カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

引きずってますねー。

 う~ん、引きずってますねー。


昨日、幼生たちが激減しましたが、さらに今日も・・です。

ペットボトル#1に続き、#2も全滅しました。


そして、


昨日、追加で生まれた200匹、産卵BOXの中ですがこれも数匹しか残っていません。

元気がないので、たぶん駄目でしょう。



同時に色んなことをやったので何が何だか・・・って感じです。


次回は、実績のある濃縮淡水クロレラとペットボトルの組合せで、

飼育水を導入する方式が良いかどうか確かめてみたいと思います。


予定日は1週間後の10月6日です。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

異変

 異変が起きました。


ペットボトル#1は6日目ですが、昨日20匹以上いた幼生が今日はほぼ全滅です。

ペットボトル#2は2日目ですが、昨日300匹ぐらいいた幼生が今日は50匹ぐらいになりました。


 どうも、水換えの度に幼生の数が激減します。(涙)


う~ん、ショックです。

原因は何、何、何でしょう?



可能性として大きいのは、

1.全換水によるストレス
  水換えは新しい方式でゆっくりやっているので瞬間的なショックは少ないと思いますが、緩やかであっても全換水は幼生にとってストレスになるのかも知れません。

2.クロレラ投入による水質の変化

3.作り置いたドライクロレラが悪くなっていた。



対策としては

1.1回の水換えの量を1L(排水)とする。
たぶん50%ぐらいの換水になると思いますがこれでも多い?

2.作ったクロレラは1週間以上保管しない。

3.クロレラの注入は数回に分けて時間をかける。

4.ワムシの量は5匹/cc以下にする。

5.キューブ水槽にナンノクロロプシス(海産クロレラ)を入れて育てる。
  これをやると換水時、クロレラの入った海水がペットボトルに自動的に注入されます。

  クロレラが水槽で育つにはちょっと時間がかかります。
  ネッタイスズメは大丈夫でしょうか?




頼んでいた飲料用クロレラが届きました。

サン・クロレラA」という商品です。
クロレラの硬い細胞壁を壊して吸収しやすくしてあります。
もしかしたら、ミキサーにかける必要がないかもと思ってこれを選びました。
成分表を見ると不飽和脂肪酸も含まれています。栄養強化剤は要らないかも知れません。



早速、試飲です。

匂いは、濃縮淡水クロレラのあの匂いですね。

簡単に水に溶けるのかと思いましたが細かい塊が底に残ります。

サンクロレラ20110928



美味くなーい。


甘味料などは入っていなさそうです。

幼生専用になりそうです。幼生たちは食べるでしょうか。



簡単には溶け切らないので、ミキサーにかけた方がよさそうです。

1袋3gを70mLの水に溶かしてミキサーにかけました。今回は3分間。

70mLスポイト容器に入れて冷蔵庫へ。




ところで、

昨日、300匹ほど産卵したスカンクさんですが、お腹に卵が残っていました。

脱皮と一緒に卵も落ちるのかなと思っていたら、

今朝、新たに200匹ほど生まれてました。

そのあと、脱皮・抱卵しました。


今回は次の産卵まで日にちがあるので暫らくこのまま育てたいと思います。

下手に移さないでどうなるか試してみます。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

2基目追加

 今日、もう1匹のスカンクさんが産卵しました。


数は普通くらいで300匹ぐらいだと思います。

ペットボトル2基目を追加しました。






最初、ペットボトルをスタンドに立てて、エアーチューブで幼生たちを吸い取って移します。ペットボトルに半分ちょっと入ったら水槽に浮かべます。残りの幼生はスポイトで移し、キスゴムでペットボトルを固定します。

