カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の1匹

 スカンクシュリンプの幼生は今日で86日目ですが、

とうとう最後の1匹になってしまいました。


3匹いたのですが、1週間ほど前に弱っていた1匹が没に・・・、

そして一昨日1匹が没に。のこり1匹です。



アシナガスジエビの場合は2週間ぐらいで、

幼生から稚エビになってくれたので簡単でしたが、

スカンクシュリンプの場合は5ヶ月くらいかかるらしいです。


おー、まだ2ヶ月もあります。

なのにあと1匹、・・・う~ん、難しそうですね。





生存数

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (86日目)   (49日目)   (34日目)
 ケース4    ・・・  1匹

 ケース6    ・・・           3匹   +   3匹 





最後の1匹









ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

ハーイ!みんな集まって~。

 ハーイ!みんな集まって~。今日は身体測定ですよー。


みんな、なるべくメジャーの近くを泳いでね。

離れてると小さく測れてしまいますからねー。




ハーイ。と一番乗りはゴールデンバタフイ#2とセグロチョウさん。

そしてトゲチョウさんとフウライチョウ。


トゲチョウさんは最近大人しくなってチョッカイを出さなくなりました。

なので、チョウチョウウオの間は比較的穏やかな雰囲気になっています。




身体測定の風景
晴れの舞台で、アズファーさんが後ろで鼻を擦ってたりします・・・。^^;







ヤッコさんたちは中々メジャーの前に出てきません。

なので諦めて接近撮影をしました。



クイーンエンゼルとアズファー
(汚い還元BOXは見なかったことに。)





アズファーも大きくなってスレッドがかなり伸びてきました。

でも体表がイマイチ完調でないので、マリンフォーミュラーと水換えで様子をみています。

体全体がきれいなメタリックブルーで包まれる日は来るのでしょうか。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ ヤッコ

幼生とゴールデン

 今日は幼生とゴールデンバタフライ両方の報告です。


幼生の数は相変わらず減少しています。

生存数
             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (79日目)  (42日目)   (27日目)
 ケース4    ・・・  3匹

 ケース6    ・・・           3匹   +  4匹 



第2幼生は1匹減の3匹になりました。
残り3匹のうち1匹は弱々しいので近いうちに2匹になりそうです。

第3幼生は成長に差があり、一番小さいものは第4幼生と見分けが付かなくなりました。
なので見分けのつく3匹としました。

第4幼生は減少が続いています。
やはり、餌のやり過ぎによる水質悪化の後遺症は後を引くようです。
残念ですが、第4幼生は諦めざるを得ないようです。


第2幼生







さて、




肌荒れとポップアイでバケツ治療していたゴールデンバタフライですが、

13日経って、肌荒れは治ったもののポップアイは未だに治らずです。

まだかかりそうなので、サブ水槽で療養生活をしてもらうことにしました。



心配なのは、



サブ水槽は外掛けフィルターとライブロック2個だけの簡単な小型水槽なので、

雑菌豊富だということです。


ほとんど無菌状態のバケツ治療室から雑菌豊富な水槽生活へ・・・。




それで、昨日、今日と2日続けて50%換水をして、

病気予防に新兵器を使ってみました。

「プロバイオティックマリンフォーミュラー」です。

たぶん、使ったことある方多いと思います。

私は初めて使います。

プロバイオテック20120124




よく分かりませんが、ビフィズス菌の働きでほとんどの病気の予防に効果的だとか。

半信半疑ですが使ってみます。



サブ水槽のゴールデンバタフライ








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ スカンクシュリンプ 幼生

復活の兆し

 ポップアイで調子を崩していたゴールデンバタフライですが、

今日でバケツ生活も10日目になりました。



昨日辺りから活発に餌を食べるようになりました。

ポップアイはまだ治っていませんが、そろそろ治りそうな予感がします。


好物の乾燥イトミミズを食べているところです。







先日、クイーンエンゼルが1年経ったと紹介しましたが、

2匹同時に入居したゴールデンバタフライたちも1年と7日経ちました。

2匹とも乾燥餌は、乾燥イトミミズと乾燥ブラインしか食べないで、

ヤッコやトゲチョウに苛められながら、よくここまで育ちました。


ポップアイを克服して元気に復活して欲しいものです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

運命?

 幼生たちの減少が止まりません。



生存数
             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (74日目)  (37日目)   (22日目)
 ケース4    ・・・ 4匹(5)

 ケース6    ・・・           4匹(4)

 ケース7(3L) ・・・                    17匹(56)
                               ( )内は前回の数



第2幼生が1匹減ってしまいました。・・・orz


そして、


第4幼生は大幅に減ってしまいました。・・・オロオロ

最終的にはやはり数匹になる運命なのでしょうか?



