カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽崩壊の危機

 60cm水槽が大変な事態になってしまいました。


ゴールデンバタフライの2匹が松かさ病+白点病、

一番大きいパープルクイーンが隠れ家から出て来なくなりました。

ゴールデンの松かさ病がかなり酷く、皮膚がささくれ立って

所々糸を引いているような感じです。

白点は二次的な症状だと思います。



それで


魚たちをバケツに。

ゴールデン小とパープルクイーン
バケツ1_20130514


ゴールデン大
写真では分かり難いのですが、よく見ると表面がささくれ立っているのが分かります。
バケツ2_20130514



そして水槽は


プチリセットしました。
水槽の洗浄・全換水、上部フィルターのウールマットの水洗い
60cm水槽プチリセット20130514



水槽の底には皮膚から剥がれ落ちたと思われる白いものが堆積していました。

バケツの底にも溜まりました。

バケツの底20130514




何が悪かったんでしょう?



ベアタンクなので最初は信じられませんでした。

よくよく考えてみると

2日前に20L(30%)の水換えをしました。

そのときに水槽ガラス面の茶苔が酷かったので綺麗にしたのですが

その方法が拙かったようです。



取った茶ゴケをなるべく外に出したかったので、

上部フィルターと外部フィルターを止め、エアーレーションだけにして

水槽側面と底面の苔をステンレスタワシで落とし

暫らく待って、底に溜まった苔やゴミを吸い出しました。


いつもより濁っているなーと感じたのですが、

このときに魚たちにストレスを与え、以降、細菌が異常繁殖

したのだと思います。




どうすれば再発を防げるでしょうか?


案としては


1.側面・底面の苔を取るときは上部フィルターを稼動しておき

汚れをウールマットで濾し取りながら掃除をする。掃除の後にウールマットを

水洗いする。(魚たちを一端バケツに退避させるのが一番良いのですが

面倒なので。)


2.現在、水洗トイレ方式になっているものの水流が不十分で

残餌が底面に残ってしまうので、水流ポンプを追加する。


3.悪玉菌が繁殖しないようにいつも善玉菌を維持する。



などですが、もう少し検討して実施したいと思います。



今回、ベアタンクであってもメンテの仕方によって、簡単に水槽崩壊に

繋がることが分かりました。


今のところ、ゴールデン2匹は泳ぎ方も普通に戻って大丈夫そうですが、

パープルクイーンの1匹はヤバそうです。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

少し治ってきました。ポッコリお腹

 スミレナガハナダイの「弱スミレ」、以前キューブ水槽にいたときから

「ポッコリお腹」に悩まされていました。


今年1月5日の映像です。







それから3月末に本水槽に移りました。

1ヶ月半経って・・・







ポッコリはまだ残っていますが、

大分良くなって泳ぎ方もまともになって来ました。

不思議ですね。

本水槽は大型ヤッコがいたりして激戦区なのですが治ってくるとは。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

白点の捕捉?

 この前、上部フィルターの裏側にテープLEDを取り付けました。


実は、このあと 水槽のゴルデンバタフライに異変が起きていました。

テープLED1_20130430




このときは、もちろん、中のウールマットやリング濾材を取り出して

一端、バケツに移しておいたのですが、

接着剤が乾くのを待ってウールマットと濾材をフィルターに戻し再稼動しました。


次の日、


ゴールデンバタフライに白点が出ていました。トホホ








このとき、ウールマットや濾材を取り出したこと以外は何もしていないのです。

水換えもしていませんし、外部フィルターも弄っていません。


ということは、


白点虫を捕らえるオマジナイとして入れたウールマット4枚が、

実際にちゃんと以前の白点虫を捕らえていて、

ウールマットを元に戻して水を通したときに、白点虫が覚醒したように思われます。


ウールマットは白点虫をちゃんと捕らえていたということです。



この後、


白点がゴールデンの体から放れて見えなくなったところで、

白点虫がまたウールマットに捕捉されていると思われるので、

ウールマットを水道水で洗い、元に戻しました。



今回、白点はこれで収まってしまったのですが、

もし、次に白点が現われるようなことがあったら、

ウールマットの水洗いを繰り返すだけで治るかどうか

再度試してみたいですね。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

懲りないクイーンエンゼル

 1週間ほど前から、数日間 クイーンエンゼルの調子が悪く

餌をまったく食べませんでした。


原因はこれです。
肛門のところに注目です。





肛門から出ているのはウールマットですね。

実はこの前、コトブキ上部フィルターに付属していたウールマットが1枚

余ったので勿体無いと思って本水槽のプレフィルターに使ったのです。

プレフィルター
プレフィルター水槽20130130




これがフワフワの柔らかいウールマットでした。

これをクイーンが吸い出してモグモグしたようです。^^;




