カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

残念ながら・・・

 残念ながら、最後の1匹だった第3幼生が没になりました。

昨日、不注意でペットカップのヘリに当たるように流れ出たので、

気になっていましたが、今朝、動きが無いので確認すると白っぽくなっていました。

残念ですがこれで幼生飼育は一端終了します。



親スカンクさんは今のところまだ抱卵していません。

ゴールデンバタフライとの同居が原因かなと思って別々にしたのですが、

原因は他にあるようです。


何でしょう?


この前、ウミケムシ退治のためライブロックを淡水浴させたのが拙かった?

ライブロックのローテーションでもしてみましょうか。



ところで、



ポップアイのゴールデンバタフライですが、

薬餌療法をしてから6日目になりました。

目全体の腫れが少し引いたような気がしますが、

大幅な改善は見られません。

1週間経ったら一端薬は止めて、さらに1週間後に再開したいと思います。

その時にグリーンFゴールドの薬浴を併用するかどうか検討しています。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

上手くいかない×2

 一昨日、スカンク1号が脱皮しました。


そのあと、抱卵してくれるかなと待っていましたが結局駄目でした。

ゴールデンバタフライと同居させてから、抱卵が上手くいきません。



何かストレスがあるのでしょうか。

同居そのものによるストレスか、アンモニアの硝化作用がギリギリか、



仕方ないので、



同居は諦めて、ゴールデンを

サブ水槽から、キューブ水槽へ移すことにしました。

キューブ水槽では幼生を飼育しています。


昨晩、移したのですが、ここでも上手くいかないことが・・・。



先住の「ネッタイスズメ」がやたら攻撃を仕掛けます。

一晩経ってもまだ攻撃しています。^^;






これではポップアイに罹っているゴールデンバタフライの療養になりません。

反って、新たな病気を併発することに。



う~ん、もう少し待てば仲良くなるのかも知れませんが、


ま、

無理に同居させる必要もないので、

ここはネッタイスズメを本水槽に移すことに。



奇しくもバラバラになった3ヒキのネッタイスズメは本水槽で再会することになりました。

また、戦争が始まらなければいいのですが・・・。



想定される最悪のシナリオは、

「ネッタイ戦争」 → 「水槽内全面戦争」 → 「白点病の蔓延」 → 「魚全滅」

今夜は心配で眠れそうにありません。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ チョウチョウウオ

またもや、ドヒェー!

 またもや、ドヒェー!なことが起きました。


今日、水換えのとき、何やら白っぽいものが・・・。

もしかしたら、あの眼が折れた幼生


で、



取り出して見ると、

幼生72日目20120223



む、む、む、眼が折れた幼生でない方が没になってます。

どうも脱皮に失敗したような感じです。



それで、


眼が折れた幼生はというと、





あ、あれ? 眼が折れてません。

心なしか眼の間隔が狭いような・・・。

2匹とも脱皮したようなのですが、


ム、ム、ム、・・・。


あれー! よく分からなくなってしまいました。



没になった個体はもうポイしたので調べようがありません。

流れからすると、片目が折れた幼生が没になったと考える方が、

自然のような気もするのですがよく分かりません。(汗;



いずれにしても、最後の1匹になってしまいました。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ 幼生

ドヒェー!眼が・・・

 タイトルをご覧になって、


ポップアイを患っているゴールデンバタフライに、

異変が起きたのでは・・・と思われた方、ごめんなさい。

ゴールデンは餌をよく食べて元気です。ポップアイは相変わらずですが。




問題が起きたのは、



第3幼生の1匹です。



あの飛び出た眼の1つが、・・・折れたようです。





もしかしたら、飛び跳ねたときに眼が底面に当たったのでしょうか?


もう1個の眼は大丈夫なのでしょうか?

大事にしてください。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ 幼生

食べ物の恨み?

