カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼生の自動飼育装置

 以前より構想を暖めていた新兵器・・・完成しました。


名づけて「幼生の自動飼育装置」・・・そのまんまです。(汗;


幼生飼育の大敵は、


「アンモニア中毒」、そして「人為的ミス」です。



兎に角、幼生飼育は神経を使います。 それを5ヶ月続けなければなりません。

前回は3ヶ月で遭えなくダウンしてしまいました。

今回も同じ方法では精神的に持ちません。



それで何とか人の負担を減らせないかという・・・要は、

楽をして幼生を育てようという邪まな魂胆です。^^;



さて、



その全容ですが、


幼生の自動飼育装置
1Lのプラケースを親スカンクのいるサブ水槽にハングオンして、
外掛けフィルターからチューブで取水して滴下します。
古い飼育水は左側のメッシュ部分から水槽に排出されます。
動画の右側に映っているのが幼生の捕獲室です。





水の流れ
チューブからの飼育水は一端給水バッファに滴下されます。
ここでクロレラと混ざり、徐々に幼生の飼育室に排出されます。
ウッドストーンはエアーレーションというよりも緩やかな循環流を作るために
設置してあります。古い飼育水は排出口より水槽に出て行きます。
約1秒に1回の滴下で4時間に1Lの注入となり12時間でほぼ水が入れ替わります。

自動飼育装置20120401



今回使うクロレラとして2種類用意しました。

1つはkeiさんも使っているDT'sマリンフィトプランクトンで、

もう1つはマリンルートワンのマリンクロレラアルファです。

この2つを使ってサブ水槽全体をプランクトンリッチな環境にしたいと思っています。

給水バッファに入れたクロレラも最終的に水槽に流れ出ていくので効率的なはずです。



そして、



次回の産卵が無事終了して幼生をプラケースに収容したら、

捕獲室に海藻とプランクトンを入れてリフジウムにして、

次に生まれる幼生もここで育ててみようと思っています。



一番の懸念点は飼育水を使うということですが、

過去のテストでは飼育水が適さないという結果は得られていないので、

今回は殺菌もしないで現状の飼育水をそのまま使ってみたいと思います。




スカンクシュリンプ1号は抱卵して1週間経ちました。

今のところ順調です。そして、

2号も昨日抱卵しました。調子が上がって来たようです。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

<< あと2~3日 | ホーム | 薬浴再開 >>


コメント

これを完成させてお店を開こうv-398

こんにちは~

あれれ? 昨夜コメントしたのですが・・・ 睡魔に襲われていたので・・・送信ミスしたかな(-_-;)

では改めて、
「幼生の自動飼育装置」こういう事考えていらしたのですね~
確かに、これが上手く行くとかなり楽になりますねー。
こういうの考えている時って楽しいですよね。
毎度のことながら感心してしまいます。

本当に毎日のお世話は大変ですものね。
私は「幼生飼育はもう二度としたくない」というのが本音です。
現在も進行中ですが面倒で^_^; 
第1幼生は今日で160日、今も短い遊泳脚ついいるし、浮遊しています。
毎朝、今日はとれているか? と覗き込んでいますがハァ・・・


ひでさん>
こんばんは~
ハハ、シュリンプ専門店でも開きましょうか?
でも生存率は低いしリードタイムは長いし、もろ赤字になりそうです。^^;

keiさん>
こんばんは~
ハイ、お疲れだったようで非公開コメントのボタンを押されたようです。
こちらの方は後で削除しておきますね。

微少な飼育水を安定して注入したかったので、
最初の段階では、ミニポンプ+絞りを使って揚水しようかと
考えていましたが、外掛けフィルターが少し高い位置にあるので
サイホンを使うことを思い付きました。
これでシステムが簡単に。こういうのってワクワクドキドキしますよね。

部品は差込み式になっていて容器換えも簡単にできるように
なっていますがこの辺は様子を見ながら。
サブ水槽の水換えは今は1週間に1回50%10Lしています。
幼生が生まれたら、最初は2日に1回5Lぐらい換えようかなと思ってます。
アルテミアもプラケースで育てるような感じで4日に1回ぐらいに
ならないかなーと。この孵化も結構手間かかりますよね。

幼生の世話は本当に大変ですよね。
keiさんはゴール間近であと少しですから頑張ってくださいね。
早く着底してくれるといいですね。
吉報待ってます。(^。^)

こんばんわ。

相変わらずうちのW.Sはスカスカなお腹のままです。
イソスジは消えてしまいました。
温度が高すぎるんですかね?

段々、装置が本格的になってきましたね。
確か、最初はペットボトルでしたよね?

あくあ12さん>
こんばんは。

前うちにいたスジエビもいつの間には消えてしまいましたね。
海藻があるときは結構元気だったので何か関係あるかも知れないですね。
因みにうちの水温は26度ですね。

ハハ、前のケースに少し毛が生えたようなものですが、
これでまた暫らく楽しめそうです。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。