ケース7は数が減ってしまったので、

ケース6と7を、ケース6に統合しました。

これで換水量が減って少しは楽になります。^^;




追伸

ゴールデンバタフライはまだバケツ生活を送っています。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

簡単な報告

 スカンクシュリンプ幼生たちの簡単な報告です。


生存数

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (71日目)  (34日目)   (19日目)
 ケース4    ・・・ 5匹(5)

 ケース6    ・・・           4匹(5)

 ケース7(3L) ・・・                    56匹(121)
                               ( )内は前回の数



第2幼生の数は変わらずです。
最近、脱皮の回数も少なく、あまり大きくなってないような気がします。

以前は長くて立派だったヒゲも何故かよれよれです。^^;
いつも逆立ちして頭をつけているせいでしょうか?

水換えの後に海水魚用ハンバーグをあげると、
集まって来てできるだけ大きいのを抱えてお持ち帰りします。^^;



第3幼生は1匹減です。
残っている4匹は今のところ元気そうです。


第4幼生はかなり減りました。
前回15日目に対する生存率は46%で少し低いです。





ところで、



ケース7の水温ですが、

遠赤外線ヒーターの熱線が当たると、

海水が直接暖まるようで水温が上がります。

放っておくと1度くらいは上がりそうです。

当たり前といえば、当たり前ですね。



なので、


ヒーターをつけるときは遮光しています。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

ゴールデンのポップアイ、その後

 ポップアイに罹ったゴールデンバタフライは、

サブ水槽に移って療養中でしたが、



いまは、



バケツの中にいます。





サブ水槽に移ったとき、体色が冴えず肌が荒れていたのですが、

結局、バケツ治療することにしました。今日で3日目です。

昨日まではグリーンFゴールドを少し入れていました。

左目のポップアイは相変わらずですが、

体色はかなり戻ってきました。

状態も少し良くなってきたようです。

もう少ししたらサブ水槽に戻そうと思います。



ポップアイの完治が待ち遠しい今日この頃です。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生生存率のまとめ

 今日でスカンクシュリンプの第2幼生、67日目になりました。


生存数に変化がありました。


             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (67日目)   (30日目)   (15日目)
 ケース4(1.5L)  ・・・ 5匹(6) + 5匹(8)

 ケース6(1.5L)  ・・・                   24匹(42)

 ケース7(3L) ・・・                    97匹(164)
                               ( )内は前回の数


第2幼生は1匹減。
  現在1匹が頭の先のヒゲの部分に脱皮の殻が絡んでいてもがいています。
  ちょっと心配。頑張ってください。

第3幼生の3匹減は、行方不明。
  昨日2匹、今日1匹、跡形もなく消えていました。(汗;
  
第4幼生は、毎日少しずつ減り続けています。
  11日目に対する生存率は、ケース6:57%、ケース7:59%でした。




今まで調べた生存率をまとめると、

               3日目     7日目  11日目  15日目
  ケース6(1.5L)  213匹(142/L)  58%  34%  57%

  ケース7(3L)    866匹(288/L)  57%  33%  59%



特徴としては、

1.最初の収容数が、1L当り140匹でも、2倍の280匹でも生存率はほぼ同じ。

2.大雑把に考えると、1日当り15%ぐらい死滅する。
  自然減と考えてもいいのかも知れません。
  ただ、7日目から11日目までの間の生存率は低い。



これで生存率のテストは一応終わりということにしたいと思います。




それで、



ケース6と7は、ケース7に統合して、

そして

行方不明が多い第3幼生はケース6に移しました。

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (67日目)  (30日目)   (15日目)
 ケース4    ・・・ 5匹 

 ケース6    ・・・           5匹

 ケース7(3L) ・・・                    121匹



果たして、行方不明は止まるのでしょうか。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

クイーンエンゼル、1年経って・・・

 クイーンエンゼルがちょうど1年経って、


何と

唇が青く なってきました。

成魚への変身が始まるようです。





食事前なので前面に出てきています。
実際にはもう少し濃いめの青なのですが、撮るのが難しいです。



入居時からの変化を振り返ってみると


入居時(5cm)
クイーン入居20110107



2ヵ月後
クイーンエンゼル20110303



7ヵ月後
クイーンエンゼル20110811





現在1年後(14cm)
クイーンエンゼル1_20120110

クイーンエンゼル2_20120110




大きさは3倍ほどになり、弓状の幼魚模様はほぼ消えました。

王冠と眼を通るあおいラインはまだ少し残っています。





水槽の中では名実ともにNo.1です。

クロシテンやチョウチョウウオたちを蹴散らします。

一応、アズファーには手を出しません。一目置いているようです。

アズファーが遠慮がちですが。


クロシテンは苛められた腹いせでチョウチョウウオたちに

八つ当たり・・・。困ったものです。

いずれ、チョウたちの方が大きくなるはずなのですが。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 ヤッコ