この時点では、ペットボトルの中は100%今までの飼育水になっています。

それで、エアーチューブの先に細目のエアーストーンを付けたものを入れて飼育水を少しずつ抜きます。ペットボトルの穴から新しい飼育水が自動的に注入されていきます。

最初なので排出量は1Lにしておきました。たぶん、これで半々ぐらいの飼育水になっていると思います。

次回からは2L排出で全換水にしたいと思います。



ドライクロレラとクロロプシス(海産クロレラ)の注入は、

まず、ペットコップにキューブ水槽の飼育水を半分ほど入れ、ここに冷蔵庫で冷やしてあった上記クロレラを滴下します。これをキューブ水槽に5分ほど浮かべて温度合わせを行ないます。
これをスポイトでペットボトルの下の方にゆっくり注入します。(幼生は上の方にいるので)



今回色々やってみましたが、以前に較べて、超ーーー楽になりました。(^。^)





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

4日目、プチ改造

 スカンクシュリンプの幼生、4日目になりました。


昨日、産卵BOXにいた幼生たちをキューブ水槽のペットボトルに移しました。

15匹ぐらいいたと思います。


そして、


ペットボトルをプチ改造しました。

ペットボトルの真ん中よりちょっと上に4mm程の穴を開けてネットを貼りました。これだけです。^^; 写真はチューブの先にエアーストーンを付けて排水しているところです。

ペットボトル20110926




わずかな改造ですが、換水システムはガラっと変わります。

ペットボトルの中の水を抜けば、この穴から徐々に水槽の水が入り込みます。

また、上から水を注入すれば、この穴から徐々に水槽の方に出て行きます。

最終的には水槽と同じ水位になります。




換水は、

写真のようにチューブの先に細目のエアーストーンをつけてサイホンでペットボトルの飼育水を排出します。

飼育水が減ると徐々に穴から新しい飼育水が入ってきます。

徐々に水槽の飼育水も減るので、適宜、水槽に新しい人工海水を追加します。

ペットボトルは1Lなので、2Lも排出すればほぼ全換水できます。




今まではペットボトルの中は独立した飼育水でしたが、

今後は水槽の飼育水を使うことになります。

ですので、水槽の海水をいつもきれいにしておかねばなりません。

なので、

キューブ水槽の全換水を行なって、

濾過バクテリアが安定して棲めるように、ネッタイスズメの小さいのを3匹入れました。




ペットボトルの底に溜まるゴミは、

ウッドストーンを取り出して、チューブで底を吸い取ります。

誤って一緒に吸い取られた幼生は後でスポイトで戻します。


細目のエアーストーンであれば、ワムシは通過しないで残るはずですが、

ワムシが増えるかどうか、どうなのでしょう。

幼生が食べる分より繁殖量が多ければ増えるのですが、・・・まだ分かりません。





今日はマイクロスコープを使ってペットボトルの鳥観図を撮ってみました。
クロレラを入れる前なのでまだ飼育水が透明です。

もう、みんな変態が終了したようです。出目幼生になっています。







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

3日目、鳥観図

 今日でスカンクシュリンプの幼生、3日目です。


鳥観図のように上から撮影してみました。

時々流れてくる大きな物体は親スカンクさんの餌、冷凍ホワイトシュリンプです。

細かな白い点は幼生の餌、ワムシです。


3日目で変態した幼生も出てきました。

眼が飛び出して間隔が広がっています。







そろそろ、


次のスカンクさんの予定日28日が近づいてきましたので、

産卵BOXの幼生たちをペットボトルに移そうかと思います。

ペットボトルの方もより水換えが簡単になるようにちょっと改造します。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

2日目、思わぬ伏兵

 スカンクシュリンプの幼生、2日目です。


2日目で色々変化がありました。

まず、産卵BOXに思わぬ伏兵が・・・。



蜘蛛の巣みたいな、薄い粘膜のような物質が発生して、

これに幼生たちが絡まれていました。(汗;