そして、何日か経って


ようやく






元気、復活です。^^

食べていたのは動画の量の3倍くらいです。(汗;

ポンプの中やシャワーパイプの中にもウールが結構詰まっていました。^^;



いやー、糞詰まりはこれで実に3回目です。

1回目はポンプの防振スポンジ、

2回目はストレーナの粗めスポンジ、

3回目はストレーナの替わりにつけたプレフィルターのウールマット


何度も痛い目に遭っているのにほんとに懲りないやつです。

そういう私も懲りないですねー。^^;




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

トリートメント水槽の隔離室

 トリートメント水槽に隔離室を設置して

そこにポッコリお腹のスミレバガハナダイを収容しました。


隔離室といっても、本水槽で使ったものをそのまま転用して

置いてあるだけ・・・なのです。


なので、30cmキューブ水槽には大き過ぎ。^^;



隔離室のスミレバガハナダイ






デバスズメの傷は映像には映っていないのですが、

かなり治ってきました。魚たちの治癒力には驚かされます。^^





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

1週間の絶食、結果は・・

 スミレナガハナダイの絶食、今日でまる1週間になりました。

姿はほとんど見ないのですが元気なようです。

肝心のポッコリお腹がどうなったかですが、



シェルターに隠れていて良く分からないので粒餌をパラパラと少し与えてみました。

おー、餌に釣られて出て来ました。^^






結果は、まだポッコリ状態のようです。(汗;

でも、これ以上の絶食はリスクが高くなるので止めておきます。

それでトリートメント水槽に戻そうと思うのですが、

他の魚たちと一緒だとまた食べ過ぎてしまうので隔離室を設置して

しばらくそこで静養してもらうことにしました。



このポッコリお腹、

原因は分かりませんが、

お腹に空気が溜まっているような気がします。

もしかして、ポップアイのお腹バージョンなんでしょうか?

何か、治り難そうな嫌な予感・・・。^^;



餌は消化の良いものを少しにしたいと思います。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

クイーンはこんな症状

 気にしているクイーンエンゼルの下顎ですが、

こんな症状です。接近して撮ってみました。






過去の写真と較べてみると、

2012年10月2日(4ヶ月前)
クイーン2_20121002


2013年2月14日(現在)
クイーン下顎20130214




う~ん、マズイ。

やはり4ヶ月前より、少し陥没が大きくなっています。

頭皮欠損症(穴あき病)のようです。

今、フィッシュソリューションを投与して様子を見ていますが、

次回から換水量を増やしてみようと思います。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

お元気ですか。

 スミレナガハナダイの「弱スミレ」、絶食始めて2日経ちました。

シェルターの壁にへばりついて一向に顔を見せません。

なので、元気かどうか良く分かりません。

普通ならシェルターから顔を出して様子を窺がうようなことをするのですが。



ごくたまーにこんな風にしてました。





何か目が合ったような?

たまには外を窺がっているようです。^^;




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

絶食開始

 スミレナガハナダイの「弱スミレ」が、ポッコリお腹になって

もう1ヶ月経ちました。


尻尾を上にして、逆立ち状態で尾びれをひらひらさせていることが多いのですが、


でも、食欲は旺盛。


それで、


お腹が膨れる病気をネットで調べてみました。


「金魚」での対処法が多いのですが、同じ魚ですから似たようなものでしょう。

たぶん?(汗;


原因として考えられる主なものは

(1)消化不良や餌の与えすぎ
(2)エア食い
(3)ストレス
(4)細菌による感染


ということです。



当てはまりそうなのは、・・・・・考えるとみんな気になります。^^;


当初、人口餌を食べなかったので、冷凍餌を与えていたのですが、

ブラインシュリンプはあまり食べなくて、ホワイトシュリンプばかり

与えていました。これが良くなかったのかも知れません。消化悪そうですし。

まさに(1)ですね。


そして、

「弱スミレ」が逆立ち状態でバブルを口の中に入れるのを見たことがあります。

なので、(2)もそうかなと。


そして、

(3)のストレスですが、

「強スミレ」と一緒にいたときに苛められて、よく死んだふりをしていました。

かなりのストレスを受けたものと思います。



(4)の細菌感染ですが、今までGFGでの薬浴を2週間はしていて、

特に改善はしなかったので可能性は低そうな気がしますが、果たして?



