カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

数えました~。

 今日は大晦日で、「数えました」と言えば、

除夜の鐘か、カウントダウンでしょうか。

それにはまだ時間が早いですね。


今日は第4幼生、3日目で、1年の締めですので頑張って数えました。

気の遠くなるような作業でしたね。(汗;

大晦日にこんなことやってる人間って私だけ?



そんなことは兎も角、



結果ですが、



            第2幼生    第3幼生     第4幼生
           (55日目)   (18日目)    (3日目)

 ケース4    ・・・ 9匹

 ケース6    ・・・         22匹   +   213匹

 ケース7(3L) ・・・                   866匹

 居残り      ・・・                   約150匹





第2幼生はそのまま同じです。

第3幼生はかなり減りました。
あと1週間もすると第4幼生と見分けが難しくなりそうです。

第4幼生のケース6は予想したとおりの数でした。一番元気でほとんどが浮遊しています。

ケース7は、予想以上に多く800匹を超えていました。
少なめに数えているので、実際はもっと多いと思います。
数が多いのでかたまりになり易く、大量死する危険がありそうです。
ケース6もそうですが、ほとんどが一次変態を終了して眼が飛び出ています。

居残り組みは数が半減しました。
 メッシュに吸い込まれて張り付いてしまったことが原因です。
今はエアーリフトをかなり絞りました。でも、あまり弱くすると、
外掛けフィルターの水流との関係で隔離室から出てしまうので調整が難しいです。

 また、この幼生たちはまだ変態が終わっていません。
広い水槽空間で餌を効率よく与えるのは難しいですね。
やはりここは一時的な捕獲室と考えた方が良さそうです。





今年もあと4時間ほどですね。

色んなことが起きた激動の1年でした。

お忙しい中、拙いブログにご訪問くださり、また応援して頂きありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

1000匹の様子

 今日で第4幼生、2日目です。


ケース6、ケース7、居残り組、合わせておよそ1000匹の幼生は今のところ順調です。

水換えのときに死骸があるかどうか見ているのですが、ほとんど無い状態です。

うまく新しい環境に馴染んでくれたようです。



今日は、ケース6とケース7を撮影してみました。

前回、容器の隅のラインに突っ込むように群がっていた現象は、

今のところ見られません。何か良さそうな感じがします。


ケース6(約200匹)
時々映るの大きいのは第3幼生17日目です。




ケース7(約600匹)





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

過去最多の産卵数

 今日未明、幼生たちが生まれました。

過去最多の産卵数です。たぶん、1000匹以上いると思います。


想像以上に多かったのでどうするか迷ってしまいました。^^;



予定を変更して次のように収容しました。



            第2幼生    第3幼生     第4幼生
           (53日目)   (16日目)    (1日目)

 ケース4    ・・・ 9匹

 ケース6    ・・・        約30匹   +  約200匹

 ケース7(3L) ・・・                   約600匹

 居残り      ・・・                   約300匹




無謀にもケース7に600匹も入れてしまいました。予定の2倍です。

ケース6と7の幼生たちはほとんど底に沈んでいます。

ピョコピョコ動いてはいますが。

収容の仕方が拙かったかな?



結局、サブ水槽にそのまま残した居残り組みの幼生たちが一番元気です。

ほとんどが元気よく浮遊しています。

サブ水槽の捕獲室






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生たちの上空映像

 今日、水換えのときに幼生たちを上空から撮影しました。


自動沈下するカップで水合わせ中の幼生たちです。



スカンクシュリンプの幼生51日目
遊泳足の足袋の部分が縞模様になっているのが1匹います。





オトヒメエビの子供と言われても納得してしまいそうです。^^;




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします




テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

次の準備

 第2幼生は今日で50日目になりました。

残念ながら、昨日、ケース5の1匹が没になりました。これで残り2匹です。



次の幼生の準備のため、


第2幼生はケース4と5をケース4に統合し、第3幼生はケース7に統合しました。



第2幼生(50日目)
 ケース4         ・・・ 9匹

第3幼生(13日目)
 ケース7(3L)     ・・・46匹



次の幼生、第4幼生はケース7(3L)とケース8(1.5L)に収容する予定です。

予定日は明後日です。





なお、

「海道河童」の検索で訪問される方が多いので、海道河童のカテゴリー欄を追加しました。本来なら海道河童のまとめを書いたほうがいいのかも知れませんが。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

