カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新魚のお迎え、新濾材の投入

 注文していた濾材エーハイムの「サブストラットプロ」が届きました。

そして、欲しかったお魚も一緒に。


新魚: クイーンさん、クイーンさん、なぜそんなにみんなを苛めるのですか?

クイーン: みんなすばしこくって、餌は取られるしイライラして、つい

新魚: そうですか、あ、クイーンさん、体汚れてますね。

     ところどころ、虫さんも付いているみたいですよ。

     お掃除してあげましょうか?

クイーン: ほんと? じゃあ、お願いします。

新魚: にょろにょろ、パク。 ニョロニョロ、パク。

クイーン: あ~、気持ちいい。もっとやって。・・・もっと、もっと。



かくして、水槽は争いのない静かな水槽になりましたとさ。

そうです。 新魚は「ホンソメワケベラ」です。

水槽が本当に平和になれば良いのですが・・・。

クイーンが暴れてる時間が減ったので少しは効果があるのかも知れません。

でも、ホンソメさん、あまりしつこ過ぎると逆効果なので気をつけてくださいね。^^;



大きさは5cmぐらい。ちょっと小さ目の個体です。

ホンソメワケベラ1_20141109

ホンソメワケベラ2_20141109

ホンソメワケベラ、戯れる





今回も水温合わせ、水合わせを行った後、すぐ投入しました。

最近は、餌食い、ストレスが心配な魚以外はすぐ投入してます。^^;




さて、


エーハイムの「サブストラットプロ」ですが、購入したのはこんなです。

サブスロラットプロ1_20141109

サブスロラットプロ2_20141109



5L入っていますが1Lずつの子袋に分かれています。今回使うのは5L全部です。





ただ、このサブストラットプロを入れるに当たって、

ついでに、本水槽をちょっと改造しました。

最近、上部フィルターのサンド化を進めたのですが、

それは、ウールマットからサンゴ砂への変更ですので、上部フィルターがかなり重くなっています。間欠動作のフィルターなので、水位が上に上がった時はたぶん30Kg以上になっていそうです。



それが、水槽の上に直に乗っているので、地震の揺れに耐えられるかどうか心配なのです。


それで、この上部フィルターを本水槽から浮かすことにしました。

ハハ、でもイリュウジョンでも何でもありません。

本水槽は地震対策のため二重構造になっているので、外枠で支えることに。

上部フィルターを15mm持ち上げました。
白木の部分がそうです。
上部フィルターLiftUp_20141109





この15mmは、別の目的があって、上部フィルターとガラス蓋との隙間を

30mmぐらいにしたかったのです。

理由は、最近薄型化しているLEDライトです。 これをガラス蓋と上部フィルターの

隙間に入れられればいいなーと以前から思ってました。

なので、上部フィルターを浮かせるのは一石二鳥なのです。^^



結果はこんな感じに。

上部フィルター1_20141109(1)





上部フィルターの構成はこんな風になりました。

上部フィルター1_20141109(3)








これでまたしばらく様子をみます。


明日、70%換水を行うので、その時にバクテリアを投入したいと思います。

最近、使っているのは「PSB水質浄化栄養細菌」です。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

60cmサブ水槽もサンド化

 本水槽をサンド化して調子が良いので、

60cmサブ水槽にも適用することにしました。


サブ水槽の構成は

上部フィルターとエーハイム2213+サブフィルターです。


今回、サンド化したのは上部フィルターです。


本水槽で使わなくなったサンドケースをそのまま利用しました。
60cmサブ水槽上部フィルター1_20141029
サンゴ砂はミディアム#3を2cmほど入れてます。
後々はもう少し大きなサンゴ砂を混ぜる予定です。




このサンドケースをそのまま上部フィルターに入れて出来上がり。

60cmサブ水槽上部フィルター2_20141029


上部フィルターの動画です。






今日のサブ水槽です。








ところで、


外部フィルターのエーハイム2213にはサンゴ礫とパウダーサンドが

3cmほどの厚みで入っています。 パウダーサンドはかなり前から、

白点対策のオマジナイとして入れているのですが、細かい砂は網の目から徐々に

抜けました。 なので今の残っているのははちょっと大きめのパウダーです。^^;



