カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく安定してきました。

 スカンクシュリンプの幼生、今日で20日目です。


3日前に生存数が3匹になりましたが、

それ以降は安定して3匹をキープしています。

ようやく没にならない日が続くようになりました。


スカンクシュリンプの幼生20日目





このまま、そーっと続いて欲しいですね。(汗;




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

全滅する前にUPしておきます。^^;

 久し振りにスカンクシュリンプ幼生の話題です。

この前 生まれたスカンクシュリンプの幼生たちは今日で2週間、14日目に

なりました。

もう、3回ぐらい脱皮して、遊泳脚も出てきました。

数は最初200匹以上いたのですが、毎日減少を繰り返して

哀しいかな今はわずか8匹になりました。

たぶん、今後もまだ減少が続きそうなので

全滅する前に一度その姿をUPしておきます。^^;



スカンクシュリンプの幼生 14日目

目の飛び出た大きいのが幼生で、
小さい細かいのが孵化したブラインシュリンプです。


今回の引越しで幼生のいるサブ水槽がPCから離れてしまったので

マイクロスコープが撮り難くなりました。ピント合わせもままなりません。^^;




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

幼生飼育器(改)試しています。

 昨日未明、スカンクシュリンプの幼生が産まれました。

ようやく、以前改造した幼生飼育器を試すチャンスが来ました。^^


幼生飼育器(改)
給水バッファを洗いやすいように分解式にして、
容器内に淀みができないように水流プレートを設けました。
一応、狙ったような水の流れができました。
カメラの動きのような水流になっています。



大きい白い点がスカンクシュリンプの幼生で、細かいのが孵化したブラインです。



中の水流プレートはこんな感じで
水流プレート20130227



給水バッファの片割れと合わせると
給水バッファ20130227
こんな感じです。

こんなのが1Lのプラケースの中に入ってます。
左のBOXに滴下された新しい海水は、徐々に小さい穴から右側に出て行き、
エアーストーンで上昇されゆっくりした右旋回の水流になります。
排水は下を通って容器の左側の小さなメッシュの穴から出て行きます。
黒のアクリルになっているのは、幼生やブラインが下に入り込まないように
光を遮蔽するためです。


もう少し様子をみないと分かりませんが、

今のところ順調な感じがします。^^




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

産まれました。

 スカンクシュリンプの幼生が産まれました。

今回は予定より2日遅れだったので心配しましたが無事産まれました。

400匹ぐらいだと思います。そのうち200匹ぐらいを

捕獲して飼育器に収容しています。


産まれた幼生たち





何せ、久し振りの飼育なので要領を忘れてしまっていて焦りました。^^;

少しずつ思い出しています。


現在、幼生たちはかなり底に沈んでいてピョコピョコしています。

あまり調子が良くなさそうなのでちょっと心配。

今、ブラインエッグを孵化していて明日から与える予定です。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

久し振りの抱卵

 スカンクシュリンプが久し振りに抱卵しました。(^^)


今のチビスカンクとペアーになってからは初めてのことです。

ちょっと量が少なめなのでハッチアウトまで上手くいくかどうか

分かりませんが、今日、幼生の捕獲室を設置しました。

順調にいけば、3~4日後に産卵です。







捕獲室を設置したため、居住部分が狭くなったので

ゴールデンバタフライをトリートメント水槽に移しました。

今は「弱スミレ」と同居しています。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

残念ながら・・・

 期待していた新スカンクさんの抱卵ですが、

残念ながら、ほとんど消滅してしまいました。orz


よ~く見るとまだほんの少し残っているうようですが、

たぶん駄目・・・でしょう。







抱卵して5日目ですが原因は何でしょう?

まだ個体が小さいから?

あと1~2回様子をみたいと思います。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

久し振りの・・・

 スカンクシュリンプ新人さんの抱卵はやはり消滅・・・、

今日脱皮して新たに抱卵しました。(^^)