結局、「強スミレ」と「弱スミレ」を同じように育てて来て、

「弱スミレ」だけ病気になるというのは、やはりストレスが最初のトリガーに

なったんだと思います。

今は別居生活をしているので問題無いとして、あとは(1)(2)の対処法ですが、



塩水浴をしながら1週間「絶食」をするのが良いようです。

塩水浴?? 金魚は淡水だからですね。 

海水魚の場合は? 高比重? まずは逆の淡水浴をしてみましょう。^^;


そして、水温を上げるのも良いとのこと。

金魚の場合も水温を上げると病気に良いのですね。

今回も28度まで上げてみようと思います。



さて、


どのように隔離して絶食させるかですが、


最初、トリートメント水槽の中で隔離室を設けようと思いました。

でも、ゴールデンやデバスズメが餌を食べるのを見たり、餌の匂いもしたり

すると精神衛生上良くないかなと思い、

ここは完全隔離ということで、バケツ生活をしてもらうことにしました。

淡水浴などの処置もしやすいですから。


バケツの中で絶食中のスミレナガハナダイ
シェルターの上壁に張り付いて動かないので、倒して動画撮りました。(汗;






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

初めての添加剤

 みんな集まってー。

この前の身体測定の結果を発表しますよー。


   結果
 
   クイーンエンゼル       20.5cm  ( 5cm、2年1月)
   アズファー           14cm    (10cm、1年7月29日)
   クロシテン           12cm    (10cm、1年7月30日)
   ゴールデンバタフライ#1   9cm    ( 7cm、2年24日)
   ゴールデンバタフライ#2  11cm    ( 7cm、2年24日)
   トゲチョウ            12.5cm  ( 4.5cm、2年1月6日)
   フウライチョウ         11cm    ( 5.5cm、1年11月1日)
   セグロチョウ          11.5cm   ( 6cm、1年9月25日)
   ヤエヤマギンポ        10.5cm   ( 6cm、1年11月11日)
   ホンソメワケベラ        8cm     ( 5.5cm、2年1月)
   デバスズメ           8cm     ( 1.5cm、2年11月23日)
   ネッタイスズメ#1       7cm     ( 3cm、1年4月6日)
   ネッタイスズメ#2       6cm     ( 2.5cm、1年4月6日)
                              ( )内は入居時の大きさと入居年数


みんな大きくなりましたね。これからもよく食べて元気でいてください。



ゴールデン#1くんはちょっと成長が遅れちゃったけどポップアイの治療頑張ってください。

デバスズメくんはネッタイくんとの喧嘩で負傷したのでトリートメント水槽で治療中です。

でも、餌もよく食べて元気にしていますよ。


あと、気になるのはクイーンエンゼルさんの下顎ですね。

頭皮欠損症(穴あき病)のような気がして心配しています。

前に較べると穴が少し大きくなったような・・・。



それで、今回はぽぽさんお薦めの添加剤を試してみたいと思います。

これです。


「フィッシュソリューション」
フィッシュソリューション20130207



これを生餌に浸み込ませたりすると餌付けにも良いそうです。

能書きに穴あき病に良いとも書いてあるのでクイーンエンゼルに期待できるかも。

成分は海水から抽出したミネラルや微量元素らしいです。

ヨウ素、ストロンチウム、マグネシウム、マルチビタミンなど・・・何か良さそう。^^;



まずは、本水槽に規定量のキャップ1杯を入れました。


そして、剥きエビのミンチにこれを5滴添加しました。(適当です。汗;)

エビミンチ20130207




これをいつものピンセットで与えてみました。






勢い良く食べていますね。
ちょっとタイミングずれてますが。^^;

しばらく毎日続けてみたいと思います。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

合わせ技

 先日、白点病対策の「オマジナイ」として、上部フィルターと2つの外部フィルターに

ウールマットを入れました。

上部フィルターは既に1ヶ月ちょっと、外部フィルターは1週間経ちました。

チョウチョウウオたちのヒレの白濁が綺麗になってくれるのを期待したのですが、

ほとんど変化がありません。


それで、


「合わせ技」を使ってみることに。



今年冬場の水温は、節電のため24.5度と低めにしていましたが、

これを2日間かけて28度まで上げました。


罹り始めの白点病の場合は、これだけで治る場合がよくあります。

白点虫の成長が速くなって、早く体外に出ていくようです。



水温を28度に上げて、今日で5日目なのですが、

水槽には少し変化がありました。


まず、魚たちの動きが活発になりました。

威嚇するときの動きも、逃げるときのスピードも速いです。一概に

良いとは言えないかも知れません。^^;


そして、

最初の2~3日間の夜、トゲチョウの体全体に白点が出ました。

たぶん、内部に潜伏していた白点虫が高水温で

活発になり大きくなって表面に現われて、水中に出て行ったのだと

思います。


5日目の今日、特に白点は無く、痒がったりもしていないので、

白点虫の仔虫が戻って来てはいないように感じます。

もう少し様子をみないと分かりませんが、「オマジナイ」のウールマット、

白点病には何か効いているような気がします。



しかし、


肝心の「ヒレの白濁」、これに変化がありません。

白濁の原因は、白濁虫?ではなく、別の原因なのでしょうか?