60cmサブ水槽の海水が本水槽に較べて透明感があって

魚たちのヒレも綺麗なのはこのサンゴ砂の効果なのかも知れません。

因みにこのサブ水槽、プロテインスキマーも殺菌灯もクーラーも

付いていないナイナイ尽くしの水槽です。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

本水槽のサンド化、完了しました。

 先週、本水槽上部フィルターの左側だけ

サンド化を行ったのですが、海水の透明感が上がって調子が良い感じがします。



この数日間は左にサンドフィルター、右にウールマットがあったので

汚れ具合を比較してみました。



それぞれの素材を5Lの水でよく洗い、掻き混ぜてしばらく置いたものです。

     サンドフィルター                   ウールマット
サンドとウールの比較20141009

左側のサンドフィルターの方が明らかに汚れが良く取れていますが、
でも、これは公平ではありませんでした。^^; 左側の方が下流になるので
どうしても汚れが溜まり易いのです。本来なら左右を替えてのテストもすべき
なのですが、それなりにちゃんと取れているのでそれなりに良しと。^^;







それで、




善は急げということで

右側もサンド化しました。


サンドフィルター1_20141012
写真撮影のため、青色ライトを上に載せています。








上フィルターケースの2層構造はやめて、ミディアム#3の1層構造にしました。

より細かな汚れは下の濾材ネットのスモール#1に任せることに。 

シンプル・イズ・ザ・ベストということで。





通常なら、ここでしばらく様子を見るのですが

クイーンエンゼルの頭皮欠損症が気になるので

ここは一気にサンド化を更に進めることにしました。


え?


更に?



そうなんです。


本水槽には上部フィルターの他に、2つの外部フィルターがあるのです。

エーハイム2075とコトブキSV9000です。

これらのフィルターにもウールマットを使っているので

それをサンゴ砂スモール#1に換えます。

(2075の最終段ウールマット1枚は構造上必要そうなので残しました。)





エーハイム2075
エーハイム2075_20141012




コンテナの1個にスモール#1を1L投入
2075コンテナ_20141012







そして、





コトブキSV9000
写真は撮り忘れました。^^;








コンテナの1個にスモール#1を1L弱投入

と、

ここで落とし穴が・・・・。

コンテナの中に通水用のパイプが通っていてうまくサンゴ砂を入れられません。
これだと海水がサンゴ砂を通ってくれません。一旦は諦めましたが、穴の開いた
小さなアクリル板を作って底に敷きました。苦肉の策。^^;
SV9000コンテナ_20141012






これで何とか行けるでしょう。^^






ところで




実は、


今までのサンド化の最初の頃、トラブルが発生しました。

サンゴ砂を水道水で洗って、

ちょっと気になったものの・・・・・・水を切ってそのまま

フィルターの中へ入れたのです。次の日、トゲチョウ、フウライ、クロシテンの

胸ビレにちょっと白いものが・・・。オヨヨ

トゲチョウ1_20141008




どうも、リムフォの初期症状のようです。

リムフォは水槽立ち上げのときに多く発生しますし、もしかしたら、

水道水の中の塩素成分が関係あるのかも知れません。

それ以降は、サンゴ砂を水道水で洗った後、飼育水を数回かけるようにして

問題はなくなりました。

幸い、この白いものは翌日には3匹とも消えました。(^。^)

ま、最初から飼育水で洗えば良いのかも知れませんが、

水道水の方がシャワーヘッドを使えるし便利です。

このサンゴ砂は、1週間に1回洗うのでバクテリアも期待してないですし。






以上で本水槽のサンド化はすべて終了しました。

これでしばらく様子をみたいと思います。


あ、水換え時に外部フィルター吐出口の水の勢いを忘れずに

チェックしたいと思います。^^;






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

サンド化、進行中

 サンド・フィルターの続きです。


 ミディアム#3のサンゴ砂が到着して

昨日、
上段:ミディアム#3 20mm、 下段:スモール#1 10mmの状態で運転開始しました。


1日経って、たまにオーバーフロー気味になることがあります。

ウエット&ドライの周期に少しバラツキがあるようですが、

いずれにしても、下段に水が溜まり気味なので

少し、スモール#1を減らして様子を見ることにします。



ところで、



最近、海水の透明感が上がって来ているような気がします・・・よ。^^

何か良い感じです。\(^。^)/




気を良くして、更にサンド化を進めたいと思います。

サンド・フィルターの下にあるウールマットも・・・・・・撤去。

スモール#1のサンゴ砂を濾材ネットに入れて設置したいと思います。



使う濾材ネットはこれ、

濾材ネット20141007




ファスナー付きなので平面的に使うには都合が良さそうです。

大きさもA4サイズぐらいで丁度良い。



網目の大きさは、マイクロスコープで見ると

濾材ネット2_20141007
奥に見える黒い線が1mm間隔です。




網目の大きさは、0.4~0.8mmぐらいですね。

サンゴ砂スモール#1は1~2mmですから、大丈夫でしょう。


適量入れてこんな感じに。

濾材ネット3_20141007





これをサンドフィルターの下に設置して、運転再開。






下の濾材ネットのサンゴ砂は3か月間隔で掃除する予定ですが、

まずは1カ月で様子を見てみたいと思います。

白点虫の仔虫の捕捉率はウールマットより高いのではと期待しています。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