ちょっと見難い映像ですが。





原因は、たぶん、ライブロックではないかと。



クロレラを投入してから、クロレラの緑色が1時間ぐらいで透明になってしまいます。

外部の飼育水と遮断してある状態なので、ほとんど流れ出ないはずなのです。

きっと、ライブロックの中のウミケムシなどの生物がクロレラを食べてその排泄物として薄い粘膜のような物質を出すのではないか、それで緑色もすぐ透明になるのでは・・・。


クロレラを与える以前は薄い粘膜は発生しなかったですし。


で、


ライブロックを産卵BOXから出しました。

替わりに小さな乾燥したデッドロックを入れました。何も無いと寂しいので。^^;


新たに、

クロレラを入れて2時間ぐらい経ちましたが、今のところ、クロレラの緑色はそんなには薄くなってないように感じます。

今日、初めてワムシを5000匹ほど入れてみました。

現在、産卵BOXの幼生の数は20匹ぐらいだと思います。




ペットボトルの方の幼生もかなり減りました。100匹ぐらいはいると思いますが。

ちょっと入れ過ぎだったかも知れません。2つのペットボトルに分ければ良かったかな。^^;

原因はまだはっきり分かりません。

エアーによる強制浮遊は疲れるんでしょうか?






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

大成功です。

 今朝、スカンクシュリンプの幼生、生まれていました。


今回も大量でした。前回よりも多く500匹?ぐらいはいそうです。大成功です。

スカンクさんをサブ水槽の中の産卵BOXで飼育してそのまま産卵するのでストレスが無いのだと思います。

この方式にしてから安定して産卵するようになりました。

やはり、産卵の度に捕獲して産卵BOXに入れるのはストレスなのでしょう。



全体の2/3ぐらいをキューブ水槽のペットボトルに移しました。
残りはそのまま産卵BOXで暫らく育てます。



生まれ立ての幼生たち
今回の幼生たちは少し薄緑っぽい色をしていました。






今日は早速、濃縮淡水クロレラではなく、ドライクロレラを使いました。

わむし屋さんのドライクロレラとワムシ活性液を混ぜて5分間ミキサーで撹拌したものです。



今日は今のところ元気に浮遊してますが、2日目、3日目が最初の鬼門です。

無事通過してくれるでしょうか。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

もう、そろそろです。

 スカンクシュリンプさんの産卵が近づいてきました。


予定日は2日後の土曜日ですので、もう、そろそろです。

お腹も随分膨らんできました。

膨らみ具合からすると、今回も大量のような気がします。

このまま、順調にいって欲しいです。

今日、少しずつ排水をしながら、50%の換水をしました。



今日のスカンクさん





前回は異臭の強い濃縮淡水クロレラで失敗したので、今回はわむし屋さんのドライクロレラを使ってみます。

この方が日数管理が確実にできるので。

近いうちに飲料用の粉末クロレラも試してみようかと・・・。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

まったり、でも・・

 久し振りに本水槽の全景を撮ってみました。


食事から数時間経って、まったりしたときの映像です。

でも、やはり時々ちょっかいを出すのがいます。^^;

たまにはBGMを入れてみました。






全景が入りきらず斜めから撮りました。

正面から撮って上下をカットする方法があればいいのですが。




右側の棚の中に海藻を繁茂させる計画だったのですが、まだ一度も成功していません。

繁茂する前にヤッコたちに引っ張り出されます。^^;



以前、悩まされたヒレの白濁症状も今はきれいな透明になりました。

前もそうだったのですが、自然治癒で完全に治るのに2~3ヶ月はかかるようです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

幼生3日目ですが・・・

 スカンクシュリンプの幼生、3日目ですがほぼ全滅です。


昨日、2日目には産卵BOXの中の幼生たちが全滅。

今日、3日目はペットボトルの幼生たちがほぼ全滅しました。



生存期間、短過ぎっ。



今回の原因は、たぶん、濃縮淡水クロレラだと思います。

購入して1週間経ってから使い始めたのですがそのときは既に臭いがきつかったので気にはなっていました。

これで飼育水の悪化も早かったのだと思います。換水前の飼育水も少し臭いがありました。(汗;