今回は、まぁまぁ普通の抱卵状態です。


それにしても、久し振りの抱卵です。



抱卵した新スカンクさん
まだ小さな個体ですのでちょっと心配です。
何とか無事ハッチアウトまでいってくれればいいのですが。
予定日は11月1日頃です。










ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

予想に反して

 2匹購入したスカンクシュリンプさんですが、

昨日、1匹が没になってしまいました。orz

前からいたスカンクさんが心配だったので2匹にしたのですが、

予想に反して、新しい方が没に。・・・トホホ

水合わせは慎重にやったつもりなのですが・・・。



追記:
ちょっと気になって、スカンクシュリンプ&複数でググって見たところ、

「ちょっと体調の弱ったものがでると一気に攻撃し、死に至らしめます。」という

記事がありました。今まで3匹以上のスカンクさんを長期間飼育したことが

ないのでよく分かりませんが、今回、消灯までは特に問題なかったのが、

朝になって横たわっていましたので、もしかしたらそうなのかも知れません。




気を取り直して、

残った2匹を撮影しました。


抱卵している1匹が残ったのですが、
抱卵量が少ないので消滅しそうな気配です。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

新人さん

 スカンクシュリンプの1匹が没になってしまいました。

脱皮に失敗してほとんどヒゲが無い状態になって心配していたのですが、

その後、弱ってしまい結局駄目でした。


それで、その後釜のスカンクさんをお迎えしました。

残った1匹もあまり元気そうでないので、

2匹購入しました。


で、サブ水槽の住人は、

ゴールデンバタフライ1匹、スカンクシュリンプ3匹、ヤドカリ4匹、他貝etc

となりました。


サブ水槽の様子
ヒゲがよれて大きいのが先住のスカンクさんです。
お友達になろうと近づきますが新人さんは遠慮しているようです。






新人さんの1匹が、量は少ないですが抱卵しています。

どうなるかわかりませんが様子を見ていきます。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

大失敗

 大失敗でした。

今日で27日目だったスカンクシュリンプの幼生ですが、

残念ながら没になってしまいました。orz


今朝、ライトを点けても姿を見せないので、おかしいなと思ってよく見ると

白っぽくなって沈んでいました。



今回の原因は、間違いなく、海水・・・です。

いつもは1晩以上溜め置きした海水を使うのですが、それを別のことで使ってしまい、

急遽新しい人工海水を作って、昨夜、水換えしました。

で、今朝のような結果に・・・。

1時間ぐらい経ってから使ったのですが、やはり数時間以上経たないと駄目なようです。


大きな魚には耐えられても、幼生にとっては厳しいということですね。



次回、また挑戦します。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

密かに飼っています。

 実は密かに飼っている生体がいます。

何のことはないスカンクシュリンプの幼生です。 ^^;

最初、10匹ぐらいだったので長くは持たないだろうと思ってました。

1週間で1匹になったのでやはりという感じでしたが、

ところが、意外も意外、現在も生存しています。


いつの間にか、今日で22日目になりました。

新しい飼育器では新記録です。



スカンクシュリンプの幼生22日目





あまり期待しないでこのまま育てていきます。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

中々撮影ポイントに来てくれない

 今日でスカンクシュリンプの幼生、7日目になりました。

この暑さが厳しい中、何とか2匹が頑張ってくれてます。



1匹はいつも浮遊。

もう1匹は上がったり下がったりしてます。



何度か撮影しようとしたのですが、中々撮影ポイントに来てくれません。

やっと撮った映像ですが・・・・後半の方で何とか見れます。^^;







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

幼生は熱中症に強い?

 スカンクシュリンプの幼生、今日で5日目です。

今日もまた最高に暑いです。

幼生のプラケースの水温は28.9度まで上がりました。

小さなファンでは焼け石に水のようです。

急遽、サーキュラーファンをサブ水槽とキューブ水槽の両方に当たるように取り付けました。

今、28.4度まで下がってきました。



幼生たちはというと、






意外に元気そうにしてます。^^;

幼生たちは熱中症に強いんでしょうか?





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

夜間照明は必須?

 昨日、新旧飼育法の比較とか言ってましたが、もう終わってしまいました。(汗;

ケース2(人手換水法)が全滅しました。

今朝、幼生たちが一部分に堆積して白っぽくなっていました。




昨夜、何を思ったか、



たぶん大丈夫だろうと思って、夜間照明を点けなかったのです。

あ”-、やはり失敗でした。



負の連鎖は、


照明OFF → 幼生沈下 → 超過密状態 → 酸欠 → 全滅

と、こんな感じだろうと思います。

なので、飼育数が少なければ大丈夫なのかも知れませんが、

大量だとマズイようです。



今まで漠然と夜間照明を点けてきたのですが正解だったようです。



ケース1(自動換水法)は何とか3日目の鬼門を通過しました。

でも、浮遊数はそんなに多くないので安心はできません。








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

新旧飼育法の比較

 今日はここ相模原、暑いです。蒸し暑い! フー!

