カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スミレヤッコ、あまり調子良くなさそう。

 我が家のスミレヤッコですが、購入してもう2ヶ月になるのですが、

あまり調子良くなさそうに見えます。

餌は結構食べます。でも、一向に太らないし大きくなりません。^^;


同時に購入したセグロチョウは、体格がしっかりして来て成長しているなと感じます。






今日のスミレヤッコ
尾ビレの状態が・・・
スミレヤッコ20160926






今日の水槽の様子
テングカワハギにクリーニングをおねだりしているようです。テングカワハギは見ない振りして餌突いてます。^^;
後半は同時に入居したセグロチョウです。体格が良くなりました。^^







スミレヤッコは、ちょっと心配です。

内蔵の方があまり強くないのかも知れません。

兎に角、様子を見守るしかありませんね。








ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

解像度が素晴らしいと評判のレンズ、そして水槽はまた薬漬け・・・

 魚たちを撮るのって中々難しいですね。

 動き回るので中々ピントが合わない。 ホンソメワケベラなんかは最悪ですね。^^;

小さな幼魚の場合、大きく撮ろうと近寄るわけですが、それで逃げられると大変。




今まで、30mmF3.5のマクロレンズを水槽撮影用に使ってきたのですが、このレンズ、

寄れば大きく撮れる。 でも、如何せん、めっちゃ寄らないと大きくならない。 なので、

魚たちが逃げてしまう。^^;



という言い訳で、



新しいレンズを購入しました。!!



ソニーのFE 90mm F2.8 Macro G OSSというマクロレンズです。

新レンズFE90mmF28Macro _1
高かったー。カメラの2倍くらいしました。汗;




このレンズは解像度が素晴らしいと評判なので

物凄く楽しみです。^^



 今回購入したマクロレンズは焦点距離が長いので、少し離れた距離でも大きく撮ることが

できます。 なので、昆虫や花、水槽の魚を少し離れて撮るのに適しています。

このレンズは元々35mmフルサイズカメラ用で、私のカメラはAPS-Cサイズなので、

画角が狭く、その分、1.5倍大きく写ります。このレンズをポートレートや風景など一般的な用途で

使う場合はフルサイズカメラの方が画角が広いので使い易いと思います。

因みにこのレンズ、APS-Cの場合・・・画角は17°です。 この角度の範囲しか写らない。^^;

フルサイズの場合・・・画角は27°となります。




早速、魚たちを撮ってみました。



テングカワハギ
テングカワハギ20160913



ホンソメワケベラ
ホンソメワケベラ20160913



フエヤッコ
フエヤッコ20160913



セグロチョウ
セグロチョウ20160913



ゴールデンバタフライ
ゴールデンバタフライ20160913





 ヒット率が高くなり、すごく撮り易くなりました。

もう少し被写界深度やシャッタースピードなど考えないといけません。撮影技術が追いついてませんね。

それ以前に、水槽を綺麗にしてから撮らないと・・・。冷や汗;;;





話は変わりますが、


この前は居たのですが、上の写真に載ってないお魚さんがいます。 




「アカハチハゼ」です。


一昨日、急に亡くなりました。

たぶん、底砂が原因だと思います。底砂は一部にごく薄くしか敷いていないのですが、

ちょっと砂が集まって淀んだりすると微妙に硫化水素が発生するようです。アカハチハゼは

習性で底砂をモグモグするのでこれにやられ易いのだと思います。


そして、他の魚たちは元気ではありますが、すこし粉っぽいので、

GFGの投薬をしました。規定量の1/2です。

ヤドカリたちはバケツに退避してあるのですが、彼らたちのためには現在の底砂から

もっと大きいサンゴ礫の方が良いのかも知れません。







ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

水槽に移ったら活発になりました。(^。^)

 昨日、テングカワハギをバケツからサブ水槽に移しました。

バケツではシェルターに隠れて大人しかったのですが、サブ水槽に放流してからは

徐々に慣れて、段々活発になりました。(^。^)

苛める魚がいなければ、みんなと一緒のほうが安心なのでしょう。


 餌は、孵化ブラインシュリンプを食べていたのですが、コペポーダを通り越して

一気にフレークを食べるように。ビックリです。@@  情報では、完全ポリプ食なので

人口餌への移行は時間が掛かりそうとのことだったのでちょっと拍子抜けです。でも、すぐ

食べてくれて良かったです。

 スミレヤッコとセグロチョウも孵化ブラインからフレークへの移行だったので、もしかしたら、

オメガワンのフレークや粒餌は幼魚たちには何か食べ易いのかも知れませんね。




今日のテングカワハギ
(オメガワン・フレークを与えたところ)







ネットの動画などで動きがかなり緩慢ということだったのですが、

今のところ、それなりに活発に動いています。

見てて吸い込まれそうで危ないと感じたので、水流ポンプをネットでカバーしました。^^;





動画でもよく見ると分かるのですが、目が白っぽくなっているのが気になります。

テングカワハギ1_20160901


テングカワハギ2_20160901




ただ、ショップの写真を見てもそうなっているのでこれが普通なのかも知れません。

様子を見ます。







ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 ホーム