カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え!容器でこんなに違うの?

 幼生たちの群がり現象の原因が分かりました。


まずは、これを見てください。

今まで使っていたベビーシェルターの内側の写真です。
隅のラインが光っています。

ベビーシェルター20111222






次に、この写真です。

家にあったプラスティック容器です。
少し不透明なのですが、隅のラインが光っていません。

プラケース1_20111222








これだけで違いがあるのが分かりますが、

実際にはそれ以上に差があることが分かりました。




100均ショップへ行って、なるべく角が光らないでコーナーが丸いものを探してきました。

これらを使ってみたのが下の2つの写真です。

1.5Lプラケース
左が今までの1Lプラケース、右が新しいプラケース

プラケース2_20111222



3Lプラケース
角が大きな曲面になっています。

プラケース3_20111222



まず、全体の明るさが違います。

今までのプラケースは透明なので光が通過して暗く見えて、角の反射するラインが際立って見えます。

逆に、新しいプラケースは半透明なので光を全体的に反射して明るく見え、

角のラインが余計目立たなくなります。




幼生たちが5日目のときに、活発に動いて元気だと呑気なことを言ってました。(汗;

幼生たちは、光る隅のラインに向かって突進するように群がっていたのだと思います。

衝突したり、共食いの習性のある幼生たちですから傷付け合ったりもしたはず。

ダメージを受けた幼生たちは、この後何日かで大量に減少していくことに繋がったのだと思います。

この群がり現象がない状態を一度実際に試してみたいなと思ってます。





この新しい容器、横幅が広くて2個しか入りません。

仕方ないのでケース5と6を統合することにしました。

37日差の幼生の同居です。

第3幼生はまだ9日目と小さいので食べられないか心配ですが、

ケース4と5はまだ統合したくないので仕方ありません。





この容器、幼生にはやさしいのだと思いますが、

人にとっては中が見え難い。^^;

人が我慢するしかないですね。

この見え難い幼生たちの映像です。ん・・、やはりうまく撮れません。^^;






最後に

幼生たちの生存数ですが、


            第2幼生(46日目) 第3幼生(9日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹  +  27匹
                         (ケース6を統合)

 ケース7(3L)     ・・・        61匹


第3幼生で元気なのは、半分くらいです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< 簡単な報告 | ホーム | 共食い? >>


コメント

こんばんは~
そうですねー 幼生も最初の頃は集光場所にかなり反応しますね。
顕著なのはアルテミアですね。
家は餌や換水の際など蓋の位置が変わりまして、その都度アルテミアの塊りが移動します。
あれ?今はそこなの?というふうに、ちょっと面白いです。

ある程度大きくなってからですが、幼生もごちゃごちゃと集まっていたりすると、
触覚が絡んだり遊泳足が絡んだりしているのをみかけます。まぁ大概はすぐに外れています。

私は脱皮の失敗による体力の消耗が原因のような気がしますが・・・?
でも、ケースの種類での影響というのは興味ありますね。
自然海ではあんなにごちゃごちゃぶつかり合うなんて無いでしょうから。

keiさん>
こんばんは~
今回一番活発だったのは、
最初の脱皮変態が終わった4,5日目でした。
この頃が一番光に反応するような気がします。

次の産卵は来週なので試してみたいと思ってます。
順調に行けば、年明けの4日には結果が出ると思います。
来年を占う最初の運試しにしたいなと。(笑)

こんばんわ。

44日目ですか。今年もいよいよ残り少なくなりましたが、
だいぶ大きくなったような気がしますね(^◇^)

半透明のケースは人間からすると観察しづらいかも
しれませんが、幼生たちにとっては光や容器の外の
光景を遮断し、落ち着くのかもしれませんですね。

それにしてもずいぶんいろいろなノウハウができましたね。
きっと記録更新もその成果かと思います。


あくあ12さん>
こんばんは。
あ、間違い、46日目でした。よくある、コピーしてそのままでした。
早速修正。ありがとうございました。
虫眼鏡で見ると大きくてビックリすることあります。(笑)

ええ、チェルモン飼っていたときも水槽をスリガラス風のスクリーンを貼ったら落ち着いたことありましたね。
たぶん、幼生にもいいのだと思います。

数が少しずつ減少していた一時期に較べたら随分安定しました。
まずはこのまま静かに年を越して欲しいですね。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。