 スカンクシュリンプさんとゴールデンバタフライを同居させてから、

スカンクさんの調子があまり良くありません。



昨日、スカンク2号が抱卵したのですが、今日また消滅しました。

相性が良くないのでしょうか。

そういえば、最近、スカンクさんがクリーニングをしているのを見たことがありません。

クリーニングしようとする仕草さえも。

何か嫌っているようにも見えます。^^;

ゴールデンに餌をとられて、食べ物の恨みというやつでしょうか?




少し様子をみます。




幼生は変わりありません。

第3幼生が2匹(67日目)です。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ

捕獲室の設置

 この前、スカンクシュリンプが抱卵していたのですが、


いつの間にか消滅してしまいました。 たぶん、

ゴールデンバタフライを同居させてから、自分たちの餌が横取りされたりするので

落ち着かないのだと思います。


何はともあれ、捕獲室を設置することにしました。

抱卵してからだと、また驚いて脱卵しかねません。



今回はゴールデンバタフライがいるので、

居住スペースを確保するために、捕獲室をできるだけ狭くしました。

水槽の右側が捕獲室です。






ゴールデンのポップアイはこれ以上は無いくらいに膨らんでいます。

もう、慢性的なポップアイといえるのかも知れません。

でも食欲は旺盛で、眼が痛々しい割には不思議なくらい元気です。




今まで幼生の捕獲は、幼生が生まれる夜間は外掛けフィルターをOFFしていました。

でも今回はゴールデンバタフライがいるのでそういう訳にもいきません。

なので、

フィルターの流量をMINにして吸込み量を少なくして、

さらに流量抑制プレートもつけて水槽内の流れを抑えています。

チョウチョウウオも水流が弱いのを好むので調度いいです。


でも、前回みたいに大量の捕獲は・・・ちょっと望めません。



まずは、抱卵してくれないと・・・。




追記

第4幼生の1匹が没になり、残りは第3幼生2匹になりました。

                第3幼生   
               (65日目)
 ケース6    ・・・     2匹  






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : チョウチョウウオ スカンクシュリンプ

残念ながら・・

 スカンクシュリンプ幼生、今日で97日目のはず・・・でしたが、


残念ながら、没になってしまいました。

今朝、姿を見せないので恐る恐るカバーを外してみると、

白っぽい物体が・・・やはり、幼生でした。

生存数は96日でした。



前の脱皮で遊泳脚が6本全て無くなって再生を待っていたのですが、

結局、願いは叶わず、応援してくださった皆様には申し訳ないですが、

残念な結果になってしまいました。


遊泳脚が無くなってハンバーグを捕食しなくなりましたが、

浮遊してブラインシュリンプを食べているように見えたのですが・・・。

遊泳脚が必須かどうかはまだ分かりません。




残った幼生たち

                第3幼生     第4幼生
               (60日目)    (45日目)
 ケース6    ・・・     2匹   +   1匹






ケース4のスペースが空いたので、

暖めていた新しい飼育法を試してみたいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ 幼生

シンクロナイズドスイミングがお得意?

 幼生たち、シンクロナイズドスイミングがお得意?なようです。






背泳ぎで万歳してしっぽの方に泳ぐのが得意技です。



ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ 幼生

大丈夫?

 幼生飼育は一寸先は闇ですね。


一昨日、91日の幼生の元気な姿を紹介したばかりですが、

その後、脱皮があって、何と、

あの尻尾の四つ星が2つに、

そして、

長い遊泳足2本と短い遊泳足4本も、

全部 無くなってしまいました。(汗;



大丈夫?なのでしょうか。



脱皮が上手くいかなかったのでしょうか。


遊泳足の付け根付近はどうなっているのでしょう。
久し振りにマイクロスコープで撮ってみました。
不透明なプラケースなので見難いですが、結構細かい脚がたくさんあります。

93日目





2日前はこうでした。







今のところ、元気そうですが、

餌はちゃんと取れるのでしょうか?

遊泳足は無くても逆さまの姿勢を保ったまま上下動は出来ますし、

動作に支障は無いような気がします。

でも、大きい餌のお持ち帰りはできませんが。



元々、遊泳足は何のためにあるのでしょうか?