九州の豪雨被害のことを考えると、こんなこと言ってられないですね。でも暑い。^^;


昨日、スカンクシリンプの幼生が産まれました。今日、2日目です。

数は400匹ぐらいだと思います。



今回は新旧2種類の飼育法を試してみたいと思います。

1つは最近始めた新しい自動換水法で、もう1つは従来の人手による換水法です。

自動換水による方法が、今まであまり良い結果が出なかったので従来の方法と

比較してみようと思います。



今回は病原菌を排除するため、幼生飼育に使う器具や溜め置きの海水を専用にしました。

また、比重を1.022に合わせるように注意しています。



ケース1 自動換水法   200匹ほど
   点滴による給水とサイホンによる排水で自動的に換水を行ないます。
  換水が終われば両方とも自動的に停止します。
  今回は給水バッファを改良しました。飼育スペースを広くするのと
  バッファ内が簡単に洗えるよう分解式にしました。

自動換水20120714





ケース2 人手換水法   200匹ほど
   今まで最長3ヶ月の飼育実績がある方法ですが、人手が介入する分、ミスも
  発生し易いです。もし、今回の比較で自動換水がこの方法に劣らなければ、
  今後は自動換水でいきたいと思っています。
    
   新しい飼育水をいれたケースにペットボトルの底の部分をタライにして浮かべ、
  小さい穴から少しずつ注水して最後には沈めます。自動沈下法と呼んでます。
  新しい海水に古い飼育水を20%ほど混ぜるところを今回入れませんでした。
  そのせいか、暫らく浮遊数が少なかったです。

人手換水20120714





明日が、いよいよ鬼門の3日目です。全滅は避けたいですね。

水温は27.5度あります。ちょっと心配。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

3日目の憂鬱

 スカンクシュリンプの幼生、今日で3日目になりました。


が、生存数は半減、浮遊数は数匹に激減しました。

ほとんどが底でピョコピョコしている状態です。



2日目まではかなり好調に見えましたが・・・、

やはり、3日目に一つ鬼門があるようです。



気になる点としては、

昨日入れたブラインシュリンプがほとんど見当たらないことですが、

みんな捕食されたのでしょうか? それとも死滅?

ブラインの死骸は見当たりません。小さいから見えないのでしょうか?

こんなことは初めてです。



今回の原因は、ブラインが見当たらないことと関係があるような気がします。

もしかして、院内感染?




と、この記事を書いているうちに、

浮遊している幼生がほとんどいなくなりました。orz

今回は(も)諦めの様相です。トホホ





ではまた。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

今日未明

 今日未明、スカンクシュリンプの幼生が産まれました。


数は800匹ぐらいだと思います。

その内、収容したのは3~400匹ぐらいです。

1Lの容器なのでちょっと多過ぎかも知れません。ついつい欲張ってしまいます。


幼生の様子





今回の飼育方針は

・2日に1回、容器とブラインシュリンプ替えをする。

・最初の1週間はできるだけ水換えの回数を多くする。

・新海水の比重を1.022に正確に合わせる。


です。





ところで、



左わき腹に赤い腫れができたゴールデンバタフライですが、

腫れが引いてきました。


今日のゴールデンバタフライ





やはり、清潔な環境が魚たちには一番のようです。

このまま、治って欲しいものです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

とうとう最後の

 スカンクシュリンプの幼生、今日で20日目になりましたが、

とうとう最後の1匹になりました。

しかも浮遊していません。底でバタバタしてます。(汗;

もうそろそろ諦めざるをえないようです。


幼生20日目
容器替え時の幼生(ちょっと見難いです)






今回の飼育で気になる点は、

途中で容器替えを2日に1回にして、餌となるブラインシュリンプの総量を減らしたのですが、最初は3日に1回でした。

この時に底の汚れが酷くアンモニア濃度が少し高かったかも知れません。

次回は最初から2日に1回の容器替えでいってみたいと思います。




スカンク1号は現在抱卵中で、予定日は来週6月30日です。

まだ何とも言えませんが。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

幼生15日目、何とかキープ

 今日で幼生は15日目となりました。

生存数は一昨日と同じ3匹を何とかキープしています。



まだはっきりとは言えませんが、

与えるブラインシュリンプの数を制限しているのが功を奏したのかも知れません。


幼生15日目
遊泳脚が出てきました。





2日に1回のブラインシュリンプ投与を続けます。




スカンク1号の産卵は残念ながら失敗に終わりました。

また次回に期待したいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

バランスの取れた比率?

