カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘かった!!

 チョコを食べたわけではありません。^^;

考えが甘かったです。



昨日、ネッタイスズメをキューブ水槽に戻して平和になったなどと、

呑気なことを言ってましたが、



昨夜、



ネッタイスズメは全体的にピンクっぽくなり、

ゴールデンバタフライも左下腹に5mmぐらいの大きさで

薄っすらと赤っぽくなりました。



いくら何でもこれはマズイでしょう。

早速、2つのバケツを用意。

新しい人工海水にグリーンFゴールドを入れて、

淡水浴をしてから、別々に収容しました。


まるで、水槽崩壊の直前状態です。


一晩経って、


結局、ネッタイスズメは没になってしまいました。

本水槽から救出するタイミングが遅かったようです。

ネッタイスズメには申し訳ないことをしまいました。


ゴールデンは、バケツの中で元気にしています。

薄っすらと赤っぽかった部分も消えてきました。


バケツの中のゴールデンバタフライ
乾燥イトミミズを食べているところです。






念のため、キューブ水槽は全換水と清掃をして

マリンフォーミュラーを添加しました。



明日、ゴールデンの様子を見て、問題なければ水槽に戻したいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : チョウチョウウオ

<< 新たな治療 | ホーム | 攻守逆転 >>


コメント

こんばんは~
風邪をひいてしまい昨日まで死んでいました^_^;
3~4日休んでいる間にいろいろ起きていたのですね。

ネッタイスズメさんには可哀相な結果となってしまいましたね。
魚さんの事は良くわからないのですが、この体表が赤くなって・・・というのは怪我ではなく、
ストレスによる病気ですか?

keiさん>
こんばんは~
風邪ですか。寝込むほどだと辛いですね。ご自愛ください。
ここの所、毎日次から次と・・・。変化があり過ぎです。^^;

もう少し、本水槽にも目を配っていれば良かったのですが、
可哀想なことをしてしまいました。
苛められて体にたくさんの傷ができて、そこから良からぬ細菌に
感染したのかなと思います。
最初、そんなに酷いようには見えなくて、その内、治るだろうと
思ってました。
これだけの短期間に亡くなったのと、症状からして、たぶん
トリコディナかなと思います。
その末期症状で全体が赤っぽくなっていたのだと思います。

残念でしたね。

私も鯉を水槽で飼っていますが、水の中で生きる魚類は菌類に犯されるのが早く油断できませんね。

私の場合ですが、魚体にできものや傷、変色などの異常が少しでも見られた時点で薬浴よりも、体力も食欲も有る内に抗生薬の経口投与を優先させています。
主に安いテラマイシンを使っていますが、バイトリルと言うものが効果が有ると言うので準備中です。
鯉は注射による治療も有り、10年以上飼わないと大きくする事が出来ないので大変な魚でも有るようです。
海水魚の飼い方凄く興味があるのでこれからも宜しくお願い致します。

decodeco1950さん>
こんにちは。
ブログ拝見しました。
鯉を飼っていらっしゃる方からのコメント初めてです。ありがとうございます。
そうですね。ちょっと対処が遅れると手遅れになること多いですね。

抗生薬の経口投与、テラマイシン、バイトリルですか。
初めて聞きますし新鮮です。確かに人と同じように薬を飲む方法や注射をする方法があってもいいですね。
もしかしたら、淡水魚の治療法の方が進んでいるのかもしれません。
色々調べてみたいですね。

海水魚、面白いですよ。是非。
海水魚飼育で苦労するところは、同種だと必ずといっていいほど喧嘩しますし、異種間でも権力争い・縄張り争いをすることでしょうか。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

こんばんわ。

ずいぶん短期間に変化(ピンク)でましたね??
やはり、ストレスで体力が弱くなると出るんでしょうね。


あくあ12さん>
こんにちは~
ええ、予想外に状態が急変してしまいました。
何か、なす術もなく終わったという感じです。
傷が多かったのとストレスだと思いますね。
スズメダイの虐めは口で突っつくので激しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。