それとも病原虫がもの凄く細かいのでしょうか?

2~3週間、様子を見て変化がないようでしたら、

水温を元の24.5度に戻したいと思います。




今日のチョウチョウウオたち






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

調子が良い換水法

 白点病、嫌ですねー。

最近はバケツでの全換水法で治療するので白点病で魚さんを亡くすことは

ほとんど無くなりましたが、できれば罹らないようにしたいですね。


どうしても小さい水槽の方が環境変化が大きく、

発症しやすいので気を遣います。


一番危険なのは水換えのときですね。

新たな海水を注水するときの水温や比重の違い、そして

底のものを巻き上げたりして魚たちにストレスを与えてしまいます。



我が家の小型水槽には、

サブ水槽(35cm、スミレナガハナダイ、スカンクシュリンプ2匹)と

トリートメント水槽(30cmキューブ、ゴールデンバタフライ、スミレナガハナダイ)が

あります。



この2つの水槽で、調子が良い換水法を紹介します。


1.新海水を用意
  うちでは小型水槽の場合、1週間に1回50%の換水をします。
  比重、水温を調整。水槽の水温より+0.5度以内で少し高めにします。

2.水槽の飼育水をホースで底面の汚れを取りながら50%排水する。


3.注水受けを使っての注水
  ここがミソです。
  底面のゴミを巻き上げないように一端アクリル板で受けて横に流します。  

  <サブ水槽の場合>
  使っているのはスカンク幼生の飼育器受けです。
  片手にカメラ持ちながらの注水なのでギコチナイです。^^;



  <キューブ水槽の場合>
  こちらも以前使っていたスカンク幼生の飼育器受けです。




サブ水槽で幼生飼育中のときの換水は、ちょっとの間、

幼生さんに退いてもらう必要があります。^^;





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

白点病・コショウ病対策のオマジナイ

 白点病やコショウ病が治まっても、ヒレや眼に白濁が残るときがあります。

この白濁症状、中々厄介で数ヶ月そのままということが多いです。

よく見るとヒレや眼だけではなく、体が全体的にごく薄っすらと

そうなっているようです。


これは想像ですが、白点虫と同じように白濁虫?なるものが、

魚体への寄生、離脱、増殖、寄生を繰り返していて、その増減が

あるレベルでバランスしているのではないかと。 とすると、

フィルターシステムの中でこの白濁虫をブロックできれば良いわけです。

完全でなくてもある程度ブロックできれば、死滅するか掃除のときに

外部に排出されるのでバランスポイントが下がっていくはずです。

ある程度長い期間経過した水槽で自然と魚たちが安定するのはこのせいでは?




それで、1ヶ月くらい前、上部フィルターにウールマットを

白濁虫ブロックの「オマジナイ」として大量に入ました。

これが、結構、調子が良いのです。

魚たちの調子が良くなってきました。



「オマジナイ」
上のウールマットは物理濾過専門で1週間に1回掃除します。
その下のリング濾材の部屋に計8枚のウールマットを入れました。
このウールマットは生物濾過としても働きますが白点コショウ病対策用です。
今のところ3ヶ月に1回の掃除予定です。
マットが少しずつ目が詰まってきて白濁虫?を捕まえてくれることを期待しています。







それで、思い切って、

外部フィルターのコトブキSV9000とエーハイム2075の両方にも

ウールマットを追加しました。

これで全てのフィルターにウールマットが装着されたので、

これらのマットをタイミングをずらして清掃したいと思います。

こういう時は分散型濾過システムは便利ですね。^^



コトブキSV9000
ウールマット2枚重ねにしたので少しはみ出ています。^^;
SV9000ウールマット20130120



エーハイム2075
メックプロ1段をやめて          → → ウールマット3枚に変更
コンテナ4_20121116 2075ウールマット20130120



これで、暫らく様子を見ます。



追記;
この前、産まれたスカンクの幼生ですが昨日全滅してしまいました。orz
また次の機会に挑戦したいと思います。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

セグロチョウ 眼の白濁その後

 セグロチョウをトリートメント水槽に収容して4日経ちました。

でも、眼の中央付近の白濁が一向に治りません。


セグロチョウ、今日の様子





淡水浴をして、4日もグリーンFゴールドで薬浴したのですから、コショウ病の一種なら

改善の兆しが見えるはずですが・・・。

もしかしたら、リムフォシスティス?