簡単な報告

 スカンクシュリンプの幼生、今日で48日目になりました。



生存数は、

             第2幼生(48日目) 第3幼生(11日目)
 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹  +  12匹(-15)

 ケース7(3L)     ・・・         39匹(-22)



第2幼生は減少なしです。

第3幼生は順調?に減り続けています。

いずれ落ち着くとは思うのですが・・・。^^;




次の幼生が生まれる前、明日辺りに

ケース4とケース5を統合したいと思っています。


苦しいやり繰りですが、

それで新しい幼生を受け入れるスペースが出来ます。^^;




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

え!容器でこんなに違うの?

 幼生たちの群がり現象の原因が分かりました。


まずは、これを見てください。

今まで使っていたベビーシェルターの内側の写真です。
隅のラインが光っています。

ベビーシェルター20111222






次に、この写真です。

家にあったプラスティック容器です。
少し不透明なのですが、隅のラインが光っていません。

プラケース1_20111222








これだけで違いがあるのが分かりますが、

実際にはそれ以上に差があることが分かりました。




100均ショップへ行って、なるべく角が光らないでコーナーが丸いものを探してきました。

これらを使ってみたのが下の2つの写真です。

1.5Lプラケース
左が今までの1Lプラケース、右が新しいプラケース

プラケース2_20111222



3Lプラケース
角が大きな曲面になっています。

プラケース3_20111222



まず、全体の明るさが違います。

今までのプラケースは透明なので光が通過して暗く見えて、角の反射するラインが際立って見えます。

逆に、新しいプラケースは半透明なので光を全体的に反射して明るく見え、

角のラインが余計目立たなくなります。




幼生たちが5日目のときに、活発に動いて元気だと呑気なことを言ってました。(汗;

幼生たちは、光る隅のラインに向かって突進するように群がっていたのだと思います。

衝突したり、共食いの習性のある幼生たちですから傷付け合ったりもしたはず。

ダメージを受けた幼生たちは、この後何日かで大量に減少していくことに繋がったのだと思います。

この群がり現象がない状態を一度実際に試してみたいなと思ってます。





この新しい容器、横幅が広くて2個しか入りません。

仕方ないのでケース5と6を統合することにしました。

37日差の幼生の同居です。

第3幼生はまだ9日目と小さいので食べられないか心配ですが、

ケース4と5はまだ統合したくないので仕方ありません。





この容器、幼生にはやさしいのだと思いますが、

人にとっては中が見え難い。^^;

人が我慢するしかないですね。

この見え難い幼生たちの映像です。ん・・、やはりうまく撮れません。^^;






最後に

幼生たちの生存数ですが、


            第2幼生(46日目) 第3幼生(9日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹  +  27匹
                         (ケース6を統合)

 ケース7(3L)     ・・・        61匹


第3幼生で元気なのは、半分くらいです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

共食い?

 第3幼生、今日で7日目です。


今回は親スカンクさんの抱卵時の状態があまり良くなかったので、

あまり多くは期待できないのかも知れませんが、

7日目の生存数はもう少し良いかと思っていました。



幼生の生存数は、

ケース6(1L)   ・・・37匹 (106匹/1L)

ケース7(3L)   ・・・92匹 (171匹/3L = 57匹/1L)

                  ( )内は3日目の生存数





3日目に対する生存率を比較すると、

ケース6(1L)   ・・・35%

ケース7(3L)   ・・・54%





この結果をみて言えそうなことは、

1.1Lに100匹入れるよりも、1Lに50匹とした方が、生存率が高い。

2.現状では、7日目で、1L当り30匹ぐらいが生存できる。




ちょっと気になることは、



3日目に較べて各ケースともかなりの数が亡くなっているのですが、

そんなに沢山の死骸を見ていないような気がするのです。

もしかして共食いってことは無いのでしょうか?