新たな試み 左側サンドフィルター作りました。

 前記事からの続きですが、

サンゴ砂を用いた濾過槽作りを思い立って

少しづつ製作していましたが、ようやく左側半分だけ完成しました。

素材は2mmのアクリル板です。(加工が簡単ですし安いですから。^^)



フィルターケース1_20141003
お世辞にも綺麗とは言えませんが、ま、機能すれば良しということで。^^;




上から順番に、シャワープレート、上段フィルター、下段フィルターです。

下段フィルターは上部フィルターの排水キャップを避けるため凹んだ形になっています。

上段で荒いゴミを取り除き、下段で細かいゴミを取り除きます。

上段には100番のステンレスメッシュシート、下段には250番を使用しています。


今回、250番は初めて購入したので、ほんとに1インチ(25.4mm)に250個

メッシュがあるのか確かめてみました。私は疑い深いので。^^;





まず、100番メッシュ

1mmで約4本あります。
100番メッシュ_20141004





250番メッシュ

ちゃんと1mmで10本ありました。^^;
ワイヤーが約0.04mmの太さですので孔の寸法は約0.06mm(60ミクロン)です。
白点虫の仔虫は約30ミクロンらしいので、目詰まりしてくると引っかかるような大きさです。
もっと細かい500番メッシュやそれ以上というのもあるらしいのですが、今回は
販売ショップを見つけることができず断念。
250番メッシュ1_20141004





撮影はマクロレンズに接写リングをつけて行いました。

マクロレンズ+接写リング_20141004
幼生撮影のために購入したのですが、最近出番がないので無理矢理の使用です。^^;





さて、


上段フィルターにスモールサンド#1を20mmほど、
下段にパウダーサンド#0を10mmほど入れて、

フィルターケース2_20141003





これらを順番に重ねるとこんな感じに。

フィルターケース3_20141003




これを上部フィルターにすっぽり入れて完成です。



さあー、試運転です。^^


サンドフィルター1_20141004
左側が新しいサンドフィルター、右側が今までのウールマット




おー、流れていきます。いきます。

ん、?


オー、ものの1~2分でオーバーフロー・・・。 ヒィエー!^^;


・・・



皆さんはとっくにお気付きかも知れませんが、

原因は下段のパウダーサンドです。

目が細か過ぎて流れるのに時間がかかるのです。^^;




サンゴ砂をそれぞれ1ランク大きくした方が良さそうです。

上段: スモールサンド#1 → ミディアム#3

下段: パウダーサンド#0 → スモールサンド#1



砂を混ぜるのもありかと思いますが、

取り敢えず、ミディアム#3を買って試してみたいと思います。



ミディアム#3が来るまで、

上段はスモールサンド#1、下段は”空”で運転することにしました。


上部フィルターはウェット&ドライ方式なので水位が上下します。
下に見えるのがウールマット、更にその下にリング濾材があります。



今日、一晩経ったのですがオーバーフローしてないので、

少なくとも60ミクロン以上の浮遊物は一応サンゴ砂に収容されているようです。

実際にはもっと細かいものも、付着する形で濾されていると思いますが。



明日、ミディアム#3が届きます。

届いたら、早速試してみたいと思います。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

これってヤバイかも・・・、そして新たな試み 構想編

 「善玉菌がすごいんです」というネーミングの

水質改善剤を投入して1週間が経ちました。

果たして、海水の透明感は上がったでしょうか?


前と同様に写真を撮ってみました。
本水槽側面20140929





前回の写真
本水槽側面2_20140921




ウーン、今回も微妙ですね。 

残念ながら、「すごいんです」という大きな変化はありませんでした。 ^^;



ところで、


今回の撮影でクイーンエンゼルに異変があるのが分かりました。


頭皮欠損症が悪化しているんだと思います。


以前は下顎の部分だけでしたが、目の周りや額の部分に小さな陥没が見えます。
これってヤバイかも。^^;
クイーンエンゼル1_20140929

クイーンエンゼル2_20140929





以前は、1週間に1回90L70%の「ドバッと換水」をしていましたが、

最近はズルで10日間に1回にしていました。 なので、硝酸塩はおそらく

換水前で53mg/L、換水後は17mg/Lぐらいかと。(予測値)

以前は、換水前で37mg/L、換水後は12mg/Lぐらいでした。(これも予測値)