ところで、サブ水槽の「弱スミレ」ことスミレナガハナダイ、

いまだ乾燥餌を食べません。「強スミレ」は何でも食べるので元気一杯なのですが、

「弱スミレ」は食が細く苛められ役なので体力が心配です。


なので、


セグロチョウは緊急性がないと判断して本水槽に戻し、

「強スミレ」とゴールデンをトリートメント水槽に移して、

「弱スミレ」を暫らく単独で飼育しようと思います。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

セグロチョウをトリートメント

 トリートメント水槽にいたクロシテンはほぼ綺麗になったので、

本水槽に戻しました。


次に入ってもらったのは、

セグロチョウです。

両目の真ん中付近が白濁しています。

たぶん、コショウ病の一種ではないかと思うのですが、

ヒレや他の部分に白濁はありません。

淡水浴とGFGの薬浴中です。






先住の巨大デバの攻撃を受けてタジタジです。

意気消沈してしまって、綺麗だったシルク色がダーティに。

前のクロシテンのときも最初突っかかってましたから、この巨大デバ、気が荒いです。

もう少ししたら、慣れると思うのですが・・・。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

コショウ病対策なるか?

 2週間ほど前、ディフューザーを新外部フィルターエーハイム2075の

出口に取り付けたのですが、トゲチョウがコショウ病になってしまったので

その時は結局撤去しました。


その後、2つの外部フィルターの出口の勢いを緩やかにしようと

ちょっと細工をしました。


まず、ディフューザーを流量の少ないコトブキSV9000につけて、

その繋ぎチューブに穴をあけ、水を横に逃がすようにして勢いを弱めました。

そして、新フィルター2075の出口に広角のL型パイプを繋ぎました。

広角パイプ20121202




これをディフューザーの後ろに設置して、全体的に押し出すような流れとしました。





ディフューザーの気泡の出方はこんなです。これでも全解放です。^^;






こんな風に調整して1週間経ったのですが、

どうも、魚たちが全体的に少し粉っぽいのです。

この前のトゲチョウのように酷くはないのですが・・・。


それであることに気が付きました。

前に使っていたサブフィルターとエーハイム2213の最終段には

白点虫駆除のオマジナイを入れていたのです。

それは、極細目の袋に入れた「パウダーサンド」です。

砂と砂の間の隙間が仔虫の大きさ0.03mm以下になって、

ここで仔虫をブロックして死滅させることを狙ってました。

少しは効果があったということでしょうか?



現在の本水槽でも、コショウ病の仔虫の発生量と死滅量が

あるところでバランスしている状態なのだと思います。

ここで死滅量を増やしてやれば徐々にバランスポイントが下がって行くはず・・と考えて、

その方法を考えてみました。


前と同じように外部フィルターにパウダーサンドを入れる?

前は2213で円形だったので入れるのが簡単だったのですが、

四角形状だと隙間が出来てしまって難しいような気がします。


それで、


上部フィルターにこれを追加してみることにしました。

100均の「吸水クロス」です。
吸水クロス20121202




これを新しいウールマットの下に敷きました。
左にピンク、右にブルーの吸水クロス

吸水クロス1_20121202吸水クロス2_20121202




吸水クロスの方が目が細かく、汚れで目が詰まってくると、より細かい目になって、

白点病やコショウ病の仔虫をブロックしてくれないかなーと期待してます。

ウールマットの弱点は最初の2日ぐらいは目が粗くてスカスカなのですが、

この点もカバーしてくれそうです。



これで、1週間様子をみます。

吸水クロスに溜まった分が今までに較べて、+アルファで溜まった分になります。

どれだけ溜まるでしょうか?



追記:
 プロフィール欄の「水槽システムの仕様」の項を新しくしました。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

挙動不審な1匹

 巨大デバスズメをキューブ水槽に移して1週間、

かなり回復してきました。

胸ビレ付近のピンクだった患部も黒ずんできて、胸ビレも動くようになりました。



でも、何だかちょっと挙動不審です。^^;

動画は昨日撮ったものです。
水質が悪いときに、苦しんでいるような挙動です。
念のため、本日50%の水換えをしたのですが結果は同じでした。






そして、本日撮った動画の中の1枚です。
背中の部分の傷が大きくなって茶色になっているような気がします。

デバスズメ2_20121108




胸ビレ付近の患部は黒ずんで痕として残っています。

もしかしたら、他の黒ずんだ部分も以前の古傷?

挙動不審ですし、何か悪い病気なんでしょうか?


本水槽に戻すかどうか迷いますが、もう少し様子をみたいと思います。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

本水槽のある魚が病気に・・・

 本水槽のある魚が病気になってしまいました。

捕獲するのが面倒なので、自然治癒してくれないかなーと

淡い期待をしてましたが、どうも駄目なようです。

もう、2~3週間になります。


それで、ようやく重い腰を上げることにしました。(汗;



が、厄介なのが捕獲です。これが腰を重くしてます。

飾りサンゴやらライブロックなど、水槽内のものをすべて取り出さないといけません。

さかな水槽だからできますけど、サンゴ水槽だとたぶん諦めですね。


さて、その魚は、






そうです。巨大デバスズメです。捕獲後、キューブ水槽に入れました。

体が所々黒っぽく、左胸ビレの付け根が少し腫れていて少しピンクっぽいです。

ヒレを体につけて閉じているときが多いです。

今まで経験したことのない症状ですね。

あるときは思い出したようにヒレの動きが復活します。

調子にのって動かすとまた悪化するの繰返しみたいな・・・。腱鞘炎?