激減

 第4幼生、今日で11日目です。


前回7日目から4日経ちましたので同じように生存率を測ってみました。


まずは、


生存数ですが、

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (63日目)  (26日目)   (11日目)
 ケース4    ・・・ 6匹   +  8匹

 ケース6    ・・・                  42匹(124)

 ケース7(3L) ・・・                 164匹(493)
                           ( )内は前回7日目の数

    第3幼生と第4幼生の区別がつき難くなってきました。
    なので、第3幼生をケース4に移しました。



数はかなり減りました。


前回7日目に対する生存率は、

ケース6    42/124= 34%

ケース7    164/493= 33%


またもや、ケース6と7は同じような生存率になりました。

ケース6とケース7の7日目の幼生密度は下記のようでしたので、
     ケース6  124匹/1.5L =  83匹/L
     ケース7  493匹/3L   = 164匹/L


幼生密度は2倍くらい差があります。
それにも拘らず生存率は同じくらいになりました。
幼生密度よりもっと大きな要素が大量の死滅に関係していそうです。

何でしょう?

大量飼育による水質の悪化であれば、ケース7の方が、

生存率が下がってもいいと思うのですが、そうではないようです。

固体差による自然減なのでしょうか?

共食い?

餌が適切でない?



元気だった幼生たちが僅か数日で大量死するのは、

自然減でないような気がしますし、

共食いであれば、

幼生密度が2倍のケース7の生存率が低くてもいいような気がします。



また調べてみたいところですが、

今は、ゴールデンバタフライがサブ水槽で療養中なため、しばらくはお休みです。


ところで、


スカンクさん、ようやくクリーニングの仕事を少し始めました。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

スカンクさんと同居

 ゴールデンバタフライのポップアイがまだ治りません。


ずーっと本水槽の特別室に入っていましたが、

一時は治ったり、また再発したりを繰り返したりしています。


それで、


サブ水槽のスカンクさんにクリーニングをしてもらってはどうかなと思って、

同居してもらうことにしました。


サブ水槽は、

ここのところ、スカンクシュリンプさんの産卵専用水槽として使ってきましたが、

捕獲室の仕切り板を撤去しましたので、

幼生が生まれても放置するつもりです。




引越し後のゴールデンバタフライ
左目がポップアイになっています。体色もよくありません。
好物の乾燥イトミミズを与えたところなので水がちょっと・・。






スカンクさんは満腹なのか、一向にクリーニングする気配がありません。^^;




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

微妙な結果

 第4幼生、今日で7日目です。

今回は異常な突っ込み現象を防ぐため、半透明な容器で育てました。

果たして、生存率は上がっているでしょうか?


早速、生存数のカウントをしてみました。




1時間後、


結果が出ました。


生存数


            第2幼生    第3幼生     第4幼生
            (59日目)  (22日目)   (7日目)
 ケース4    ・・・ 6匹

 ケース6    ・・・         15匹 +  124匹(215)

 ケース7(3L) ・・・                 493匹(866)

 居残り組     ・・・                  全滅



3日目に対する生存率は、

ケース6    124/215= 58%

ケース7    493/866= 57%



前回は、
ケース6(1L)   ・・・35%
ケース7(3L)   ・・・54%



今までと較べれば良い結果ですが、70%ぐらいを期待していたのでちょっと残念。


ということで、


半透明な容器の効果は、「絶大」ではなく、「まあまあ」という微妙な結果になりました。


3日目から7日目までの4日間で40%ぐらいの減少は、自然減で仕方ないのかも知れません。




さて、


幼生は現在3.5mmぐらいですが、


1週間で1mmぐらい成長します。


このまま同じ容器でいけるのでしょうか?


幼生の成長よりも自然減の方が強ければ、

容器の大きさの心配はしなくても良いのですが・・・。



4日後に、再度、ケース6と7の生存率を見てみたいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

波乱の幕開け

 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。




さて、今年最初の記事は、「順調です」と、



書きたかったのですが、



波乱の幕開けとなってしまいました。




第2幼生は今日で57日目ですが、

昨日1匹、そして今日1匹が没に、そして何故か1匹行方不明に。

一気に3匹減となってしまいました。(涙;

残り6匹です。


原因不明です。


ここ最近変えたことといえば、幼生をスポイトで吸う方式から、

小さなカップで掬う方式に変えましたが・・。

取り扱いが乱暴だったでしょうか?

はたまた、ブラインシュリンプが少なかったのでしょうか?

原因が不明だけに不安が残ります。





第4幼生1000匹は5日目ですが、それなりに順調です。

(本当はこの記事だけにしたかった・・・。う、う、う・・。orz)



前回も5日目までは順調で、7日目には激減していたので、

まだ何とも言えませんが。



ただ、前回みたいな異常な突っ込み現象はないので少し期待しています。

自動沈下するカップの中の幼生(5日目)








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。