カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

本水槽の地震対策第2弾

 本水槽の地震対策第2弾、ようやく完成しました。

第1弾は、地震の揺れから水槽を守るという視点での対策でした。


そして、


第2弾は、揺れや振動によって水槽がダメージを受けた場合の対策です。

併せて追加補強対策も行ないます。



まず、完成した水槽の外観ですが、

水槽1_20120522





外観上はあまり変わっていません。^^;


水槽台前面の観音開きの扉を撤去して、

替わりに付属していた棚板を6mm穴付きボルトで前面に固定しました。

さらにその上の部分を板で全面を覆うように取り付けています。

これでかなり強度が増すはずです。


中のフィルターをメンテナンスするときは、

板を外します。


ボルトにしたのはタッピングネジよりもかなり着脱が楽だからなのですが、

ナットは埋め込みナットを用いました。

これは前の水槽台で使われていたものを流用しました。

ボルトナット1_20120522   ボルトナット20120522





さて、

本題のもし水槽が割れたり水が漏れた場合の対策ですが、




まず、水槽前面に8mmのアクリルを設置しました。

上からの落とし込みで着脱できるようになっています。

前面アクリル1_20120522

前面アクリル2_20120522



これで水槽の全周を外枠で囲った形になり、2重構造になりました。


溢れたりした水は前面に設けた約4cm×30cmの細長い穴から、

ドレインを通って下に流れ落ちます。



ドレイン

ドレイン2_20120522


分かり難いので仮組み立て時の写真添付しました。

ドレイン1_20120522




そして、


下に流れた海水は下の水槽台の中へ・・・



上半分の扉を外したところです。

水槽2_20120522



下半分の扉も外したところです。

水槽4_20120522



下には水槽台の空間を目一杯使った排水タンクが設置してあります。

前後左右の隙間は1mmです。

タンクの内容量は165Lで、中においてある外部フィルター3個の容積25Lを引けば、

140Lになります。

水槽が155Lですので9割まで水を入れても大丈夫ですが、

今は8割ぐらいしか入れていません。



この排水タンクは、

引き出し式になっています。下に戸すべりテープが貼ってあって意外に軽いです。
内側を入念に塗ったため、外側のペンキが足りなくなりました。(汗;

排水タンク1_20120522



外部フィルターは海水に浸かっても問題ないと思いますが、

念のため、この水槽システム全体に漏電遮断器を取り付けました。

2000円(送料込み)で一番安いものを選びました。^^;

コンセントにつけるタイプなので取り付けは簡単です。

2口の出口があるので配線上ちょうど良かったです。

漏電遮断器20120522




やっと予定していた地震対策がすべて終わりました。

今回の第2弾は、保険みたいなものですが、

出来ればこれは働かないでずーっと保険であって欲しいと思います。



本日付の記事に何とか間に合いましたが、果たして今から読んでくれる人いるんでしょうか?




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

只今、工作中

 本水槽の地震対策第2弾の部品が土曜日にすべて揃いました。

それで、

昨日、今日と工作をしています。

でも、完成までにはもう少しかかります。



たぶん、火曜日ぐらいにはUPできそうな感じです。



ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

本水槽の地震対策、工作三昧

 連休中、外にも出ず、ブログの更新もせず、ひたすら

本水槽の地震対策の工作ばかりしてました。(汗;



まずは届いた木材やアクリル板に穴を開けたり、

仮組み立てたりして、出来上がり具合を確認です。


アクリル板は透明の8mm厚です。
まだ仮組み立てなので保護シールをつけたままです。
下の水槽台はコトブキ製のプロスタイル900Lです。

仮組み立て3_20120503


仮組み立て1_20120503



アクリル板が後ろに5cm突き出ています。
ここにT型不動王を上下に2個取り付けます。
そしてL型アングルを内部につけて補強します。

仮組み立て2_20120503



すべてネジ止めです。

このあと、バラシて塗装しました。色はつや消し黒です。





そして、



魚たちをみんな一端タライへ。



上部フィルター「レイシーRFG-90」を今までと逆に左右反転することにしました。

水の流れ方も左側の吐き出しとなり右の方へ流れます。

なので、魚が左を向く時間が多くなるはずです。ほんと?