ネットで調べてみると、


スジエビやテナガエビは幼生でも共食いをするそうです。

今回は、照明の光に集まって局所的にかなり群がっていました。


かなり活発に動いていて元気そうに見えたのですが、

実は激しい生存競争を繰り広げていたのでしょうか?

共食いとまではいかなくてもかなり疲労困憊するのでしょうか?


生存率を上げるためには、

光の当て方も重要・・・そんな感じがしてきました。





ところで、



第2幼生は今日で44日目です。

残念ながら、昨日ケース5の1匹が没になってしまいました。

換水遅れ事件のアンモニア中毒の後遺症が尾を引いているようです。


第2幼生(44日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生5日目の様子

 今日で第3幼生、5日目です。


今回の幼生たちはかなり元気です。

今回初めて使ったベビーシェルター3Lに入れた幼生たちも元気です。

パネルヒーターも順調に機能しています。

水換えのときにヒーターの電源をOFFしなくて済むので便利ですね。



幼生たちの数は、ある程度減ったもののまだかなりの幼生が残っています。



ベビーシェルターの幼生たち







赤い模様が少し付いてきました。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

簡単な報告

 今日は簡単に匹数の報告をします。



先の換水遅れ事件で弱っていた1匹が没になって、ケース5は4匹になりました。

第2幼生(40日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・4匹




第3幼生は初めて数を数えてみましたが、意外に多かったです。
既に1次変態が終わり眼が飛び出て宇宙人になった幼生もチラホラいます。

第3幼生(3日目)

 ケース6(1L)            ・・・106匹

 ケース7(ベビーシェルター3L) ・・・171匹






今日はこの辺で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

恐れていたこと

 恐れていたことが、とうとう起きてしまいました。


第2幼生は今日で38日目ですが、

ケース5の幼生が今日2匹、没に。




マイゴッド!!




何で??



エサのやり過ぎ?



はたまた、

私の不摂生な生活の犠牲になったんでしょうか。

水換えの時期がずれたり・・・、あぁぁー。。orz




原因は、たぶん水換えの遅すぎだと思います・・あぁぁー。。orz



よく見ると弱っていそうなのが、もう1匹います。

心配です。頑張ってちょうだい。




それで、


結局、現在の第2幼生の生存数は、

 ケース4    ・・・7匹
   (淡水クロレラ+フィトプレックス+スモーガスボード+ワムシ+ブライン
                                     +時々ハンバーグ)

 ケース5    ・・・5匹
   (淡水クロレラ+フィトプレックス+スモーガスボード+ワムシ+ブライン)






でも、



同時にまた、新しい生命が誕生しました。


予想した通り数は少なかったです。100匹ぐらいの感じです。

1つのケースでいけそうですが、

折角、用意したので2つのケースに分けました。



第3幼生

 ケース6              ・・・50匹ほど

 ケース7(ベビーシェルター)  ・・・残りみんな
           


数はまたあとで調整したいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

「金魚すくい」と「たらい舟」

 毎日、幼生で「金魚すくい」を楽しんでます。



ペットボトルで作ったカップに今までの飼育水を1/3ほど入れて、

「たらい舟」みたいに浮かべておきます。



ここから、金魚すくいならぬ幼生すくいの始まりです。

カメラの位置とスポイトの位置の合わせに四苦八苦しました。^^;
カメラが下を向いている時は、スポイトの位置を合わせているときです。(汗;





たらい舟に入った幼生の数をよ~く確認して全員集合していたら、

いよいよ、新しく用意した次のプラケースに浮かべます。

プラケースには予めクロレラやワムシなどが入れてあります。

たらい舟1_20111212




さて、


下が10分後の写真ですが、

違いが分かるでしょうか?