 幼生たちは、今日で13日目となりました。

生存数はさらに減って、なんと3匹です。 ま、まずい!

先週と同じような比率で順調?に減少しています。



何がまずいのでしょう?



昨晩、2日振りに容器替えをしたのですが、底に結構汚れが溜まっていました。

ブラインシュリンプの糞のような気がします。


ブラインはクロレラを食べますし、幼生はクロレラもブラインも両方食べます。

なのでブラインとクロレラを多くすると必然的に糞が増えるのだと思います。

幼生ではなく、ブライン飼育になってしまいます。

クロレラ、ブライン、幼生のバランスの取れた比率ってあるんでしょうか?



たとえ幼生が1匹でも最低限のブラインの密度は必要そうですし、

クロレラも同じことがいえます。

ブラインは光によって集まる具合にも関係しそうです。

こう考えると、どうもバランスの取れた比率というのは無さそうです。

ブラインはあくまで幼生の餌なので必要以上に多くないほうが良さそうです。




今回の飼育システムは、

容器替えをしない限り、ブラインがどんどん溜まっていきます。

なので、ブラインの密度が上がらないように、

2日に1回の容器換えに合わせて、2日に1回の孵化にしてみたいと思います。





マリンクロレラアルファは2日前に届いて、今はこれを使っています。

かなり緑色が濃いです。濃縮淡水クロレラと似たような濃さです。1mLでも緑っぽくなります。

クロレラ1_20120614


クロレラ2_20120614




そろそろ、スカンク1号の産卵が近づいています。

もし、うまく捕獲できればまた新しい幼生を追加したいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

どんどん減っています

 スカンクシュリンプの幼生、今日で9日目です。

生存数がどんどん減っています。


昨日8日目で容器替えをしたときの生存数は、11匹でした。

4日目が60~70匹でしたから、この4日間での生存率は18%ぐらいです。



う~ん、かなり低いですね。

以前は50%以上ありましたから。



動きもあまり活発でないような気がします。

何ででしょう?


ちょっと気になるのは、


1)排水孔が5mmほどの穴なのですが、メッシュはあるものの外の水槽飼育水と通じています。今回は居残りの幼生たちが2日目で全滅したので気になります。

2)今までDT’sマリンフィトプランクトンだけ添加してきたのですが、濃度が薄かったかも知れません。最初は2mLの添加でした。2日前から5mLにしましたが。




1)は、排水時だけ開けられるように蓋をつけました。^^;

2)は、マリンルートワンのマリンクロレラアルファを注文しました。たぶん火曜日に到着します。


これらの対策をしてまた様子を見ることにします。




今日9日目の様子







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

幼生4日目、かなり減

 スカンクシュリンプの幼生、今日で4日目になりました。


生存数は、たぶん60~70匹ぐらいだと思います。

最初は200匹ぐらいでしたから、かなり減りました。



今日までを振り返ると、



当たり前ですが、初日はみんな元気に浮遊していました。

2日目はほとんどが底に沈んだ状態に。

3日目に孵化したブラインシュリンプを与えたせいか、

かなりの数が浮遊するようになりました。

この間、1日に2回1.5Lを自動換水しています。

新しい海水の中にはDT'sマリンフィトプランクトンを2ml投入しています。


3日目の幼生たち



3日目の幼生たち
マイクロスコープで撮影





そして、



今日、飼育器の底の掃除のため、初めて容器換えをしました。

底にはかなりの死骸が・・。

★になったのは脱皮に失敗したのでしょうか。

それとも、3日目に容器換えをしていれば、ある程度防げたのでしょうか・・分かりません。



今回は3日目になって初めてブラインを与えたのですが、

初日から与えた方が良かったかも知れません。

どうも上からの光がブラインの動きで変化して、それを幼生たちが感知して活発になるような気がします。




4日目の幼生たち
マイクロスコープで撮影
4日目なのに何故かまだ変態していない幼生が多いです。







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

久し振りに産まれました。

 今日未明、久し振りにスカンクシュリンプの幼生たちが産まれました。


産まれた数はたぶん600匹ぐらいだと思います。


そのうち200匹ぐらいを飼育器に収容しました。






前回の自動飼育器をそのまま使っています。

今回は掃除のための容器換えを3日に1回のペースでやってみようと思います。


果たして上手く育ってくれるでしょうか?