最近思うのは、本体を守るための外敵に対する「目くらまし」ではないかと。

なので、簡単に取れるようになっている?



稚えびになるのはまだ2ヶ月も先の話ですから、

今後の脱皮で再生するかも知れません。

もしそうなら、その様子を記録したいと思います。


でももしその前に没になってしまったら、ごめんなさいということで。(汗;





今日の幼生の数

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (93日目)   (56日目)   (41日目)
 ケース4    ・・・  1匹

 ケース6    ・・・           2匹   +   2匹 



第3幼生が1匹没になりました。

段々、寂しくなっています。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : スカンクシュリンプ 幼生

四つ星

 今日でスカンクシュリンプの幼生、91日目になりました。


記念撮影をして気付いたのですが、

しっぽの赤い模様が2つずつの四つになっていました。


今までは2つだったはず。

いつからでしょう?

今回の脱皮でそうなったような気がします。



四つ星しっぽ







生存数は次のとおりです。


             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (91日目)   (54日目)   (39日目)
 ケース4    ・・・  1匹

 ケース6    ・・・           3匹   +   2匹 








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

最後の1匹

 スカンクシュリンプの幼生は今日で86日目ですが、

とうとう最後の1匹になってしまいました。


3匹いたのですが、1週間ほど前に弱っていた1匹が没に・・・、

そして一昨日1匹が没に。のこり1匹です。



アシナガスジエビの場合は2週間ぐらいで、

幼生から稚エビになってくれたので簡単でしたが、

スカンクシュリンプの場合は5ヶ月くらいかかるらしいです。


おー、まだ2ヶ月もあります。

なのにあと1匹、・・・う~ん、難しそうですね。





生存数

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (86日目)   (49日目)   (34日目)
 ケース4    ・・・  1匹

 ケース6    ・・・           3匹   +   3匹 





最後の1匹









ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

運命?

 幼生たちの減少が止まりません。



生存数
             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (74日目)  (37日目)   (22日目)
 ケース4    ・・・ 4匹(5)

 ケース6    ・・・           4匹(4)

 ケース7(3L) ・・・                    17匹(56)
                               ( )内は前回の数



第2幼生が1匹減ってしまいました。・・・orz


そして、


第4幼生は大幅に減ってしまいました。・・・オロオロ

最終的にはやはり数匹になる運命なのでしょうか?



ケース7は数が減ってしまったので、

ケース6と7を、ケース6に統合しました。

これで換水量が減って少しは楽になります。^^;




追伸

ゴールデンバタフライはまだバケツ生活を送っています。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

簡単な報告

 スカンクシュリンプ幼生たちの簡単な報告です。


生存数

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (71日目)  (34日目)   (19日目)
 ケース4    ・・・ 5匹(5)

 ケース6    ・・・           4匹(5)

 ケース7(3L) ・・・                    56匹(121)
                               ( )内は前回の数



第2幼生の数は変わらずです。
最近、脱皮の回数も少なく、あまり大きくなってないような気がします。

以前は長くて立派だったヒゲも何故かよれよれです。^^;
いつも逆立ちして頭をつけているせいでしょうか?

水換えの後に海水魚用ハンバーグをあげると、
集まって来てできるだけ大きいのを抱えてお持ち帰りします。^^;



第3幼生は1匹減です。
残っている4匹は今のところ元気そうです。


第4幼生はかなり減りました。
前回15日目に対する生存率は46%で少し低いです。





ところで、



ケース7の水温ですが、

遠赤外線ヒーターの熱線が当たると、

海水が直接暖まるようで水温が上がります。

放っておくと1度くらいは上がりそうです。

当たり前といえば、当たり前ですね。



なので、


ヒーターをつけるときは遮光しています。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生生存率のまとめ

 今日でスカンクシュリンプの第2幼生、67日目になりました。


生存数に変化がありました。


             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (67日目)   (30日目)   (15日目)
 ケース4(1.5L)  ・・・ 5匹(6) + 5匹(8)

