カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験5日目その2

 今日2度目のUPです。 

 全換水をしました。



水は少し濁っています。すぐにきれいになるでしょう。

泡は細かいものだけになりました。水面に達するとすぐに消滅します。


水槽20100116_2000







ここでアンモニアを測ってみます。



  アンモニア  0.5ppm

  全換水をしましたが、アンモニアはまだ少し残っているようです。
  この位であれば問題無しとしてこのまま続けます。




アンモニア
0.5ppm

アンモニア20100116_2000






 濾過バクテリアもまだお腹がすいていないと思いますので今日は有機物を与えるのはやめておきます。




 ところで、水槽が許容できる有機物の量ってどう考えればいいのでしょうか。




 バクテリアのお腹の空き具合 × バクテリアの数 でいいのでしょうか?

 それを超えたら、一機にアンモニアが増える?



 アンモニアを分解して亜硝酸にするバクテリアって本当はかなり少ない?


 有機物からアンモニアになるのは、バクテリアは関係ないのでしょうか。アンモニアは比較的早く生成されるような感じです。プロテインスキマーはこのアンモニアが発生する前に汚れとして排出できるのでしょうか。

分からないことばかりです。




では、また明日。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 硝酸塩 リン酸塩 アンモニア

<< アンモニア&実験6日目 | ホーム | 実験5日目その1 >>


コメント

こんばんは~
確かに、水槽が対応できる有機物の壁ってあるかも。
有機物は有機バクテリアによってアンモニアにされるようです。炭素分はCo2になるとか。
スキマーは有機物をバクテリアに分解させる前に横取りして、アンモニア他が発生しにくくしますね。

そうなんですよね。スキマーはスピードが命って気がします。バクテリアが分解するスピードとの競争ですよね。あ、そうそう、東熱にメールでスパイラル2について特定条件でいいから単位時間当たりの有機物排出能力と立ち上がり時間を聞いたら、そのようなデータは取っておりませんという返事でした。まったく。(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。