カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

簡単な報告

 今日は簡単な報告です。

スカンクシュリンプの幼生は3匹とも元気です。35日目です。

ブラインシュリンプの大量の死骸が底に溜まることはなくなりました。(^^)


そして、


60cm水槽のインディアンフレームアンティアスは、


まだ



絶食中です。



たまにゴールデンバタフライがお見舞いにきます。






絶食して2週間が過ぎたので、そろそろ、覚悟が必要かも知れません。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

え”ー、何が起きたの??

 昨夜、不吉な予感がしたのです。^^;

スカンクシュリンプの第1幼生がずーっと底にいたからなんですが・・・。

今朝、白っぽくなって動きませんでした。orz

生存日数は91日でした。

結局、以前の最長記録96日は更新できませんでした。残念。



第2幼生の方はずーっと3匹体制で来たのですが、

今朝、1匹が横たわっていたので駄目かと思いました。

でも今は復活して遊泳しています。







実はここ2~3日ほど、与えた孵化ブラインがかなり死んでしまって

底に溜まるという状態が続いていたのでおかしいなと思ってました。

思い返せば、底に溜まるブラインの死骸は以前から少しずつ増えて来たような気もします。


それで、昨日、考えられることを色々試してみました。

反ってそれが悪かったのか、はたまた処置が遅かったのか?


やったことは、

まず、昨日は容器替えを1回から2回に

そして容器替え時の換水率も20~30%から50%にして

新海水の滴下量も多くしました。

マリンクロレラアルファも使用期限の2ヶ月近くで残り少なくなって、

最初に較べて濃いような気がしたので添加量を半分にしました。

そしてエアレーションの量を2倍くらいに。




やはり、どう考えても、与えた孵化ブラインが死んでしまうというのは

異常な状態だと感じます。今まで例え幼生が死んでも孵化ブラインは元気と

いうのが常でした。

なので、孵化ブラインが死滅するということは、何か悪い病原菌が蔓延し

たのかなと思います。細菌の増殖に対して換水が追いつかなかった?

24時間常時換水システムなので安心し切っていましたが、

常時換水量と容器替え時の換水率を多めにするのが正解だったようです。




第2幼生はまだ3匹残っているので

万全の体制で臨みたいと思います。^^





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

姿勢が変わりました。

 底でジーっとしていたインディアンフレームですが、

少し姿勢が変わりました。

こんな逆立ちした格好でいることが多いです。







少しは動くようになったのですが、

餌はまだ食べません。^^;

孵化ブライン、冷凍ブライン、FDブライン、FD糸ミミズ、エビミンチなど

試していますが全て無視。

食べる気持ちが無いようです。^^;

さらに様子見です。



ちなみに

パープルクイーンは冷凍ブライン、FDブライン、エビミンチの細かいのを

食べるようになりました。少しずつ他のえさに慣れてきたようですが、

大きいサイズはまだ苦手です。^^;





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

一難去ってまた一難

 色んなことが次々に起きます。

背泳ぎが得意だった本水槽のフタイロハナゴイの小、

もう背泳ぎをすることもなくなりました。


水槽の片隅に自分の居場所を見つけたようです。






でも、時々フタイロハナゴイの大が威嚇に来たりします。^^;

ヤッコやチョウは苛めないのですが、敵は同じハナダイの仲間です。



その仲間にボコられたと思われるもう1匹がいます。

インディアンフレームアンティアスです。

水中蛍光灯の付近でフラフラしていたので一端バケツに収容しました。

2日間薬浴したのですが、餌も食べず底でじっとしています。

外傷らしきものがないので60cm水槽に入れてみました。







相変わらず底でじっとしていて何も食べません。

内臓系の病気なのでしょうか?

絶食してもう1週間ぐらいになると思うのでちょっと心配です。

ここでは苛める魚はいませんし、孵化ブラインも豊富なので

調子が戻れば食べてくれると思うのですが。


しばらく様子を見るしかなさそうです。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

1年7ヶ月のポップアイに変化

 ゴールデンバタフライがポップアイに罹って

何ともう1年7ヶ月になります。

過去の記録を見ないと分からないぐらいの期間です。^^;




と・こ・ろ・が



最近、変化が・・・、



何と、気泡が消えましたー。\(^。^)/






経緯をまとめると、こんな感じです。


・ポップアイ発症。2011年10月

・発症後、数ヵ月後に眼球下部が茶色に濁る。

・今から数ヶ月前から眼の腫れが引いて気泡がよく複数に分かれるように。

・最近、気泡が小さくなったり元に戻ったりを繰り返しながら徐々に小さく。

・ついに、気泡消滅。しかし、眼球内下部の茶色はそのまま。




2012年3月14日ポップアイ+白点
白点併発1_20120314





2013年5月8日気泡小さく、松かさ病のリハビリ中
ゴールデンポップアイ20130508




2013年5月20日気泡消滅
ゴールデンポップアイ20130520


今日の動画





ある時期に抗生薬テラマイシンの薬餌療法やGFGの薬浴など試しましたが、

結局効果なくずーっと放置していましたが少しずつ治って来ました。

ここまで来たら、茶色部分も治って欲しいですね。

難しそうな気もしますが。^^;