 ケース6(1.5L)  ・・・                   24匹(42)

 ケース7(3L) ・・・                    97匹(164)
                               ( )内は前回の数


第2幼生は1匹減。
  現在1匹が頭の先のヒゲの部分に脱皮の殻が絡んでいてもがいています。
  ちょっと心配。頑張ってください。

第3幼生の3匹減は、行方不明。
  昨日2匹、今日1匹、跡形もなく消えていました。(汗;
  
第4幼生は、毎日少しずつ減り続けています。
  11日目に対する生存率は、ケース6:57%、ケース7:59%でした。




今まで調べた生存率をまとめると、

               3日目     7日目  11日目  15日目
  ケース6(1.5L)  213匹(142/L)  58%  34%  57%

  ケース7(3L)    866匹(288/L)  57%  33%  59%



特徴としては、

1.最初の収容数が、1L当り140匹でも、2倍の280匹でも生存率はほぼ同じ。

2.大雑把に考えると、1日当り15%ぐらい死滅する。
  自然減と考えてもいいのかも知れません。
  ただ、7日目から11日目までの間の生存率は低い。



これで生存率のテストは一応終わりということにしたいと思います。




それで、



ケース6と7は、ケース7に統合して、

そして

行方不明が多い第3幼生はケース6に移しました。

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (67日目)  (30日目)   (15日目)
 ケース4    ・・・ 5匹 

 ケース6    ・・・           5匹

 ケース7(3L) ・・・                    121匹



果たして、行方不明は止まるのでしょうか。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

激減

 第4幼生、今日で11日目です。


前回7日目から4日経ちましたので同じように生存率を測ってみました。


まずは、


生存数ですが、

             第2幼生    第3幼生     第4幼生
             (63日目)  (26日目)   (11日目)
 ケース4    ・・・ 6匹   +  8匹

 ケース6    ・・・                  42匹(124)

 ケース7(3L) ・・・                 164匹(493)
                           ( )内は前回7日目の数

    第3幼生と第4幼生の区別がつき難くなってきました。
    なので、第3幼生をケース4に移しました。



数はかなり減りました。


前回7日目に対する生存率は、

ケース6    42/124= 34%

ケース7    164/493= 33%


またもや、ケース6と7は同じような生存率になりました。

ケース6とケース7の7日目の幼生密度は下記のようでしたので、
     ケース6  124匹/1.5L =  83匹/L
     ケース7  493匹/3L   = 164匹/L


幼生密度は2倍くらい差があります。
それにも拘らず生存率は同じくらいになりました。
幼生密度よりもっと大きな要素が大量の死滅に関係していそうです。

何でしょう?

大量飼育による水質の悪化であれば、ケース7の方が、

生存率が下がってもいいと思うのですが、そうではないようです。

固体差による自然減なのでしょうか?

共食い?

餌が適切でない?



元気だった幼生たちが僅か数日で大量死するのは、

自然減でないような気がしますし、

共食いであれば、

幼生密度が2倍のケース7の生存率が低くてもいいような気がします。



また調べてみたいところですが、

今は、ゴールデンバタフライがサブ水槽で療養中なため、しばらくはお休みです。


ところで、


スカンクさん、ようやくクリーニングの仕事を少し始めました。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

微妙な結果

 第4幼生、今日で7日目です。

今回は異常な突っ込み現象を防ぐため、半透明な容器で育てました。

果たして、生存率は上がっているでしょうか?