この方が何故か見ていて安心します。魚は左向きでなくっちゃ。^^;



ところが、



ポンプ取り付け板のボルトとナットが完全に錆びていて外れません。

悪戦苦闘するも・・・外れません。

おー、左右反転なんて考えるんじゃなかったと思いながら、

とうとう、金ノコでキーコキーコ切断しました。

この間、2時間です。トホホ

そして新しいステンレスのボルトとナットに交換です。



ようやく、


水槽台の上に水槽、さらに上部フィルターを左右反転して載せました。

ここで、上部フィルターを「不動王連結シート」で水槽に固定しました。


そして、



黒く塗装された木枠を水槽の周りに取り付けます。

いよいよ、「T型不動王」をアクリル板に取り付けて壁に押し当てます。スポンジが5mmほど縮んだ状態が良いらしいのでそうしました。



ここで水槽の場所が確定したので、

水槽に水を張り、塩を入れて人工海水を作りました。

これで、ようやく魚たちを入れれるようになったのですが、


まずい! 時間がかかり過ぎです。



魚たちをタライに移してもう半日以上が経っています。

大丈夫でしょうか? 


何とか大丈夫なようですが、

考えてみれば、外した外部フィルターを回しておけば良かったかなと後から思いました。


飼育水と新しい海水を半分ずつ入れたバケツに魚たちを暫らく入れて慣らします。



そして、魚たちを水槽に入れて・・・ついに完成しました。





不動王連結シート
連結シート20120505



T型不動王
1セット2個で150Kgまで大丈夫なのですが、安全を見て2個×2にしました。

本水槽T型不動王20120505



L型アングル・押さえ板・波返し
ちょっと見難いですがL型アングルは下半分で水槽を直接支えるようにしています。
また木片で水槽を上から押さえるのと上部フィルターを固定しています。
フレーム水槽なので3cmのへりがついていますが、さらに3cmのヘリを波返し目的で追加しました。差し込み式です。他のところはガラス板をつけています。
見えないですが前後2箇所ずつ5cm角の免震マットを付けています。

波返し20120505



水槽の全景
吐出口を左にしたのでライブロックの配置も逆にしました。

本水槽201200505



本水槽の動画
全換水したので水が綺麗です。
水の量がちょっと少なかったですね。
魚さんたち、左を向いてる?








この地震対策、実は第2弾を考えているのですが、

どうするか・・・。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

ちょっと心配が残る小型水槽の地震対策

 本水槽の地震対策用部品が揃うまで間が空いたので、

30cmキューブ水槽の地震対策をしました。



今までやってあった対策は、

コンセントやテーブルタップの防水対策程度です。

3.11直後はガラス蓋をしたりしていたのですが、

餌やりのときなど面倒でそのうち外してしまいました。



一番心配なのは、揺れによる水のこぼれです。


なので、


フレームを付けました。差し込み式です。

波返しのヘリの幅は4cmにしました。
材料は3mm厚のアクリルです。(5mmだと加工が大変なので。^^;)
ヘリから上の壁の高さは2cmです。ここにライトスダンドなどが付けられます。

フレーム1_20120501



アクリルカバーをスライド式にしました。

フレーム2_20120501


多少開いていても水はこぼれないと思うのですが・・・。

フレーム3_20120501



奥の方が波に弱そうなのでもう少し手を入れたほうが良いかも知れません。



さて、



次は水槽の固定ですが、

今回は不動王連結シートを使って水槽台に固定しました。

初めて使います。

不動王連結シート
連結シート20120501




貼った場所は、2箇所です。

まず、水槽の右側面の手前側です。

連結シート2_20120501




そして、水槽背面の左側に貼りました。



粘着力は問題無いような気がしますが、

薄いので切れたりしないかちょっと心配です。

本来なら、さらにL型不動王などで壁に固定したほうがいいのだと思いますが・・。


まぁ、完全ではありませんがキューブ水槽はこの辺にして、


そろそろ、一番心配な本水槽の地震対策に入りたいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

| ホーム |


 ホーム