カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間照明は必須?

 昨日、新旧飼育法の比較とか言ってましたが、もう終わってしまいました。(汗;

ケース2(人手換水法)が全滅しました。

今朝、幼生たちが一部分に堆積して白っぽくなっていました。




昨夜、何を思ったか、



たぶん大丈夫だろうと思って、夜間照明を点けなかったのです。

あ”-、やはり失敗でした。



負の連鎖は、


照明OFF → 幼生沈下 → 超過密状態 → 酸欠 → 全滅

と、こんな感じだろうと思います。

なので、飼育数が少なければ大丈夫なのかも知れませんが、

大量だとマズイようです。



今まで漠然と夜間照明を点けてきたのですが正解だったようです。



ケース1(自動換水法)は何とか3日目の鬼門を通過しました。

でも、浮遊数はそんなに多くないので安心はできません。








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 幼生は熱中症に強い? | ホーム | 新旧飼育法の比較 >>


コメント

あらら・・びっくりです。

こんばんは~
何と言うことでしょう?
夜間照明がないことが、そんな一大事になるなんて・・・

私の場合、考えてみたら必ず点いていましたので、そんな思いもよりませんでした。

夏も本番になると水温も上がりますし、この辺りで幼生飼育は秋まで休憩にしませんか?

追伸、

ケース2はアクシデントで残念でしたけど、
ケース1は少しでも良い結果になるように頑張ってくださいね。

keiさん>
こんばんは~

え!?って目を疑いましたね。
確か、夜間照明はわむし屋さんで教わった情報だったと思います。

今までその方が良いだろうなーと思ってそうしてましたが、
まさかこんなにも極端な結果になるとは。

水温が上がると酸欠にもなり易いですし、夏場は環境が厳しいですね。
ケース1が駄目だったらお休みした方が良いかも知れませんね。(^^)
ネタが無くなるとどうしよう。^^;

うちもイソギンの回避ように夜間照明点けていますv-398

ひでさん>
こんばんは~
確かに夜見えないと間違ってイソギンの上に乗っかりそうですね。
本当かどうか分かりませんが、夜間照明はハゼなんかの飛び出し防止
にも効果があると聞いたことありますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。