早速、生存数のカウントをしてみました。




1時間後、


結果が出ました。


生存数


            第2幼生    第3幼生     第4幼生
            (59日目)  (22日目)   (7日目)
 ケース4    ・・・ 6匹

 ケース6    ・・・         15匹 +  124匹(215)

 ケース7(3L) ・・・                 493匹(866)

 居残り組     ・・・                  全滅



3日目に対する生存率は、

ケース6    124/215= 58%

ケース7    493/866= 57%



前回は、
ケース6(1L)   ・・・35%
ケース7(3L)   ・・・54%



今までと較べれば良い結果ですが、70%ぐらいを期待していたのでちょっと残念。


ということで、


半透明な容器の効果は、「絶大」ではなく、「まあまあ」という微妙な結果になりました。


3日目から7日目までの4日間で40%ぐらいの減少は、自然減で仕方ないのかも知れません。




さて、


幼生は現在3.5mmぐらいですが、


1週間で1mmぐらい成長します。


このまま同じ容器でいけるのでしょうか?


幼生の成長よりも自然減の方が強ければ、

容器の大きさの心配はしなくても良いのですが・・・。



4日後に、再度、ケース6と7の生存率を見てみたいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

波乱の幕開け

 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。




さて、今年最初の記事は、「順調です」と、



書きたかったのですが、



波乱の幕開けとなってしまいました。




第2幼生は今日で57日目ですが、

昨日1匹、そして今日1匹が没に、そして何故か1匹行方不明に。

一気に3匹減となってしまいました。(涙;

残り6匹です。


原因不明です。


ここ最近変えたことといえば、幼生をスポイトで吸う方式から、

小さなカップで掬う方式に変えましたが・・。

取り扱いが乱暴だったでしょうか?

はたまた、ブラインシュリンプが少なかったのでしょうか?

原因が不明だけに不安が残ります。





第4幼生1000匹は5日目ですが、それなりに順調です。

(本当はこの記事だけにしたかった・・・。う、う、う・・。orz)



前回も5日目までは順調で、7日目には激減していたので、

まだ何とも言えませんが。



ただ、前回みたいな異常な突っ込み現象はないので少し期待しています。

自動沈下するカップの中の幼生(5日目)








ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

数えました~。

 今日は大晦日で、「数えました」と言えば、

除夜の鐘か、カウントダウンでしょうか。

それにはまだ時間が早いですね。


今日は第4幼生、3日目で、1年の締めですので頑張って数えました。

気の遠くなるような作業でしたね。(汗;

大晦日にこんなことやってる人間って私だけ?



そんなことは兎も角、



結果ですが、



            第2幼生    第3幼生     第4幼生
           (55日目)   (18日目)    (3日目)

 ケース4    ・・・ 9匹

 ケース6    ・・・         22匹   +   213匹

 ケース7(3L) ・・・                   866匹

 居残り      ・・・                   約150匹





第2幼生はそのまま同じです。

第3幼生はかなり減りました。
あと1週間もすると第4幼生と見分けが難しくなりそうです。

第4幼生のケース6は予想したとおりの数でした。一番元気でほとんどが浮遊しています。

ケース7は、予想以上に多く800匹を超えていました。
少なめに数えているので、実際はもっと多いと思います。
数が多いのでかたまりになり易く、大量死する危険がありそうです。
ケース6もそうですが、ほとんどが一次変態を終了して眼が飛び出ています。

居残り組みは数が半減しました。
 メッシュに吸い込まれて張り付いてしまったことが原因です。
今はエアーリフトをかなり絞りました。でも、あまり弱くすると、
外掛けフィルターの水流との関係で隔離室から出てしまうので調整が難しいです。

 また、この幼生たちはまだ変態が終わっていません。
広い水槽空間で餌を効率よく与えるのは難しいですね。
やはりここは一時的な捕獲室と考えた方が良さそうです。





今年もあと4時間ほどですね。

色んなことが起きた激動の1年でした。

お忙しい中、拙いブログにご訪問くださり、また応援して頂きありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

1000匹の様子

 今日で第4幼生、2日目です。


ケース6、ケース7、居残り組、合わせておよそ1000匹の幼生は今のところ順調です。

水換えのときに死骸があるかどうか見ているのですが、ほとんど無い状態です。

うまく新しい環境に馴染んでくれたようです。



今日は、ケース6とケース7を撮影してみました。

前回、容器の隅のラインに突っ込むように群がっていた現象は、

今のところ見られません。何か良さそうな感じがします。


ケース6(約200匹)
時々映るの大きいのは第3幼生17日目です。




ケース7(約600匹)