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

次の作戦

 昨日の記事にも書いたのですが、幼生がちょっと弱々しいです。

気になっていることが一つあります。


どうも、クロレラの濃度が薄いような気がします。

常時、飼育水を滴下しているので、比較的早めにクロレラが流れ出ているのだと思います。




これを解決するには、


一定量を滴下したら、それを止めればいいのですが、

どうせなら、次の作戦に行きたいと思います。



「新しい海水を一定量滴下して、水槽の飼育水を一定量排出する」ようにします。



こうすれば、自然とサブ水槽の飼育水も換水していることになるので一石二鳥です。




新海水の滴下と飼育水の排水

プラケースに新海水を入れ、クロレラも添加しておきます。
給水バッファはあまり意味が無くなりましたが、
新海水の温度差を吸収してくれるでしょう。
排水は水槽の水面とプラケースの高さを合わせることで自動的に停止します。
新海水のケース、危ないですね。良い子はマネしないでくださいね。








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ

幼生6日目、初めての交換

 幼生は今日で6日目です。初めてプラケースの交換をしました。


今まで底の掃除は一度もしていません。

なので、茶コケやブラインの卵の殻なので汚れています。


最初の数日間は白くなった幼生の死骸が見えたのですがその後何故か見えなくなりました。

今日新しい容器に交換して生存数も確認してみました。


生存しているのは8匹ぐらいで、

浮遊できそうなのが4匹ぐらいです。



幼生6日目
よく見ないと見えません。^^;
いつもの幼生に較べるとちょっと貧弱なような気がします。気のせいでしょうか。







スカンク2号が今週末に産卵する予定ですで、産まれたらここに追加したいと思います。

抱卵している量は半分ぐらいなのであまり期待は出来ませんが。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

紅藻と岩ガキ

 今日でスカンクシュリンプの幼生4日目です。

初日の点滴停止が祟ったのか、生存数は4~5匹です。

今日、孵化したブラインシュリンプを投入しました。

そして、余ったブラインを水槽の中にも投入しました。





ところで、


サブ水槽に新しく投入した生体がいます。

生体といってもお魚さんではなく、

紅藻3種、岩ガキ2個、ヤドカリ8匹、苔取り貝3個です。

今回は「横海老屋」さんから購入しました。

アナアオサも欲しかったのですが、残念ながら、今回は入手できませんでした。

そのせいか、色々おまけが付いていました。

岩付き紅藻を頼んだら土台が岩ガキでした。それも1個余分に。

水を綺麗にしてくれるかなと期待しています。


ヤドカリも多く入ってましたし、

あと、頼んでないのですが、苔取り貝、アマモ1束、ヨコエビも入っていました。



ヤドカリは安かったのでつい買ってしまったのですが、ちょっと失敗かも。

うちはすべての水槽がベアタンクなのです。見てると何か歩きにくそうです。^^;

アマモも折角入れてもらったのですが、砂がないのです。

ヨコエビは嬉しかったのですが、何と水温合わせに失敗しました。全滅です。

たぶん、急激な温度変化だと思います。

バケツに浮かべて水温合わせをして、袋を開けた段階で全滅でしたから。

ちょっと軽率でしたね。

ヤドカリや岩ガキは大丈夫だったので、ヨコエビは結構シビアーなのかも知れません。


紅藻と岩ガキ
カキが大きく口を開けています。突くと閉じるので生きているようです。^^;
紅藻だと暗い水槽が余計暗くなりますね。アオサが欲しかった。






紅藻はサブ水槽に入りきらないので、本水槽にも入れました。

ヤッコたちはたまーにむしってますが余り好きでないようです。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

早くも改造

 昨日、新兵器の自動幼生飼育器を使い始めたのですが、

早くも2ヶ所改造しました。



下が改造した写真です。

どこを改造したか分かるでしょうか?

 Before                     After
飼育器Before_20120408 自動幼生飼育器20120408



一つ目は、給水チューブの絞りですね。

前のタイプはチューブの弾力のせいで微妙な調整が難しかったです。

その時は良くても数時間後に止まったり。^^;

それで独立した絞り器に換えました。これで滴下が安定しました。




二つ目は、給水バッファの大きさです。

昨日、ここにクロレラを滴下したのですが、

それから数時間の間、幼生の調子が悪くなりました。

ほとんどの幼生が沈んでしまったのです。

以前にも急な換水をしたり、クロレラを直接滴下したりしたときに、

似たようなことがありました。


それで、給水バッファの容量が小さいと判断して

内容積を大きくしました。 何と5倍です。

これでクロレラの濃度が5倍に薄まり、

クロレラが外に出ていく時間も5倍になるので、

相乗効果で25倍緩やかに拡散することになります。 ん? 違うかな??