バンドエイドでヒレを固定できればいいのですが・・・。^^;

それから、キューブ水槽に移してから、ほとんど拒食してます。



このデバさん、7cmぐらいと大きいですが成長は止まったような気がします。

1.5cmの幼魚のときにうちに来たのですがもう2年8ヶ月。

そろそろ寿命なのでしょうか?

ネットで調べると、2~3年とか5年ぐらいのようです。


発病して2~3週間になるので

一気に悪くなる悪性の病気ではなさそうですが、

何の病気か良く分かりません。


この薬浴で元気に復活して欲しいものです。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

半分は治りましたが・・・

 以前、頭皮欠損症(HLLE)らしき症状に罹っていたゴールデンバタフライですが、

おでこの部分はほぼ綺麗に治りました。

あとは、のど元の部分が残ってます。

クイーンエンゼル
クイーン2_20121002







頭皮欠損症の比較治療で、

照明灯を点けて冷凍ブラインシュリンプを与えた場合に効果があったと、

ある記事で読んだことがあるので、

今は換水量を多くすると同時に、照明をなるべく長く点けて、

アサリミンチミックスに冷凍ブラインシュリンプを加えて

クイーンエンゼルに与えて様子をみています。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

クイーンのスレッドが・・・

 クイーンエンゼルのスレッドが千切れてしまいました。


長いスレッドが無くなったのは過去にも見たことあるのですが、

その時は何かに擦れて短くなったんだろうと思っていました。


どうも違うようです。


今回、その過程を見ることができました。



最初に異変に気付いたのは
9月10日でした。
スレッドの中ほどにへこみが見られます。

クイーン1_20120910






9月12日には
一部が欠落しかけています。

クイーン2_20120913






9月16日今日
完全に欠落してしまいました。
そのせいかクイーンが大人しいです。^^;
かなり換水したのですが、まだ薬浴の黄色が残っています。

クイーン3_20120916






この間、水槽の状態が良くなかったので、

病気による欠落なのか、生え変わりなのかよく分かりません。

同じように長いスレッドを持つアズファーはまだ一度も欠落したことがありません。


過去、突然スレッドが短くなったりして不思議だったのですが、

今回ちょっとスッキリしました。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

ようやく・・・

 ようやく、アズファーとクロシテンの調子が良くなってきました。



アズファー、クロシテン、そしてクイーンエンゼル

アズファーとクロシテンは体を擦る動作をしなくなり、胸ビレの白濁も
かなり無くなりました。
アズファーの眼の細かい白い点は無くなりましたが、クロシテンの眼の
白濁は少し残っています。
クイーンの頭皮欠損症らしき症状も少し改善してきました。






今までやった事をまとめると

・還元BOXの撤去
・50Lの換水2回
・グリーンFゴールドの投入1回
・淡水浴2回
・テトラアクアセイフの添加
・クイーンエンゼルの縄張り解消


いつもの如く同時にいろんなことをやっているので、

何が効果的だったのかはっきり分かりません。(汗;



今から思うと


病気の原因を作ったのは、通水効率を上げ過ぎた還元BOXから

流れ出た硫黄生成物のような気がします。

そして、それらを排出する換水が最も効果的だったのかなと思います。

早い時期に全換水していれば、もっと早く解決したのかも知れません。

頭皮欠損症と硫黄生成物との関連も気になるところです。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

再び淡水浴

 アズファーとクロシテン、相変わらず体を擦っていたので、

昨夜、再び淡水浴をしました。 時間は12分です。


今日もまだ体を擦ってます。


こんなに長い期間、体を擦っているのは初めての経験です。

体が痒くなるような肌荒れでも起こしているのでしょうか?

もしかしたら、前の還元BOXから流出した硫黄成分の影響?