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

過去最多の産卵数

 今日未明、幼生たちが生まれました。

過去最多の産卵数です。たぶん、1000匹以上いると思います。


想像以上に多かったのでどうするか迷ってしまいました。^^;



予定を変更して次のように収容しました。



            第2幼生    第3幼生     第4幼生
           (53日目)   (16日目)    (1日目)

 ケース4    ・・・ 9匹

 ケース6    ・・・        約30匹   +  約200匹

 ケース7(3L) ・・・                   約600匹

 居残り      ・・・                   約300匹




無謀にもケース7に600匹も入れてしまいました。予定の2倍です。

ケース6と7の幼生たちはほとんど底に沈んでいます。

ピョコピョコ動いてはいますが。

収容の仕方が拙かったかな?



結局、サブ水槽にそのまま残した居残り組みの幼生たちが一番元気です。

ほとんどが元気よく浮遊しています。

サブ水槽の捕獲室






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生たちの上空映像

 今日、水換えのときに幼生たちを上空から撮影しました。


自動沈下するカップで水合わせ中の幼生たちです。



スカンクシュリンプの幼生51日目
遊泳足の足袋の部分が縞模様になっているのが1匹います。





オトヒメエビの子供と言われても納得してしまいそうです。^^;




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします




テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

次の準備

 第2幼生は今日で50日目になりました。

残念ながら、昨日、ケース5の1匹が没になりました。これで残り2匹です。



次の幼生の準備のため、


第2幼生はケース4と5をケース4に統合し、第3幼生はケース7に統合しました。



第2幼生(50日目)
 ケース4         ・・・ 9匹

第3幼生(13日目)
 ケース7(3L)     ・・・46匹



次の幼生、第4幼生はケース7(3L)とケース8(1.5L)に収容する予定です。

予定日は明後日です。





なお、

「海道河童」の検索で訪問される方が多いので、海道河童のカテゴリー欄を追加しました。本来なら海道河童のまとめを書いたほうがいいのかも知れませんが。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

簡単な報告

 スカンクシュリンプの幼生、今日で48日目になりました。



生存数は、

             第2幼生(48日目) 第3幼生(11日目)
 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹  +  12匹(-15)

 ケース7(3L)     ・・・         39匹(-22)



第2幼生は減少なしです。

第3幼生は順調?に減り続けています。

いずれ落ち着くとは思うのですが・・・。^^;




次の幼生が生まれる前、明日辺りに

ケース4とケース5を統合したいと思っています。


苦しいやり繰りですが、

それで新しい幼生を受け入れるスペースが出来ます。^^;




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

え!容器でこんなに違うの?

 幼生たちの群がり現象の原因が分かりました。


まずは、これを見てください。

今まで使っていたベビーシェルターの内側の写真です。
隅のラインが光っています。

ベビーシェルター20111222






次に、この写真です。

家にあったプラスティック容器です。
少し不透明なのですが、隅のラインが光っていません。

プラケース1_20111222








これだけで違いがあるのが分かりますが、

実際にはそれ以上に差があることが分かりました。




100均ショップへ行って、なるべく角が光らないでコーナーが丸いものを探してきました。

これらを使ってみたのが下の2つの写真です。

1.5Lプラケース
左が今までの1Lプラケース、右が新しいプラケース

プラケース2_20111222



3Lプラケース
角が大きな曲面になっています。

プラケース3_20111222



まず、全体の明るさが違います。

今までのプラケースは透明なので光が通過して暗く見えて、角の反射するラインが際立って見えます。

逆に、新しいプラケースは半透明なので光を全体的に反射して明るく見え、

角のラインが余計目立たなくなります。




幼生たちが5日目のときに、活発に動いて元気だと呑気なことを言ってました。(汗;