で、今すでに半分くらいの幼生が沈んでいます。(汗;

大丈夫でしょうか? orz




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ

生まれました~

 スカンクシュリンプの幼生、本日未明に生まれました。

前回は生まれる直前に脱皮してしまい失敗だったので、

ちょっと心配したのですが、無事、生まれました。



数はそんなに多くなく、300匹ぐらいだと思います。

150匹ぐらいをプラケースの自動飼育器に収容しました。







生まれて半日経ちました。

与えているのはDT'sマリンフィトプランクトンとマリンクロレラアルファだけです。

4日目ぐらいから孵化したブラインシュリンプを与えてみようと思います。


植物プランクトンを両方同時に与えているのでどちらがいいのかは分かりませんが、

マリンクロレラアルファの方が色が濃いので与えている気分にはなります。


数日前から水槽内にも添加してきたのですが、

捕獲室にワラワラが出てきました。凄い効果ですね。



捕獲室に居残った幼生ですが、

何故か今数匹しかいません。 どうしたのでしょう?

ワラワラに食べられたのでしょうか? う~ん、良く分かりません。


あと、捕獲室に入れる海藻は明日届きます。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ

幼生の自動飼育装置

 以前より構想を暖めていた新兵器・・・完成しました。


名づけて「幼生の自動飼育装置」・・・そのまんまです。(汗;


幼生飼育の大敵は、


「アンモニア中毒」、そして「人為的ミス」です。



兎に角、幼生飼育は神経を使います。 それを5ヶ月続けなければなりません。

前回は3ヶ月で遭えなくダウンしてしまいました。

今回も同じ方法では精神的に持ちません。



それで何とか人の負担を減らせないかという・・・要は、

楽をして幼生を育てようという邪まな魂胆です。^^;



さて、



その全容ですが、


幼生の自動飼育装置
1Lのプラケースを親スカンクのいるサブ水槽にハングオンして、
外掛けフィルターからチューブで取水して滴下します。
古い飼育水は左側のメッシュ部分から水槽に排出されます。
動画の右側に映っているのが幼生の捕獲室です。





水の流れ
チューブからの飼育水は一端給水バッファに滴下されます。
ここでクロレラと混ざり、徐々に幼生の飼育室に排出されます。
ウッドストーンはエアーレーションというよりも緩やかな循環流を作るために
設置してあります。古い飼育水は排出口より水槽に出て行きます。
約1秒に1回の滴下で4時間に1Lの注入となり12時間でほぼ水が入れ替わります。

自動飼育装置20120401



今回使うクロレラとして2種類用意しました。

1つはkeiさんも使っているDT'sマリンフィトプランクトンで、

もう1つはマリンルートワンのマリンクロレラアルファです。

この2つを使ってサブ水槽全体をプランクトンリッチな環境にしたいと思っています。

給水バッファに入れたクロレラも最終的に水槽に流れ出ていくので効率的なはずです。



そして、



次回の産卵が無事終了して幼生をプラケースに収容したら、

捕獲室に海藻とプランクトンを入れてリフジウムにして、

次に生まれる幼生もここで育ててみようと思っています。



一番の懸念点は飼育水を使うということですが、

過去のテストでは飼育水が適さないという結果は得られていないので、

今回は殺菌もしないで現状の飼育水をそのまま使ってみたいと思います。




スカンクシュリンプ1号は抱卵して1週間経ちました。

今のところ順調です。そして、

2号も昨日抱卵しました。調子が上がって来たようです。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

久し振りに・・・

 スカンクシュリンプ1号が久し振りに抱卵して、

今のところ順調に来ています。 今日で3日目です。


今までも何回か抱卵したのですが、何故か

数日で徐々に消滅してしまいました。



偶然かも知れませんが、

ライブロックのウミケムシが元気に活動するようになって、

スカンクさんの抱卵も調子が良くなって来たような気がします。



ウミケムシがライブロックにトンネルを掘ることで、

スカンクさんの卵の発育に必要な成分が放出されるのでしょうか?

それとも単に、スカンクさんにもウミケムシにも快適な環境になった・・ということなのでしょうか?


いずれにせよ、


今回は何となく順調にいけそうな気がします。

スカンク抱卵3日目





ということで、


そろそろ


今度挑戦する幼生の新しい飼育法の準備に入りたいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。