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

水流ポンプの位置、変えました。

 この前、水槽の底面に餌が溜まってしまうので

小さな水流ポンプを購入して設置したのですが、

でもさすが水流用に作られたポンプですね。

水流が強すぎて洗濯機状態です。^^;

水流ポンプ1_20130519






それで



場所を変えて、

全体の水流が左回転になるように斜め上向きにして取り付けました。
パープルクイーンの隠れ家、緑の家を水流の陰になるように設置てあります。

水流ポンプ2_20130519





底面の水の流れを撮ってみました。
上向きにしても結構流れていますね。
孵化ブラインとフレ-クを与えています。
餌を与えるときは吸い込まないように上部フィルターを1回だけタイマーで
1時間ほど止めています。そのあと自動的に復帰します。






今のところ、餌が底面に残ることはないので大丈夫そうです。(^^)





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

崩壊の危機 その後

 数日前に60cm水槽が半崩壊みたいになって

ゴールデンバタフライ2匹とパープルクイーン3匹をバケツに移しました。


しかし、

残念ながら、次の日にパープルの一番大きいのが✩になりました。orz

松かさ病ではなく、パープルが罹りやすいトリコディナでした。

申し訳ない。ナム



さて、他の魚たちは

バケツで全換水毎にGFGを規定量入れて3日間、8割方治ったので

水槽に戻してみることにしました。でも、ゴールデンは皮膚がまだ整って

いないので白点が心配でした。・・・案の定、次の日に白点が。(汗;



魚から白点が離れたのを見計らって、20L(30%)換水。

今回は教訓を生かして、上部フィルターを稼動させながら、底の汚れをスポンジで

吸い込み口に流すように掃除しました。

暫らく運転してから、ウールマットを水洗いしました。(白点も一緒にw)

そして、60L分のGFG規定量の半分とアクアセイフを投入。


3日目の朝には白点はほとんど付いていなかったです。

2日目、3日目と20Lの換水とGFG規定量を追加投与。




現在の魚たちの様子ですが、

ゴールデンバタフライ2匹、パープルクイーン1匹はもう大丈夫でしょう。

残りのパープルクイーン1匹(以前トリコディナに罹った固体)はちょっと心配です。

食欲もあって元気なのですが、部分的に少し薄っすら白いくなっているような。







今回、対策として行なったことは、

1.水槽を掃除するときは必ず上部フィルターを回しながら行なう。
  しばらく回して飼育水が綺麗になってからウールマットを水洗いする。

2.循環ポンプを追加。底面に餌が残らないようにする。
  水洗トイレ方式がきちんと働いて、病原細菌が底面で繁殖しないように。
  追加したポンプはナプコのニューウェーブ1000S。一番小さいサイズで
  水流も絞って使用しています。

3.エアレーションを少し強めにした。
  好気バクテリアが繁殖しやすいように。

4.1週間に1回20Lの換水時にPSB水質浄化栄養細菌50mlを添加する。



4項はしばらくは続けて、そのうち止めるかも知れません。

病原細菌が増繁殖しない環境なら必要無いのではという考えがあるからなのですが、

良く分かりません。皆さん、バクテリアの追加などやってますか?





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

水槽崩壊の危機

 60cm水槽が大変な事態になってしまいました。


ゴールデンバタフライの2匹が松かさ病+白点病、

一番大きいパープルクイーンが隠れ家から出て来なくなりました。

ゴールデンの松かさ病がかなり酷く、皮膚がささくれ立って

所々糸を引いているような感じです。

白点は二次的な症状だと思います。



それで


魚たちをバケツに。

ゴールデン小とパープルクイーン
バケツ1_20130514


ゴールデン大
写真では分かり難いのですが、よく見ると表面がささくれ立っているのが分かります。
バケツ2_20130514



そして水槽は


プチリセットしました。
水槽の洗浄・全換水、上部フィルターのウールマットの水洗い
60cm水槽プチリセット20130514



水槽の底には皮膚から剥がれ落ちたと思われる白いものが堆積していました。

バケツの底にも溜まりました。

バケツの底20130514




何が悪かったんでしょう?



ベアタンクなので最初は信じられませんでした。

よくよく考えてみると

2日前に20L(30%)の水換えをしました。

そのときに水槽ガラス面の茶苔が酷かったので綺麗にしたのですが

その方法が拙かったようです。



取った茶ゴケをなるべく外に出したかったので、

上部フィルターと外部フィルターを止め、エアーレーションだけにして

水槽側面と底面の苔をステンレスタワシで落とし

暫らく待って、底に溜まった苔やゴミを吸い出しました。


いつもより濁っているなーと感じたのですが、

このときに魚たちにストレスを与え、以降、細菌が異常繁殖

したのだと思います。




どうすれば再発を防げるでしょうか?