幼生たちは、光る隅のラインに向かって突進するように群がっていたのだと思います。

衝突したり、共食いの習性のある幼生たちですから傷付け合ったりもしたはず。

ダメージを受けた幼生たちは、この後何日かで大量に減少していくことに繋がったのだと思います。

この群がり現象がない状態を一度実際に試してみたいなと思ってます。





この新しい容器、横幅が広くて2個しか入りません。

仕方ないのでケース5と6を統合することにしました。

37日差の幼生の同居です。

第3幼生はまだ9日目と小さいので食べられないか心配ですが、

ケース4と5はまだ統合したくないので仕方ありません。





この容器、幼生にはやさしいのだと思いますが、

人にとっては中が見え難い。^^;

人が我慢するしかないですね。

この見え難い幼生たちの映像です。ん・・、やはりうまく撮れません。^^;






最後に

幼生たちの生存数ですが、


            第2幼生(46日目) 第3幼生(9日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹  +  27匹
                         (ケース6を統合)

 ケース7(3L)     ・・・        61匹


第3幼生で元気なのは、半分くらいです。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

共食い?

 第3幼生、今日で7日目です。


今回は親スカンクさんの抱卵時の状態があまり良くなかったので、

あまり多くは期待できないのかも知れませんが、

7日目の生存数はもう少し良いかと思っていました。



幼生の生存数は、

ケース6(1L)   ・・・37匹 (106匹/1L)

ケース7(3L)   ・・・92匹 (171匹/3L = 57匹/1L)

                  ( )内は3日目の生存数





3日目に対する生存率を比較すると、

ケース6(1L)   ・・・35%

ケース7(3L)   ・・・54%





この結果をみて言えそうなことは、

1.1Lに100匹入れるよりも、1Lに50匹とした方が、生存率が高い。

2.現状では、7日目で、1L当り30匹ぐらいが生存できる。




ちょっと気になることは、



3日目に較べて各ケースともかなりの数が亡くなっているのですが、

そんなに沢山の死骸を見ていないような気がするのです。

もしかして共食いってことは無いのでしょうか?

ネットで調べてみると、


スジエビやテナガエビは幼生でも共食いをするそうです。

今回は、照明の光に集まって局所的にかなり群がっていました。


かなり活発に動いていて元気そうに見えたのですが、

実は激しい生存競争を繰り広げていたのでしょうか?

共食いとまではいかなくてもかなり疲労困憊するのでしょうか?


生存率を上げるためには、

光の当て方も重要・・・そんな感じがしてきました。





ところで、



第2幼生は今日で44日目です。

残念ながら、昨日ケース5の1匹が没になってしまいました。

換水遅れ事件のアンモニア中毒の後遺症が尾を引いているようです。


第2幼生(44日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・3匹







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生5日目の様子

 今日で第3幼生、5日目です。


今回の幼生たちはかなり元気です。

今回初めて使ったベビーシェルター3Lに入れた幼生たちも元気です。

パネルヒーターも順調に機能しています。

水換えのときにヒーターの電源をOFFしなくて済むので便利ですね。



幼生たちの数は、ある程度減ったもののまだかなりの幼生が残っています。



ベビーシェルターの幼生たち







赤い模様が少し付いてきました。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

簡単な報告

 今日は簡単に匹数の報告をします。



先の換水遅れ事件で弱っていた1匹が没になって、ケース5は4匹になりました。

第2幼生(40日目)

 ケース4         ・・・7匹

 ケース5         ・・・4匹




第3幼生は初めて数を数えてみましたが、意外に多かったです。
既に1次変態が終わり眼が飛び出て宇宙人になった幼生もチラホラいます。

第3幼生(3日目)

 ケース6(1L)            ・・・106匹

 ケース7(ベビーシェルター3L) ・・・171匹






今日はこの辺で。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

恐れていたこと

 恐れていたことが、とうとう起きてしまいました。


第2幼生は今日で38日目ですが、

ケース5の幼生が今日2匹、没に。




マイゴッド!!