3日前に50Lの換水をしましたが、今夜も50L換水をしてみます。

併せて、テトラアクアセーフを規定量添加します。


そろそろ、治って欲しいものです。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

投薬決行

 昨日、本水槽への投薬を決行しました。

使った薬はグリーンFゴールドで、投与した量は規定量の5gです。

規定量の半分が一般的ですが、

今回は、傷のある生体がいないのと、あとで追加投与しないので規定量にしました。



薬投与した本水槽、今日の様子
飼育水がかなり黄緑色になりました。






依然、アズファーが頻繁におでこ?口?を擦り付けています。

何の病気でしょう? よく分かりません。

明日辺り、また淡水浴をしてみようと思います。

ついでに、飾りサンゴも水洗いしようかと。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

気に掛かること

 本水槽で気に掛かることが2つあります。


その1

 アズファーとクロシテンを淡水浴させて1週間経ちましたが、

一向に良くなりません。まだ、細かな白い点が付いていますし、時々体を擦っています。



その2

 クイーンエンゼルに大型ヤッコが罹り易い頭皮欠損症(HLLE)の兆候が

あるような気がしてなりません。



クイーンエンゼル
頭皮欠損症?
ところどころ白っぽくなっているの気になる点です。
2週間前に淡水浴をしてみたのですが、症状は改善しませんでした。

クイーン1_20120908


クイーン2_20120908









 さて、どうするかですが、



その1とその2があるので、この際、本水槽にグリーンFゴールドを直接投入しようかなと考えていますが大丈夫でしょうか。

今まで本水槽を薬漬けにした経験はありません。

影響ありそうなのは、ライブロックと苔取り貝ぐらいですが、

バケツに隔離すればいいかなと。



明日辺り、決行しようかと思います。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

木酢液の効果

 木酢液(もくさくえき)を使い始めて、4日目になります。

最初の3日間、1日に20mLずつ添加してきました。


その効果のほどは、

結論からいうと、かなり効果ありました。



今回は木酢液単独の効果を見るため、淡水浴はしませんでした。


開始前の状態ですが、

取り分け酷かったのは、アズファーとクロシテンです。

この2匹は胸ビレが白濁し、頭や目に白い細かな点が付いて、
頻繁に岩や底面におでこを擦り付けたりしていました。

あと、セグロチョウ、ゴールデンバタフライ、ヤエヤマギンポ、ネッタイスズメも、
外観上の異常は無いものの時々体を擦ったりしてました。




4日経って、

アズファーはおでこに白い細かな点が残っていますが、ヒレの白濁はかなり無くなりました。
まだ、時々、おでこを底面に擦り付けています。

クロシテンは白い点が無くなって顔が綺麗になりましたが、まだ目が少し白濁しています。あまり体を擦らないようになりました。

他の魚たちは、ほとんど体を擦らないようになりました。







この状態でアズファーを淡水浴すれば、効果があるような気がします。

早速、やってみたいと思います。



ところで、

同じヤッコでも、クイーンエンゼルはずーっと問題なく来ています。

苛める側だと問題ないのでしょうか? よく分かりません。




前から気になっていることが一つ。

「還元BOX」です。 今回の原因に無関係でないような気がします。

窒素ガスを排出し易いようにしたことで、

硫黄成分も簡単に飼育水に流れ出ているような・・・。

これが魚たちに悪影響を与えたのではという懸念です。

還元BOXの効果を確認して、効果が少ないようなら、

この際、撤去しようかなと考えています。



木酢液の小動物の忌避効果に加えて、消臭効果があるということは、

もしかしたら、この流れ出た硫黄成分が吸着され、魚たちに害になるものが取り除かれたのかも知れません。




今まで、


1週間に1回の水換え毎に、プロバイオテック・マリン・フォーミュラーを添加してきたのですが、残念ながら今回の病気には有効に働いてくれませんでした。

それで、今後はマリン・フォーミュラーの代わりに水換え毎に20mlずつ木酢液を添加してみたいと思います。



尚、今回3日間続けて木酢液を添加したら、

水槽からスモークの臭いがするようになりました。(汗;





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

「木酢液」を使ってみました。

 本水槽の状態が良くありません。

この前、アズファーを隔離して淡水浴と薬浴を行なって治ったのですが、

水槽に戻したら、また再発してしまいました。orz

他の魚たちも時々体を擦ったりしてしているので、

たぶん、すでに水槽内に悪いムシが蔓延しているのだと思います。



この状態では、1匹1匹淡水浴をしても、戻せば再発するので埒が明きません。

それで、まとめて駆除できないかと思い、ネットで調べました。

ここで気が付いたのですが、この前の記事でヒラムシではないかと書いたのですが、ハダムシの勘違いでした。ヒラムシはサンゴに付く悪いムシでしたね。申し訳ないです。



症状としては、

ヒレの白濁や細かな白い点が付き、時々ライブロックなどに体を擦り付けたりします。
でも明らかに白点病ではありません。
また、外観上、何とも無いように見えても体を擦ったりします。



対処法としては、

一般的には淡水浴と効果的と言われます。でも、複数の魚が罹っていると・・・。




ある記事で「木酢液」(もくさくえき) なるものが有効とありました。

サンゴ水槽にも使っているとありましたので、魚水槽には全く問題なく使えそうです。

初めて聞く名前なので調べると、どうも園芸用品のようです。

早速、ホームセンターで買ってきました。

1.5L、300円。・・こんなに要らないんですが。(汗;


木酢液(もくさくえき)
木酢液20120831




効能としては、土壌を活性化させたり、肥料を吸収しやすくするそうです。

また、消臭効果もあるようですね。元が炭だから当然かな。

犬や猫、小動物の忌避用にも使われるらしい。これは期待できるかも。^^;


蓋を開けて臭いを嗅ぐと、何やらどこかで嗅いだことがある臭いです。

あ、スモークサーモンの匂いですね。

炭を焼くときに出る煙を液化したものらしいです。通りでこの匂いが。



本水槽は130Lぐらいなので、20mlを入れました。

数日添加してみようと思います。

果たして効くでしょうか?