案としては


1.側面・底面の苔を取るときは上部フィルターを稼動しておき

汚れをウールマットで濾し取りながら掃除をする。掃除の後にウールマットを

水洗いする。(魚たちを一端バケツに退避させるのが一番良いのですが

面倒なので。)


2.現在、水洗トイレ方式になっているものの水流が不十分で

残餌が底面に残ってしまうので、水流ポンプを追加する。


3.悪玉菌が繁殖しないようにいつも善玉菌を維持する。



などですが、もう少し検討して実施したいと思います。



今回、ベアタンクであってもメンテの仕方によって、簡単に水槽崩壊に

繋がることが分かりました。


今のところ、ゴールデン2匹は泳ぎ方も普通に戻って大丈夫そうですが、

パープルクイーンの1匹はヤバそうです。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

パープルクイーンは皮膚が弱い

 パープルクイーン3匹が入居してから50日が経ちました。

今も孵化したブラインシュリンプがメインの食事ですが、

ゴールデンバタフライに与えているFDブラインシュリンプやFD糸ミミズを

摘まみ食いする個体が出てきました。食べるといっても少しですが。^^;


パープルクイーンを今まで育てて来て思うのは、

食が細いなーと感じるのと、病気に掛かり易いと感じます。

以前、✩になった3匹は全てトリコディナ系の病気で亡くなりました。

どうも皮膚が弱くて細菌に感染し易いような気がします。



そして、


現在の3匹も同じ固体かどうか分かりませんが2回同様の病気に罹りました。



でも、今回は早い段階である治療をして大事に至らずに済んでいます。


ある治療とは抗生物質テラマイシンによる薬餌療法です。

テラマイシン紹介の記事はこちら


今回はまだ孵化ブラインしか食べないので

孵化ブラインの飼育水にテラマイシンを溶かして、

1時間ほどブラインに薬を吸収させてから与えています。


こんな感じです。

水産用1_テラマイシン20130422 水産用2_テラマイシン20130422







5月8日の映像
発症して2~3日後の映像です。このとき2日間薬餌治療しました。
このときはもう初期症状の白い薄っすらとした膜は消えています。





5月11日今日の映像です。
水槽の上層部の水の流れは右から左なので中々患部を見せてくれません。^^;
大分、良くなっています。





今のところ、2回とも回復しているので効果はありそうです。

抗生物質で免疫力が高まっているのかも知れません。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

少し治ってきました。ポッコリお腹

 スミレナガハナダイの「弱スミレ」、以前キューブ水槽にいたときから

「ポッコリお腹」に悩まされていました。


今年1月5日の映像です。







それから3月末に本水槽に移りました。

1ヶ月半経って・・・







ポッコリはまだ残っていますが、

大分良くなって泳ぎ方もまともになって来ました。

不思議ですね。

本水槽は大型ヤッコがいたりして激戦区なのですが治ってくるとは。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

幼生70日目と10日目

 スカンクシュリンプの幼生、今日で70日目と10日目になりました。


10日目の第2幼生は10匹ほど残っています。

かなり大きくなって遊泳脚が出ましたよ。^^










期待した第3幼生の予定は昨日でしたが、残念ながら

数匹しか生まれなかったので今回はパスしました。orz

現在抱卵中のスカンクが1週間後にハッチアウトする予定です。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

白点の捕捉?

 この前、上部フィルターの裏側にテープLEDを取り付けました。


実は、このあと 水槽のゴルデンバタフライに異変が起きていました。

テープLED1_20130430




このときは、もちろん、中のウールマットやリング濾材を取り出して

一端、バケツに移しておいたのですが、

接着剤が乾くのを待ってウールマットと濾材をフィルターに戻し再稼動しました。


次の日、


ゴールデンバタフライに白点が出ていました。トホホ








このとき、ウールマットや濾材を取り出したこと以外は何もしていないのです。

水換えもしていませんし、外部フィルターも弄っていません。


ということは、


白点虫を捕らえるオマジナイとして入れたウールマット4枚が、

実際にちゃんと以前の白点虫を捕らえていて、

ウールマットを元に戻して水を通したときに、白点虫が覚醒したように思われます。


ウールマットは白点虫をちゃんと捕らえていたということです。



この後、


白点がゴールデンの体から放れて見えなくなったところで、

白点虫がまたウールマットに捕捉されていると思われるので、

ウールマットを水道水で洗い、元に戻しました。



今回、白点はこれで収まってしまったのですが、

もし、次に白点が現われるようなことがあったら、

ウールマットの水洗いを繰り返すだけで治るかどうか

再度試してみたいですね。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

| ホーム |


 ホーム