一応、冷蔵庫保存で3週間もつことになっていますが・・。

店での保存期間も気になりますが、幼生飼育では1週間ぐらいで残りを廃棄した方がいいかも知れません。


これまで気にしなかった点ですが、結構大きなことでは。



ところで、


栄養強化型S型ワムシですが、在庫が無いということで残念ながら注文できませんでした。


仕方なく、通常のS型ワムシを日海センターで購入して、現在培養中です。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

生まれました。

 スカンクシュリンプの幼生たちが生まれました。


明日辺りかなと思っていましたが、予想より1日早く生まれました。

今回は・・・大量でした。たぶん、400匹以上はいそうです。



生まれた幼生たち






半分ほどペットボトルに移した。

でも、ちょっと少なめだったかも知れません。


今回はペットボトルをキューブ水槽の中に沈めました。
この方が、温度管理がしやすいので。





今は濃縮淡水クロレラを与えていますが、

わむし屋さんの栄養強化型S型ワムシを注文してみたいと思います。

これは、緑藻と珪藻で栄養強化されているらしいので試してみます。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

あきらめました。

 まったく頑固なやつです。


「ゴールデンバタフライ」のことです。

フレークか粒えさを食べれるように、隔離して再度餌付けしていたのですが、

アサリミンチなどと粒えさのミックスはある程度食べるようになったものの、

単独ではまったく食べません。



諦めました。

根負けです。もう、好きなものを食べてください。^^;



で、


本水槽に戻しました。が、



早々に追っかけっこが始まりました。(汗;



苛める悪いやつは、トゲチョウと相方のゴールデンバタフライの2匹です。

やむなくトゲチョウを産卵BOXに、ゴールデンバタフライをバケツに隔離。




トゲチョウの様子





にしてもトゲチョウさん、大きくなりました。最初、4.5cmと一番小さかったのですが。

ゴールデンは一番大きかったのですが、今や一番小さくなりつつあります。本当はこの中で一番大きくなる魚種のはずなのですが。



2日位したら、ゴールデン、トゲチョウの順に戻したいと思います。

新たに、粒えさを食べるゴールデンバタフライを導入すれば、釣られて食べるようになるかも知れません。

でもこれ以上、水槽が窮屈になるのはちょっと・・・。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

還元BOX改

 上部フィルターに入れた還元BOXをチェックしてみました。


2ヶ月経ってようやく効果が少し出てきた感じなのですが、ちょっと遅いような気もします。

外観上はスポンジが少し薄茶色になっています。

臭いは、硫黄の臭い、たぶん硫化水素だと思いますが臭います。多少なりとも還元が行なわれてているようです。




ここで、ちょっと改造を。



還元BOX上部のスポンジに鋏で切り込みを入れて、

4cmぐらいのチューブを挿し込みました。


還元BOXの様子
ちょっと汚い写真ですみません。m_ _m
還元BOX20110911



内部で発生した窒素ガスを抜いて内圧を下げ、その分、新しい飼育水を還元BOXに流入させるためのチューブです。

これで還元の効率が上がることを期待したいと思います。


また、1ヵ月後くらいに硝酸塩を測ってみます。




追記
スカンクさんの2匹目が脱皮して抱卵しました。前からそうなのですが2匹だと2週間の抱卵期間が1週間ずれながら抱卵することが多いようです。何故か分かりませんが・・。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

効果が・・?

