にリング濾材とエアーストーンがいれてあるのですが、そこから出てくる泡の量がすでにすくないのです。
 本水槽でも餌を給餌するとしばらくはプロテインスキマーの泡が少なくなります。今日、時間を計ってみると1時間ぐらいは出てきません。餌を与えた直後から餌やら排泄物やらで最も汚れているので本当なら一番働いて欲しいときです。もっと強力なスキマーなら大丈夫なのかもしれませんが。







牛乳のほかにもう一つ試してみたいものがあります。

    海水魚用ハンバーグです。


ハンバーグ20100123



すでに、すぐアンモニアになりそうな臭いをしてます。

これを解凍してさらにすり潰して水に溶きます。

牛乳のときと同じように6ppmとなるように水槽に投入します。


結果はまた改めて。






話は変わりますが、


 本水槽にLIVE Seaのリン酸塩吸着剤PHOSTを上部フィルタに入れて2週目になります。
先週はかなり大きな効果がありました。今週もチェックしてみました。



          3週前      2週前      先週      今回
          水換え前     水換え前    水換え前    水換え前

  硝酸塩     60ppm    70ppm    80ppm  100ppm(微妙)
  リン酸塩   15ppm     20ppm    15ppm   12ppm
  KH      6.5dH   6~6.5dH    6dH    5.5dH
  PH                         7.3    7.3

  水換え後の測定は、20%の換水で20%改善されているはずなのでパスです。
  硝酸塩は測定の困難な領域になってきました。100ppm以上は10~20ppmの増減の読みが難しいです。
  リン酸塩は順調に下がっています。
  KHが少しずつ下がってきています。大丈夫なのでしょうか。





 リン酸塩はほぼ想定通りに下がっています。計算上は11ppmになるはずですが1ppmは誤差の範囲内です。
リン酸塩吸着剤PHOSTの吸着能力は落ちていません。感心します。





 さて、このままリン酸塩吸着剤PHOSTの吸着能力を見ていきたいところですが、新たにやってみたいことがあります。

現在、この本水槽では硝酸塩削減のために「海水館」さんの還元BOXを使っています。使い始めてもう1年以上になりますが、数ヶ月前に補充素材デニトロゲンを追加しました。この還元BOXの現在の能力を測ってみたいと思います。


本水槽では、還元BOXを使った状態で1週間に20ppmほど硝酸塩が増えます。この還元BOXを取り除いた状態で硝酸塩を測れば裸の硝酸塩増加量と還元BOXの効果が分かります。

しかし、現在の硝酸塩濃度は100ppmぐらいで非常に測定し難いレベルにあります。



そのため、明日は50%の換水を行って50ppmぐらいに濃度を下げたいと思います。

還元BOXの一時的撤去とコトブキ外部フィルタSV9000の3ヶ月定期清掃も行います。



3日後ぐらいに一度硝酸塩の測定をしてみたいと思います。




では、また。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 硝酸塩 アンモニア 硝化菌

<< 本水槽の換水 | ホーム | 牛乳&実験11日目 >>


コメント

こんにちは。

牛乳作戦駄目だったようですね。
でも泡が早く消える&出難いってことは
溶存酸素量は少し増える方向なのですかね?
それとも水中で留まる時間が少ない分減るのかな?

どうも。
う~ん。難しいですね。う~ん。(笑)
泡が少なくなるのは水の表面張力が小さくなるためだそうです。アメンボが泳いでるところへ牛乳を垂らすと溺れるかも。
泡は小さくなればなるほど水圧を強く受けて加速度的に小さくなって最後は水に溶け込むそうです。ここで表面張力が小さかったらどうなるのでしょう。
私は溶存酸素量が多くなるほうに賭けます。(笑)
その方が色んなものの分解が早くなり自然に感じます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。