カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目、アリ地獄?こわー。

 今日、スカンクシュリンプの幼生、2日目です。


生存数は、

ペットボトル#1(飼育水+濃縮淡水クロレラ)    ・・・・たぶん0匹

プラケース#3(新海水+濃縮淡水クロレラ+バイコム78)・・・20匹ほど
                                (5~10匹常時浮遊)


プラケース#3の様子




どうもペットボトルはその容器の形に問題があるようです。

循環流が発生しやすいように逆さにしているのですが、

先が細くなっていて、もしかしたら、幼生たちにとってはアリ地獄みたいなものなのかも知れません。こわー。



横長のプラケースを見ていると底に沈んだ幼生たちはピョコピョコしていてかなり時間が経ってからまた浮遊し始めます。下で体を休めているのでしょうか。たぶん、底が平らな方が幼生たちに優しいのでしょう。



バイコム78の効果はあるのでしょうか。

水質を測ってみました。

アンモニア20111020 亜硝酸20111020
アンモニア0.25mg/L            亜硝酸0.3mg/L


う~ん、バイコムを入れない方が良かったですね。

幼生の数が多かったせいでしょうか。 それとも、

硝化よりも有機物分解の方が進んでいるんでしょうか。

良く分かりません。

取り合えず、これから全換水したいと思います。

ちょっともう遅いかも知れませんが。(汗;




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします




スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

<< 完成しました。 | ホーム | 中途半端、・・決行。 >>


コメント

こんばんは~
バイコムの結果は見えませんねー。
あー、バクテリアって酸素を大量に必要とするので、エアーを絞るのは良くないかしら? 
バクテリアが死んで海水を汚す。今、ふと思いました・・・


幼生飼育カミングアウトですか・・・ 私の場合は全て感でしているので・・・(笑)
でも、今回はちょっと記事アップして見ようかなあ、
今度は餌を変えてみようと思っています。
後は今までと同じケースとスポイトで再度やってみようかと。




keiさん>
余計なもの入れると拙いかも知れませんね。
酸欠でバクテリアの死滅ですか。考えが付きませんでした。
当りかも知れませんね。ご指摘、ありがとうございます。

是非、カミングアウトしてください。私一人だと寂しいので。(^。^)
新しい餌ですか、楽しみにしてます。

こんばんわー。
容器の形状やエサなど、いろいろ難題がありますね。

ん?けっこうアンモニアと硝酸でちゃってますかね?

バイコムとの関係はわかりませんが、確かに好気性バクテリアは、
かなりの酸素を消費するらしいですね。

容器内のバクテリアを固着させるのにバイコムバフィーなんて
役にたちませんかね?…あんまり関係ないかな??

すみませんあてずっぽうな話で。お気になさらず(^^;)

Aqua012さん>
こんにちは。
逆さペットボトルは失敗でした。^^;

アンモニア、亜硝酸両方ともちょっとヤバイレベルですね。

まだ、ワムシを入れてないのですが、ワムシも酸素を必要とするので成長に合わせてエアーレーションを少しずつ強くしていった方がいいのかも知れませんね。

ハハ、段々濾過装置になったりして。実は以前、アシナガスジエビの繁殖をしたときには水作くんを入れていました。いつか来た道ですね。理由は何だったか憶えてないのですが、途中で止めてしまいましたね。何だったかな? ^^;

いつも考えてくださってありがとうございます。(^。^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。