カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフューザーとプレフィルターを取り付けてみました。

 先日、外部フィルター「エーハイム2075」を取り付けて、

濾過能力を高めたのですが、

そのときに追加注文したのが、ディフューザーとプレフィルターです。


まず、ディフューザーですが、結構デカイです。

2重安全のための酸素供給源です。

ディフューザー20121119





そして、プレフィルター、これもかなりデカイ。

コトブキSV9000用にも購入しましたが、そんなスペースあるでしょうか?(汗;

中のスポンジを見れば、まあ仕方ないのかなーという感じにはなります。


プレフィルター1_20121119 プレフィルター20121122





そして、

取り付けた結果ですが、



ディフューザーは取り付けて、極々わずかなエアー量に調整したのですが、

結局取り外しました。(汗;

何故かと言うと、トゲチョウにコショウ病(ウーディニウム病)が出てしまったので・・・。

白点よりも細かい点がたくさん、まさにコショウをまぶしたような感じです。

オリジナルの動画では細かい点がもっとたくさん見えるのですが、・・ちょっと残念。

青いライトのみでの撮影です。




チョウチョウウオは白点病やコショウ病に罹りやすいのですが、

特に局所的な勢いの強い水流は嫌がり、この環境下ではよくこれらの病気に罹ります。

なので、上部フィルターの出口も水槽のガラス面に当てて水流を弱めています。

良く分かりませんが、自然界での大きな潮の流れとは違い、ストレスになるのかも知れません。

ディフューザーを外して1日経ったらもう治ってました。^^;

ディフューザーからの流量を減らすような工夫をして再度挑戦してみたいと思います。




さて、プレフィルターですが、やはりデカかったです。

なので、エーハイム2075には2個連結、コトブキSV9000は1個にしました。

このフィルターなら、クイーンエンゼルにスポンジを食べられることも無いでしょう。^^

プレフィルター20121122




上部フィルターのウールマットと同様に1週間に一度、掃除をしようと思います。


これで、外部フィルターの清掃間隔が長くなって、

硝酸塩が減ってくれれば成功なのですが・・・。うまくいくでしょうか?





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 急遽、お迎えしました。でも・・・ | ホーム | お友達をお迎えしました。 >>


コメント

こんばんは~
ディヒューザー取りつけたとたんにコショウ病・・・取り外したらすぐに治って・・・
まぁ、何とデリケートなんでしょう。
チョウチョウウオもいつか別水槽で・・・なんて、ちょっと考えた時もありましたけど、止めます!(苦笑)
1日で治って良かったですね。


話変わりますが、キャメルシュリンプは脱皮した後、抱卵してました。
この辺りはスカンクさんと同じですね。

keiさん>
こんばんは~
ほんとに敏感ですね。
よ~く見るとまだ薄っすら白いコショウがついています。でもこれくらいなら大丈夫だと思います。
私は、この手の病原虫は体表の奥に常に潜んでいて、調子が良いときは体力で押さえ込んでいて、ストレスがあるとすぐに表面で出てくるように感じています。
そう考えないと病原虫のサイクルからして辻褄が合わないのです。
ハハ、keiさんなら問題なく飼えますよ。
あ、白点にはどうしても罹るので、その治療のための塩代と水道代、あと手間が掛かりますね。やっぱり大変かな。(笑)

やっぱり、抱卵してましたか。てことはやはりハッチアウトもそれから2週間後ですかね。たぶん?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。