カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンモニア&実験6日目

 ネットで「アンモニア」のことについて調べました。


 世に広く販売されている「ろ過バクテリア」には、「有機物分解菌」と「硝化菌」の2種類があるそうです。


有機物分解菌」の方が安く、ほとんどこれだそうです。



わたしが購入した「バクトバチルス」にもちゃんと書いてありました。

「有機物分解バクテリア バクトバチルス」と・・・。

これは有機物を分解するバクテリア。即ち、分解してアンモニアを作るだけのバクテリアなんです。

「飼育水の白濁を除去し、クリアーでピカピカの水が蘇ります。」と書いてあります。アンモニアは無色透明、クリアーでピカピカの水ですが、アンモニアだらけの超危険な水が出来上がります。
 わたしの場合、ご丁寧に20L水槽に60L分のこれを入れたわけですから・・・・ --;


硝化細菌がいない立ち上げたばかりの水槽にこれを使うとアンモニアばかりの崩壊水槽が出来上がるわけです。
むしろ、硝化細菌が少ないときは、有機物はゆっくり時間をかけて分解したほうが水中のアンモニア量が少なくて済むし、プロテインスキマーが有機物を排出できる可能性も高くなるというもんです。




一方、硝化細菌の方は、アンモニアと亜硝酸を分解します。これぞ、正しく水槽立ち上げ時に必要なものです。

代表的なものが

スーパーバイコム78 硝化菌

「アンモニアと亜硝酸を分解して無害化する硝化菌が入っています。」と書いてあります。





ということで、とんだ失敗談になりましたが、みなさんはお気をつけくださいませ。


実験水槽は全換水を行いましたので、少しずつ有機物を添加して硝化細菌を増やしてみたいと思います。





では、この辺で。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 アンモニア バクテリア 有機物分解菌 硝化菌

<< 本水槽&実験6日目 | ホーム | 実験5日目その2 >>


コメント

バクテリアといえば、PSBというバクテリア剤を思い出しました。
強烈な臭いがした記憶があります(笑)
バクトバチルスが、ガス室水槽製造バクテリアだとは災難でしたね。
バイコムも値段相応の働きがあるのか気になってます。
実は入れてみようかな・・・と思ってたりします♪

とんだ、災難でした。トホホ・・・。
バイコムは効くと思いますよ。たぶん?(笑)
一度入れて育てれば、補充していく必要ないらしい。こういうのがいい商品ですよね。

ども始めまして
アンモニアと亜硝酸は毒ですよね。
僕はエビ専門なので良く分かりますよ。
リンクお願いします。

どうもです。始めまして。
エビ専門だとよくお分かりですよね。エビは、確か硝酸塩にも敏感ですよね。
リンクの方、どうぞ、どうぞ。私もさせて頂きます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。