 本水槽の上部フィルターに還元BOXを設置して2ヶ月経ちました。


久し振りに硝酸塩を測ってみました。


設置当初
硝酸塩20110702
硝酸塩 ≒100mg/L(10倍希釈で測定)



設置1ヵ月後
硝酸塩20110805
硝酸塩 ≒100mg/L(10倍希釈で測定)



設置2ヵ月後(今回)
硝酸塩20110908
硝酸塩 80mg/L(10倍希釈で測定)




ほんの少し効果が出始めているような気がします。

飼育水も黄ばみが少なく透明感が出たような。

還元BOXを少し弄るかどうか悩むところですが、

ちょっと還元BOXの状態を見てみるのと、溜まった窒素が排出されやすいような細工をしてみたいと思います。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

残念ながら

 スカンクシュリンプの幼生たちは、残念ながら行方不明になってしまいました。


今回は産卵BOXのフィルターに網目0.8mmぐらいのステンレスメッシュを使ったのですが、少し大きかったかも知れません。

網の目については少し悩むところです。


幼生を取り出すだけなら、網目をもっと細かくしても良いのですが、

そこで育てるとなると、

クロレラとワムシを与えることになりますので網目の大きさをどうするか。



まず、クロレラですがこれは通過させた方が良さそうです。

網目は0.05mm以上あれば大丈夫でしょう。

問題は、ワムシを通過させるかどうか・・・。



今はワムシを通過させて、幼生は通過させない網目を狙っています。

ワムシの大きさは0.1~0.3mmぐらいなので0.5mmぐらいがいいかなと。


ということで、


40番のメッシュを注文しました。


ついでに、ワムシをブロックするための120番メッシュも注文しました。




今、抱卵しているスカンクさんは1匹で、

産卵予定は来週の土曜日辺りでもう少し先になります。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生3日目

 スカンクシュリンプさんの幼生、生まれて3日目です。


今回は数が少なかったので、心許無いスタートとなりました。

新兵器のペットボトルに入れた幼生たちは全滅しました。

原因ははっきりとは分かりません。次回もう一度トライしてみたいと思います。


産卵BOXでそのまま飼育した幼生は2匹になりました。



産卵BOXの様子

飼育水100mLに濃縮淡水クロレラを9滴混ぜて左側の親スカンク飼育室に入れました。
映像はクロレラを入れて5分ほど経った状態です。
換水用エアーリフトは止めて循環用エアーリフトだけ動かしています。
この循環用エアーリフトによって徐々にクロレラが拡散します。






久し振りに「マイクロスコープ」を使ってみました。
3日目なのでまだ眼がくっついていますが、そろそろ変態すると思います。





追加
何か捕まえて、暫らくして放すところ






上手く脱皮して変態してくれるといいのですが。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

ちょっとだけ

 昨日、スカンクシュリンプさん2匹を新しい産卵BOXに移しましたが、


早速、もう生まれました。


でも、生まれたのは、ちょっとだけでした。10匹ほど。^^;



まだ、2週間経ってないのですが・・・、早産なんでしょうか。

お腹には卵が少し残っているようです。

脱皮はまだしていませんが、でも今までの経験からしてたぶん駄目かと。




新しい産卵BOXと幼生たち

最初は産卵BOX全景、次は幼生たちですがメッシュなので分かり難いです。
最後はまだ残っているように見える卵です。







新兵器(新保育器)

今まで縦長のプラケースを使ってきましたが、どうしてもコーナーの部分が淀みがちで幼生たちが堆積しやすいのが難点でした。
それで、コーナーを無くしたのが今回の新兵器です。
使ったのは、1Lと2Lのペットボトルです。
1Lボトルの底を取り除いたものを逆さにして、2Lボトルの下部分に挿してあります。
今回使った1Lボトルは背の低いタイプのもので丁度いい具合に刺さりました。
使っていた沈むウッドストーンも丁度ペットボトルの口に嵌まりました。ラッキー。






今回は、半分はそのまま産卵BOXで飼育して、半分はペットボトルで飼育してみたいと思います。

数が少ないので難しい気がしますが、試運転のつもりで・・・。

スカンクさんはそのままの状態で飼育しますので次回はもう少し数が多くなるのでは。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

| ホーム |


 ホーム