たらい舟2_20111212








下が30分後です。

たらい舟3_20111212




そうです。

このたらい舟、実は沈没船なのです。

真ん中に1mmの穴が開いてます。

30分ぐらいで少しずつ新しい飼育水が上に向かって入り込み、

温度合わせと水合わせが行なわれます。

放っておけば最後は沈んでいます。^^;




最近、スポイトから逃げる素振りを見せたりすることもあります。

幼生がもっと大きくなったら、段々難しくなりそうです。^^;

また、別の方法を考えねばなりません。




ところで、

ゴールデンバタフライのポップアイは、

ほとんど目立たないくらいになりました。

もう少し様子見です。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

親スカンクさんの調子が・・

 あ゛-、折角 パネルヒーター買ったのに、

肝心の親スカンクさんの調子がイマイチです。トホホ。


明後日、出産予定日ですが、お腹の卵の色が薄いのです。

前回、産卵前に脱卵してしまってからあまり調子が良くないようです。




パネルヒーターのその後の温度変化は、25.1~25.5度でした。

周囲温度というよりは、コントローラ自身による温度変化のようです。

数時間という長いスパンで緩やかに変化しますので、

これぐらい緩やかであれば、通常の生体には問題なさそうです。

水槽の中の邪魔なヒーターを無くせるので結構いいかも知れません。





幼生たちは、

特に変わりありません。

海水魚用ハンバーグを買いにショップに行ったのですが無かった。ガックリ。

仕方ないので、いつものチャームさんに注文。今晩届きます。

今まで通販で冷凍餌を購入したことないのですがどうなのでしょう?

クール便なのですが、ちょっと心配です。

試しにブラインシュリンプも一緒に頼んでみました。


追記:
今、チャームさんから冷凍餌、届きました。
早速開けてみましたが全く問題なかったです。冷凍ブラインも硬いままでした。杞憂でしたね。
商品の回転率がいいのか中のハンバーグも新鮮でした。
これからは通販にしたいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

パネルヒーター

 昨晩、パネルヒーターが届きました。



早速、実際の飼育環境下での水温テストにかかりました。

右側の写真の下に写っているのが温度コントローラです。

ヒーター部分は0.5mm厚の薄いシートになっています。

パネルヒーター2_20111209 パネルヒーター1_20111209 





結論からいうと、



かなり良いです。




このPTC方式という能書きが、またいい。

目標温度に近づくと電流値を徐々に減少させて、目標値付近では温度を維持するための微少電流を常時流しています。従って温度変化が無く安定した温度を維持することができます。



通常のヒーターはサーモスタット方式で完全なON-OFFを繰り返すので、どうしても水温変化が大きくなります。それに対してこのPTC方式は期待できます。




で、



実際の飼育環境でテストした結果ですが、

目標水温     25.2度      

実際の水温    25.2~25.4度
         測定箇所によって0.1~0.2度くらいの差があります。
         4時間以上の経時変化についてはもう少しテストが必要。


ただ、このパネルヒーター、微妙な温度設定はかなり難しいです。

常時微少電流で保温しているため温度変化が少なく数時間経たないと実際の設定温度にならないので気長に待つ必要あります。



もう少し様子をみる必要がありますが、かなり感じは良いです。






幼生たちですは健在です。


生存数

 ケース4(淡水クロレラ+フィトプレックス+ワムシ+ブライン)・・・7匹

 ケース5(淡水クロレラ+フィトプレックス+ワムシ+ブライン)・・・7匹



かなり安定しているのが分かったので、

そろそろ、

ラクトフェリン無しのハンバーグをケース4で再度試してみたいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生31日目、次の準備

 スカンクシュリンプの幼生が31日目を迎えました。


初めての1ヶ月越えです。バンザーイ!!

