カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2系統のエアーレーション

 今日は本水槽の2系統のエアーレーションを紹介します。


実は2年ほど前に酸欠事件があって、魚たちが全滅しました。

・・・非常に辛い思いをしました。orz

特に夏場は水温上昇で溶存酸素量が減りがちなので注意が必要です。



それ以来、エアーレーションを2系統にしています。

2系統ともエアーポンプは使っていません。

水の流れを利用したエアーレーションです。




まず、第1系統は

レイシーの上部フィルターRFG-90の吐出口から海水が流れ出るときに、
細かな気泡を巻き込みます。
約1分間に1回、間欠的にジュボジュボーと音を立てて流れ出ます。この音が大好きですね。

スイッチを入れ忘れたり、ポンプの中などに汚れが溜まったりするとこの間欠動作ができなくなり気泡も生成されなくなります。
いつもは汚いのですが、撮影のため、吐出パイプを掃除しました。(汗;







第2系統は

エーハイム2213の吐出口にデフューザーを付けています。
僅かに細かい気泡が吐出されるように調整してあります。
多いと水槽が泡だらけになるので。(汗;






この2系統のエアーレーションのお陰でかなり助かっています。

上は1例ですが、酸欠という問題は即、魚たちの死に直結するので2重の安全対策がお薦めです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

<< 新旧飼育法の比較 | ホーム | ヤドカリの不思議 >>


コメント

さすがですね、2系統あると安心ですね。

最初の動画のパイプの下の部分は自作ですか?
家は上に置いてあるサブタンクのOF管のところ、逆に泡を消したくて、
とりあえずOF管にスポンジ入ってます。
真下に水流が行くので、横に逃がしたいのです。
こんな感じに取り付ければ・・・と思いましたので。

keiさん>
こんばんは~
ええ、ほんと助かってます。最近助かったことがあったので、
記事にしてみました。

あれはL型になっているレイシーの部品ですね。
最初、気に入らなかったので、先が塞がったストレートパイプで横穴がたくさん開いたものを探したりしました。どこだったか憶えていないのですがそんな商品があったと思います。消音を謳ってましたね、確か。
でも、L型で良ければ、こんなものも。
http://www.rva.jp/
ここで「エルボ」と入れるとコトブキの上部フィルターの拡散エルボが出てきます。
ただ、寸法が書いてないですね。

後は塩だれが心配ですね

ひでさん>
こんにちは~

最初のころは上部フィルターの吐出側で塩だれがあったかも知れません。水しぶきが上部フィルターの底表面について塩の固まりが溜まったりしたので、60cm用のガラス蓋を吐出口に合わせてカットして嵌め込みました。極たまーに洗ったりしてます。

元々フレーム付き水槽のせいか、ガラス蓋を付けてからは塩だれは無いですね。この前の地震対策でこのフレームを4cm延長しましたし。(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。