何で??



エサのやり過ぎ?



はたまた、

私の不摂生な生活の犠牲になったんでしょうか。

水換えの時期がずれたり・・・、あぁぁー。。orz




原因は、たぶん水換えの遅すぎだと思います・・あぁぁー。。orz



よく見ると弱っていそうなのが、もう1匹います。

心配です。頑張ってちょうだい。




それで、


結局、現在の第2幼生の生存数は、

 ケース4    ・・・7匹
   (淡水クロレラ+フィトプレックス+スモーガスボード+ワムシ+ブライン
                                     +時々ハンバーグ)

 ケース5    ・・・5匹
   (淡水クロレラ+フィトプレックス+スモーガスボード+ワムシ+ブライン)






でも、



同時にまた、新しい生命が誕生しました。


予想した通り数は少なかったです。100匹ぐらいの感じです。

1つのケースでいけそうですが、

折角、用意したので2つのケースに分けました。



第3幼生

 ケース6              ・・・50匹ほど

 ケース7(ベビーシェルター)  ・・・残りみんな
           


数はまたあとで調整したいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

「金魚すくい」と「たらい舟」

 毎日、幼生で「金魚すくい」を楽しんでます。



ペットボトルで作ったカップに今までの飼育水を1/3ほど入れて、

「たらい舟」みたいに浮かべておきます。



ここから、金魚すくいならぬ幼生すくいの始まりです。

カメラの位置とスポイトの位置の合わせに四苦八苦しました。^^;
カメラが下を向いている時は、スポイトの位置を合わせているときです。(汗;





たらい舟に入った幼生の数をよ~く確認して全員集合していたら、

いよいよ、新しく用意した次のプラケースに浮かべます。

プラケースには予めクロレラやワムシなどが入れてあります。

たらい舟1_20111212




さて、


下が10分後の写真ですが、

違いが分かるでしょうか?

たらい舟2_20111212








下が30分後です。

たらい舟3_20111212




そうです。

このたらい舟、実は沈没船なのです。

真ん中に1mmの穴が開いてます。

30分ぐらいで少しずつ新しい飼育水が上に向かって入り込み、

温度合わせと水合わせが行なわれます。

放っておけば最後は沈んでいます。^^;




最近、スポイトから逃げる素振りを見せたりすることもあります。

幼生がもっと大きくなったら、段々難しくなりそうです。^^;

また、別の方法を考えねばなりません。




ところで、

ゴールデンバタフライのポップアイは、

ほとんど目立たないくらいになりました。

もう少し様子見です。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

親スカンクさんの調子が・・

 あ゛-、折角 パネルヒーター買ったのに、

肝心の親スカンクさんの調子がイマイチです。トホホ。


明後日、出産予定日ですが、お腹の卵の色が薄いのです。

前回、産卵前に脱卵してしまってからあまり調子が良くないようです。




パネルヒーターのその後の温度変化は、25.1~25.5度でした。

周囲温度というよりは、コントローラ自身による温度変化のようです。

数時間という長いスパンで緩やかに変化しますので、

これぐらい緩やかであれば、通常の生体には問題なさそうです。

水槽の中の邪魔なヒーターを無くせるので結構いいかも知れません。





幼生たちは、

特に変わりありません。

海水魚用ハンバーグを買いにショップに行ったのですが無かった。ガックリ。

仕方ないので、いつものチャームさんに注文。今晩届きます。

今まで通販で冷凍餌を購入したことないのですがどうなのでしょう?

クール便なのですが、ちょっと心配です。

試しにブラインシュリンプも一緒に頼んでみました。


追記:
今、チャームさんから冷凍餌、届きました。
早速開けてみましたが全く問題なかったです。冷凍ブラインも硬いままでした。杞憂でしたね。
商品の回転率がいいのか中のハンバーグも新鮮でした。
これからは通販にしたいと思います。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

| ホーム |


 ホーム