硝酸塩が主原因かは分かりませんが、取り敢えず

換水頻度を1週間に1回に戻すことに。




そして、

もしかしたら、現在気にしている海水の透明感がないことと

関係あるのかも知れません。 対策を急がねば。^^;



対策は種々あると思いますが、

透明感がないのは有機浮遊物が多いせいかな・・・と考え、

まず、それを水槽外に除去することを優先させたいと思います。





実は、


前々から、現在の濾過システムで気になる不満なところがあります。

折角、水槽内の汚物をできるだけ上部フィルターで吸い取るように

しているのですが、その最初の物理濾過のウールマットがスカスカで

とても、効率良く濾し取っているようには思えないのです。

マット交換直後は特にスカスカですよね。^^;




さて、本題の新たな試みですが、

もっと効率良く機能する物理濾過をゲットしたいということで

色々考えてみましたが、まず、簡便にできるパウダーサンドを

用いる方法を試してみたいと思います。



上部フィルター上段のウールマットの代わりに、

スモール(#1)とパウダー(#0)のサンゴ砂を2層にして置きます。

スモール(#1)で大きめの浮遊物を除去して、パウダー(#0)で

小さな浮遊物を除去します。これでパウダーの目詰まりを少なくする

作戦です。



サンゴ砂、スモール(#1)
スモール#1_20140929


サンゴ砂、パウダー(#0)
パウダー#0_20140929





パウダーは0.2~0.8mmぐらいなのでこれらの粒が集まってつくる隙間は

かなり狭く、30ミクロンの白点虫の仔虫も捕捉できると思います。

問題は何日で目が詰まってオーバーフローするかですね。

できれば、3日ぐらいは持って欲しいです。



では、早速、試作してみたいと思います。






ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

「ドバッと換水」の実践

 前記事の検討で、「チョビチョビ換水」よりも「ドバッと換水」の方が、

換水効果が高いことが分かったので

60cm水槽で実践してみることにしました。


本水槽の方は、まだマルチミネラルのテスト中なので

それが終わってからですね。^^



さて、


60cm水槽では今まで1週間に1回10~20Lの換水をしてきたのですが、

特に最近は薬を投入したりしたのでちょっと不規則でした。^^;



これを2週間に1回40Lの換水にしたいと思います。



それで、早速実行です。



で、40Lの排水を行なったら、

おょょ、いやに残り水量が少ない・・・。



ゴールデンが背中を出しながら泳いでいます。^^;






ちょっとやり過ぎだったかな。^^;

あと3cm水位が上だったら大丈夫です。

水量にして5Lです。なので35Lの排水が適量のよう。

35Lだと70%の換水です。40Lの場合は80%の換水。

ここは欲張らずに、2週に1回35Lの換水にしたいと思います。


新海水を注水して、水換え終了です。


バケツに隔離していた先住パープル大は4日後に戻しました。
でも、1:4の構図は変わらず、完全にパープルクイーンのボスになっています。
何か性格がきついみたいです。^^;



何回か水換えして落ち着いたところで、硝酸塩を測ってみたいと思います。






ところで、

本水槽のクイーンエンゼルですが、マルチミネラル入りエビミンチを与えて

2日目に食べなくなりました。^^; 入れ過ぎだったんでしょうか?

それでミネラルを少なくしたらまた食べるように。一安心。^^;

まだ、大きな変化はありません。




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

全換水と部分換水の違い

 本水槽の頭皮欠損症対策ですが、まだ効果は現われていません。

当たり前ですね。まだ始めて3日目ですから。^^;


ここで用いたマルチミネラルですが、どうもHonさんの言って

おられたものと違っていたようです。でも、折角始めたのでもう少し

続けて様子をみたいと思います。


Honさんが言っておられたものは、東海大学とLSS研究所が

共同開発したものだそうで、ブログにUPしてくださいましたので、

興味のある方は下記をを参照ください。

マルチミネラル(濃縮天然ミネラル)

Honさん、ありがとうございました。




さて、

今日の記事は頭皮欠損症対策、第2案の全換水についてです。

全換水となると魚を全部退避させなければならないので大変です。

そこでどうやってズルをしようかと色々考えてみました。^^;



まず、全換水と部分換水の違いですが、



仮に100Lの水槽があって、1週間に1回の全換水と1週間に2回の50L換水では

どう違うのでしょうか? 使用する新海水の量は共に100Lです。


かなり魚が多い水槽で、硝酸塩濃度が1日に10mg/L増える場合を想定して

グラフを書いてみました。

硝酸塩グラフ1_20130923





同じ100Lを換水するにしても

全換水の方が、飼育水の硝酸塩濃度が低い日数が長く、

まとめてドバッと換水する方が換水効果が高いといえます。

新鮮な海水の期間が長いという意味で、魚たちにも良さそうです。




私は今まで頭皮欠損症対策のために40Lの換水を週2回行なって

きたのですが、もしこれを週1回の80Lにしたら

どうなるのでしょう?