一時期、ずーっと数が減少していて心配しましたが、最近は落ち着いています。


生存数は変わらず、

 ケース4(淡水クロレラ+フィトプレックス+ワムシ+ブライン)・・・7匹

 ケース5(淡水クロレラ+フィトプレックス+ワムシ+ブライン)・・・7匹




幼生31日目記念撮影

何やらウ○チらしきものを出しています。

白色なのでもうクロレラは食べてないのかも知れません。

幼生31日目_20111206





ところで、



以前、産卵直前で失敗したスカンク1号の産卵が近づいてきました。

産卵予定は来週の火曜日です。

もし、順調に生まれれば、今回色々分かったことを次回の飼育で反映させてみたいと思います。




それで、


次回は2つのプラケースで試したいと考えています。


ケース6(現在と同じプラケース:1L)         ・・・100匹

ケース7(アクア工房のベビーシェルター:3.5L) ・・・300匹



匹数は400匹以上生まれたときの予定収容匹数です。

現在の換水方法では、1L当り100匹ぐらいが限界かなと思います。

ケース6は現在のケース4、5の隣に設置するので水温の問題はないのですが、

ケース7(アクア工房のベビーシェルター)は、自立でヒーターを使おうと思っているので、

水温変化が気になります。



それで、事前テストをしてみました。

オートヒーター20Wを入れてのテストです。

シェルター2_20111207



水温変化の結果は、 25.1~25.5度 でした。

ヒーターがONになったとき、2分ぐらいで0.4度上昇します。

以降、水温は30分ぐらいで緩やかに下降します。

短時間での温度上昇は幼生にとってちょっと厳しいでしょう。



仕方ないので、


下に敷くパネルヒーターを購入してみることにしました。


温度設定が可変なので適温に調整できそうです。

また、外部ヒーティングになるので中の仕切り板は外してエアーストーンだけ入れます。


明日、到着したらまた水温テストをしてみたいと思います。



なお、次回の産卵が終わったら、幼生飼育はしばらくお休みして、サブ水槽にゴールデンバタフライを入れてスカンクさんと同居させようと思っています。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

再発

 ゴールデンバタフライのポップアイが再発しました。(汗;


前回は眼に気泡が入ったような感じでしたが、

今回は眼全体が出てきたような感じです。








相変わらず、乾燥イトミミズに乾燥ブライン専門ですが食欲はあります。

少し白点気味なので、もしかしたら体力が弱っているのかも知れません。



今まで何回となく特別室を脱走してますが、

餌に釣られて自主的?に戻ってます。^^;




そういえば、

前から気になっていた餌が届きました。

ひかりプレミアム「海藻70」です。

メガバイトグリーンをベースに海藻成分を70%にしたものだそうです。

さっき、与えてみたらアズファーが好んで食べてました。


海藻70_20111205



今までは、焼き海苔を与えていたのですが、

どうしましょう。う~ん。




ところで、


スカンクシュリンプ幼生の生存数ですが、

同じで変わりありません。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

幼生27日目

 スカンクシュリンプの幼生、今日で27日目です。



今日の生存数は、

 ケース4(淡水クロレラ+フィトプレックス+ワムシ+ブライン)・・・7匹

 ケース5(淡水クロレラ+フィトプレックス+ワムシ+ブライン)・・・7匹




何と、減少が、


止まりました。



今のところ・・・ですが。



3日前に海水魚用ハンバーグを止めたのですが、やはり消化不良だったのでしょうか。

ただ、ケース5の1匹が仰向けになって何やらもがいています。^^;

単に脱皮するところならいいのですが・・・。



ハンバーグの中止に合わせて、栄養強化剤も疑わしかったので添加するのを止めています。

代わりにケントのフィトプレックスを1滴、おまじないで入れています。^^;



今日の幼生の様子(ケース5、27日目)
かなり触角が伸びてきました。





後、何日か様子を見なければなりません。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

原因不明

 今日で幼生25日目ですが、原因不明の減少が続いています。



生存数

 ケース4(淡水クロレラ+ワムシ+ブライン)   ・・・7匹

 ケース5(淡水クロレラ+ワムシ+ブライン)   ・・・7匹


ケース4,5とも4匹減少しました。



最近は、大きくて元気だった幼生が突然死する場合が増えています。


原因は、想像するしかないのですが、



もしかしたら・・・、



海水魚用ハンバーグにラクトフェリンを混ぜたものも追加で与えていたのですが、

まだこの時期の幼生には早過ぎたのではないかと。

幼児に大人の食事を与えた?・・・。



それで、



昨日からハンバーグを与えるのを止めています。





今日の幼生の様子







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

| ホーム |


 ホーム