で、


昨夜投入して1日経ちました。

明らかに効果があるようです。白濁していたヒレも少し良くなってきましたし、

魚たちが体を擦り付ける回数も減っています。

これは期待できそうです。引き続き、今夜も20mL添加して様子を見ます。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

その後のクイーンエンゼル

 今日は良いニュースです。

 数日前に糞詰まりのようになっていたクイーンエンゼルですが、

もう完全に治りました。

今日のクイーンエンゼル
肛門のところの膨らみがなくなりました。






動画の後半の部分に還元BOXが映っていますが、

蓋を付けました。右側手前1箇所に7mmの穴が開けてあります。

デニトロゲンの粒が浮遊して出ていくのを防ぎます。

中の落し蓋はそのままです。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

悪いことが続きます。

 悪いことが続きます。

先住のスミレナガハナダイが没になってしまいました。

赤い点が数箇所に付いていました。たぶん、細菌性の病気だと思います。

小さいので病気の初期段階で発見するのが難しいです。

残念ですが、この前、入居した2匹だけになってしまいました。

小さい固体の方は、か弱いので心配です。




そして、


本水槽にも1匹、調子の良くないのがいます。

アズファー(アラビアン・エンゼルフィッシュ)です。

アズファー1_20120824




目に細かな白い点がついています。また、おでこの部分と目の上部が白くなっています。

胸ビレも白濁していますね。



本水槽は何か全体的に調子が良くないような気がします。

アズファーは少しずつ調子が悪くなって来たのですが、ここ2週間で急に悪くなってきたような気がします。水槽底面におでこを擦る仕草をよくするようになりました。

還元BOXと関係あるのでしょうか。

それともクイーンから受けるストレスのせいでしょうか。



ところで、


還元BOXを作り直して3週間、果たして効果は出ているのでしょうか?

硝酸塩を測ってみました。


結果は30~40ppmでした。

硝酸塩20120824




前回は50ppmでしたので、少しは良くなっているようです。

前回と同じなら撤去しようかと思いましたが、もう少し様子を見ます。




問題のアズファーですが、


たぶん、ヒラムシだと思うので、まずは、10分間の淡水浴をしました。

これで8割方、細かな白い点が無くなりました。

このまま、本水槽に戻すわけにも行かないので、薬浴させたいのですが、

うちで薬浴できる水槽といえば、キューブ水槽しかありません。

でも、ゴールデンバタフライとスミレナガハナダイ幼魚がいますし・・・。



なので、


ゴールデンバタフライはバケツに、

スミレナガハナダイたちはサブ水槽に移すことにしました。



アズファーは長くて2週間の薬浴、できれば1週間で本水槽に戻したいと思います。


薬浴中のアズファー、今日の様子
もう一度、淡水浴をした方が良さそうです。






サブ水槽のスミレナガハナダイの幼魚、今日の様子
今のところ、前回のようにスカンクたちが襲うような様子は見られません。







ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

結局・・・

 わき腹に赤い腫れができたゴールデンバタフライですが、

腫れが広がったような感じになったので、

結局、昨晩、海道河童のリング濾材を除くすべてを真水洗浄して全換水しました。



海道河童の洗浄は久し振りだったせいか、

綿フィルターは結構汚れていました。(汗;


擦り傷から良からぬバイ菌が入ったのかも知れません。

今もグリーンFゴールドで薬浴中です。


今日の様子




腫れがちょっと引いたような、ないような・・・微妙ですね。



再餌付けの「アサリ風味フレーク」はまだ1:1.5のままです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

早速、異変が・・・

 前記事で、「調子が良いキューブ水槽」などと

調子のいいことをのたまわってましたが、

早速、異変が現れました。アタフタ



マズイ!


左側面の一部が赤く・・





こ、これは過去の経験からすると、数日で★になる危険な症状では?

それとも、単なる擦り傷?




不明ですが、即、10L50%の換水をして、

淡水浴、

そして、

グリーンFゴールドを規定量の半分投入しました。



案の定、海道河童スキマーは大噴火・・・1Lぐらい出ました。



やることはやったので

あとは回復を祈るばかりです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。