カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単な報告

 スカンクシュリンプ幼生たちの簡単な報告です。


生存数

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (71日目)  (34日目)   (19日目)
 ケース4    ・・・ 5匹(5)

 ケース6    ・・・           4匹(5)

 ケース7(3L) ・・・                    56匹(121)
                               ( )内は前回の数



第2幼生の数は変わらずです。
最近、脱皮の回数も少なく、あまり大きくなってないような気がします。

以前は長くて立派だったヒゲも何故かよれよれです。^^;
いつも逆立ちして頭をつけているせいでしょうか?

水換えの後に海水魚用ハンバーグをあげると、
集まって来てできるだけ大きいのを抱えてお持ち帰りします。^^;



第3幼生は1匹減です。
残っている4匹は今のところ元気そうです。


第4幼生はかなり減りました。
前回15日目に対する生存率は46%で少し低いです。





ところで、



ケース7の水温ですが、

遠赤外線ヒーターの熱線が当たると、

海水が直接暖まるようで水温が上がります。

放っておくと1度くらいは上がりそうです。

当たり前といえば、当たり前ですね。



なので、


ヒーターをつけるときは遮光しています。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< 運命? | ホーム | ゴールデンのポップアイ、その後 >>


コメント

こんにちは~
家は第1幼生が2匹、第2幼生が5匹(1昨日1匹☆)です。
家も第1幼生の脱皮の間隔は長くなってきていますし、見た目も変化がわかりません。
触覚に関しても脱皮の後にウネウネやスパイラルみたいなのがでてきていますよ。
第2幼生は、現在片目が2匹います。
ヤドカリの目は再生できていましたが、幼生はどうでしょう?興味のある所です。

ハンバーグに集まって来るのはいいですね。
家は粒餌(ソフトマリンシュリンプ)に興味を示すのは1匹くらいで、後は知らん顔してます。
いい加減食べ物だと認識して欲しいのですが・・・。

keiさん>
こんばんは~
みんなが元気でいてくれれば一番いいのですが、
たまーに☆になるのは仕方ないみたいですね。
やっぱりそうですか。あまり変化がないとちゃんと成長しているのか気になりますよね。
最初の記録のとき、片目の幼生でした。その時は再生を見ることができませんでしたが、
もし見れればスクープですね。最初は小さい眼になるのでしょうか。(^^)

うちもソフトマリンシュリンプ、つぶしてやってみたのですが、
あまり興味を示さずでした。
今思いついて、メガバイトGのMサイズを数粒落としたら、
近くにいた1匹が抱えてお持ち帰りになりました。
落としたときから前脚をバタバタさせてましたから、
匂いを感じるのでしょうね。匂いのするものがいいのも知れませんね。

こんばんわ。

第二幼生たちはとうとう70日を越えましたね。
なんとなくですが最近、全体的に落ち着いた推移のようですね。

また、このたびは釘の件で、教えていただきまして
ありがとうございます。
ウチのコメ欄にも書きましたが、白いヒトデさんらしい(よい意味で)ですね。

私も少し見習わなければ…orz.
今回の釘は5日たっても錆びませんので、とりあえず狩人さんの意見に
したがって撤去しましたが、また挑戦してみようと思います。

また、よろしければいろいろおしえてください。

あくあ12さん>
こんばんは~
第2幼生はいつの間にか70日越えましたね。
最近は私も落ち着いてきました。
ある程度は自然減だと割り切るように。(笑)

いえいえ、とんでもないです。
ブログ記事のストーリーもあるでしょうし、コメントで
それを壊すことになってもマズイし、悩んだのですが杞憂だったようでよかったです。

私の場合は最初からメッキされた釘と分かっていたので、
最初に酢と醤油を入れたものに2日間つけて表面を溶かしました。
もっといい方法があるかもしれません。
最初に鉄分濃度のテストをしましたのでその間に表面がとれたのだと思います。
カテゴリー「水質・硝酸塩・リン酸塩1」の2009/12/26辺りの記事をご覧になれば、
もしかしたら参考になるかも知れません。
ちょうどブログを始めて鉄釘が最初のネタでしたね。(^^)
メッキが取れても暫らくは赤錆は簡単に取れたように記憶しています。

いえいえ、わたしも色々皆さんから情報を頂いているのでお互い様です。

こんにちは。
書き忘れましたが、メガバイトを幼生がお持ちかえるとは…(笑)
メガバイトおそるべし(^^;)

2009,12月の記事も、参考にさせていただきます。
一応、材質はともあれ、このように表面処理をすることを
前提にしたほうが、見る方の為にもいいですね。(安全第一)

ありがとうございます、また再度やってみます。^ω^


あくあ12さん>
こんにちは~
ハハ、メガバイト、やっぱりという感じでした。
それとお持ち帰りが好きみたいですね。

表面処理に酢醤油を使いましたが、そのとき貰ったコメントで
サンポール(トイレ洗浄剤)というのがあると教えてもらいました。
一般家庭で使われていて、9.5%の塩酸らしいですが、
表面を溶かすには良いらしいです。
これを使うと逆にメッキなんかも簡単に出来るそうです。
私はまだ試したことありませんが。

いえいえいえ、こちらこそ前の記事を振り返るきっかけになりました。
私の場合、魚水槽なのでリン酸塩が多く、これを鉄釘で処理しようとすると
何と323本も必要となる結論に・・。
鉄分濃度が限界をこえるので、結局今はやっていません。
やったとしても、水槽への鉄分補給が目的になると思います。
吸収しやすいように有機化(キレート化?)したほうがいいのかも知れません。

サンゴ水槽では、魚数が少ないので鉄分濃度が濃くなり過ぎない範囲で
リン酸塩処理ができるので良いと思います。

良い結果がでるといいですね。楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。