カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4日目、後遺症?

 スカンクシュリンプの幼生、今日で4日目です。



生存数ですが、

プラケース1(飼育水+淡水クロレラ+栄養強化剤)      ・・・15匹ほど

プラケース2(新海水+淡水クロレラ+栄養強化剤)    ・・・60~70匹

プラケース3(新海水+淡水クロレラ+栄養強化剤+ワムシ) ・・・10匹ほど
         *まだ変態していないのでワムシは未投入


プラケース3の状態が良くありません。



ケース2の様子
背中にクロレラを食べたとみられる緑色のスジがあります。
両手の付け根付近に赤い模様がついているように見えます。
死骸を捕まえていますが、食べているかどうかは不明です。





ケース3の様子
みんな両目がくっついていてまだ未変態です。
一様にみんなゴミが付いていて弱々しい。






ケース1と2は全ての幼生が一次変態を終了しましたが、

ケース3は全ての幼生がまだ変態できずにいます。

一匹も変態できていないのは共通の理由だと思いますが、

酸欠の度合いが強くて後遺症が残っているのでしょうか。

復活は難しいような気がします。たぶん、明日は0匹に。


残りはケース1と2ですが、同じ条件にしたいので、

両方ともにワムシを入れることにしました。

ワムシには予め栄養強化剤を与えてあります。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< 幼生5日目、簡単な報告 | ホーム | 幼生3日目 >>


コメント

なるほど…ケース2はハラが緑で、遺骸らしきものや、
緑色の塊をツンツンしていますね。
なにやら元気そう…。

ケース3も動画を見た限りでは元気そうにみえますが、
数が減ってしまったとのことですね。

こうしてみると、やはり環境によって残存数は大きく変わる
みたいですね。

ふと思いましたが、遺骸は取り出さなくても大丈夫なんですか?
水質的に影響ありませんか?

Aqua012さん>
こんばんは。
ケース2はゴミが付いてなくてしっかり遊泳していますね。
ハハ、ケース3は私にはもがいているように・・・。^^;

そうなんです。うまくやればケース2以上には育てられるということですね。一緒に生まれた幼生でもちょっとした飼育環境の違いで結果が大きく異なるということですね。当たり前といえば当たり前のことですが幼生の場合それに対してすごく敏感なようです。

今の水換えの方法は、新しい海水を入れた次のプラケースに幼生をスポイトで吸って移すようにしています。遺骸はなるべく吸わないようにして。
食料として少し残しておいた方がいいのかな。^^;

こんばんは~
今ブログ更新してきました。はぁ~疲れました~~

ケース3はどうして酸欠に?エアは特別にしぼっていたとか?
あの綿ゴミのようなもの何なんでしょうね?
家は今回全身ゴミに絡まれていたのを1匹見ました。
脚に糸のように少しついたりしていたのはいましたが、以前のようではありませんでした。
今回使用したライブプランクロンが良かったのではと推測するのですが?
それと換水の仕方ですが、私も去年は同じように新海水にスポイトで移していましたが、今回は旧ケースから上側を半分掬い新ケースに、そして幼生をを移してから新海水を点滴で入れるようにしました。ダメージが少ないように感じます。

現在6匹と少ないので明日はどうかな?
でも、今までで一番元気良く浮遊しているように思うのですが、こんなこと書くと結構駄目になったりしますよね(苦笑)
私はワムシなしで行って見ますね。

keiさん>
おはようございます。
お疲れ様でした。ちらっと見ましたが後でまた拝見させてくださいね。

たぶん、幼生の数に見合うエアーの量でなかったのかなと。1ケースに2~300匹でしたのでもっと強めにしなければいけなかったんだと思います。むしろケース2はラッキィーだったのかも知れません。

あのゴミは、もしかしたら、空中の埃が落下したものかなと思っているのですがどうでしょう。幼生が元気なときは絡まりがほとんどないですよね。不思議です。
換水の仕方も色々悩みますね。点滴による半換水方式ですか、ストレス少なそうです。

一時は減りましたけど、途中から数がキープできていて幼生も元気そうなので間違いなく記録更新できますよ。
頑張ってください。(^。^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。