カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

崩壊の危機 その後

 数日前に60cm水槽が半崩壊みたいになって

ゴールデンバタフライ2匹とパープルクイーン3匹をバケツに移しました。


しかし、

残念ながら、次の日にパープルの一番大きいのが✩になりました。orz

松かさ病ではなく、パープルが罹りやすいトリコディナでした。

申し訳ない。ナム



さて、他の魚たちは

バケツで全換水毎にGFGを規定量入れて3日間、8割方治ったので

水槽に戻してみることにしました。でも、ゴールデンは皮膚がまだ整って

いないので白点が心配でした。・・・案の定、次の日に白点が。(汗;



魚から白点が離れたのを見計らって、20L(30%)換水。

今回は教訓を生かして、上部フィルターを稼動させながら、底の汚れをスポンジで

吸い込み口に流すように掃除しました。

暫らく運転してから、ウールマットを水洗いしました。(白点も一緒にw)

そして、60L分のGFG規定量の半分とアクアセイフを投入。


3日目の朝には白点はほとんど付いていなかったです。

2日目、3日目と20Lの換水とGFG規定量を追加投与。




現在の魚たちの様子ですが、

ゴールデンバタフライ2匹、パープルクイーン1匹はもう大丈夫でしょう。

残りのパープルクイーン1匹(以前トリコディナに罹った固体)はちょっと心配です。

食欲もあって元気なのですが、部分的に少し薄っすら白いくなっているような。







今回、対策として行なったことは、

1.水槽を掃除するときは必ず上部フィルターを回しながら行なう。
  しばらく回して飼育水が綺麗になってからウールマットを水洗いする。

2.循環ポンプを追加。底面に餌が残らないようにする。
  水洗トイレ方式がきちんと働いて、病原細菌が底面で繁殖しないように。
  追加したポンプはナプコのニューウェーブ1000S。一番小さいサイズで
  水流も絞って使用しています。

3.エアレーションを少し強めにした。
  好気バクテリアが繁殖しやすいように。

4.1週間に1回20Lの換水時にPSB水質浄化栄養細菌50mlを添加する。



4項はしばらくは続けて、そのうち止めるかも知れません。

病原細菌が増繁殖しない環境なら必要無いのではという考えがあるからなのですが、

良く分かりません。皆さん、バクテリアの追加などやってますか?





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

| ホーム |


 ホーム