本日換水直前の硝酸塩を測ると40mg/Lでした。

これを元にグラフを作ると

硝酸塩グラフ2_20130923
  (水量135L、80Lは60%換水、硝酸塩濃度1日当り3.5mg/L増加)


週1回の80Lにすると40L2回よりも効果はありそうです。


でも、やってみないと分かりませんが、もしかしたら

1回で80Lの換水は物理的に無理かも知れません。


何故かって?


クイーンエンゼルの背高より水位が下がるかもしれないのです。


それで


もし、70Lの換水1回だったらグラフはどうなるのでしょう?

黄色いラインで追加しました。

硝酸塩グラフ3_20130923
(70Lの場合、硝酸塩最大値は何回かの換水で46mg/Lぐらいに落ち着きます。)



う~ん、40L2回と平均的には同じで上下に振れています。

あまり意味は無いですねー。

何とか80L、あるいはそれ以上にしたいですが・・・。

水槽の中に大きいプラケースみたいなものを入れて、その中にクイーンを入れますか?

う~ん、もうちょっと考えてみます。





ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

こ、これは一体?

 昨日、本水槽の還元BOXを撤去して、水換え50Lを行ないました。

それから、アズファーとクロシテンの淡水浴を行ないました。

淡水浴の時間は10分です。


そして、


取り出した還元BOXを、どうするか迷ったのですが、

飼育水を入れたバケツの中に入れておくことにしました。



一晩経って、見ると

ヒェー!

還元BOX20120904




こ、これは一体?

こんなのが水槽に入っていたと考えると恐ろしいのですが、

エアーレーションをしなかったので一気に嫌気状態になって、

急激に還元がなされたような・・。 還元BOXが噴火?

バケツには湯の花みたいな浮遊物がたくさんありました。

どうも、汚れの流出を抑えながら、還元効率を上げることは中々難しいようです。



前回の木酢液に続き、今回の硫黄の臭いで家族はどん引きでした。

結局、廃棄処分することに。(汗;




ではまた。

ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

かなり危険?

 バケツに入れて養生中の還元BOXですが、

ちょっとヤバイです。

かなり危険?な臭いがします。



これは1日経った様子ですが、
鉄釘を入れた周囲が真っ黒になっています。
最終的にはもっと黒い範囲が広がりました。

還元BOX鉄釘20120808




鉄分が有毒ガスの硫化水素に反応して黒い硫化鉄になったようです。

嫌気強化を期待したのですが、嫌気になり過ぎのような気がします。

臭いは今までに無い強烈な硫黄の臭いが出ました。ヤバイ、ヤバイ。

いくら何でもこれを水槽に入れるのはまずいのでは?

う~ん、ちょっとリスクが高過ぎです。



なので、結局、鉄釘を撤去しました。

取り出した鉄釘
茶色に錆びた状態でなく真っ黒です。
鉄釘20120808




主目的は重し代わりでしたので、

替わりに、大きいステンレスのボルト1本用意しました。

ステンボルト20120808




これを還元BOXに沈めて、

そして、

本水槽に入れました。

還元BOX20120808



これで暫らく様子をみます。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

バケツに入れて養生中

 今まで本水槽で使っていた還元ろ過BOX2個を取り出して、

新たな還元BOX1個に置き換えます。



新たに作った還元BOXです。
プラケースの底に7mmの穴を40個開けました。
底の四隅に1cmほどの袴を履かせて通水し易いようにしています。

新還元BOX1_20120806





プラケースの中にスポンジを敷いて、
旧還元BOXから取り出したデニトロゲンとゼオライトを、用意したサンゴ礫を加えて混ぜました。
・・・クサー。硫黄の臭いです。換気扇全開、息を止めながらの作業、暑いです。^^;

メッキを除去して準備していた鉄釘を14本を適当にばら撒いて入れました。
主目的は重し代わりですが、リン酸塩除去と嫌気強化も少し期待しています。
本水槽は140Lですので10Lに1本の割合です。以前のテストではこれで鉄分濃度が0.03mg/Lになりましたのでこれで行きます。あまり極端に鉄分濃度を上げたくありませんので。

デニトロゲン+ゼオライト+サンゴ礫+鉄釘
新還元BOX2_20120806


斜めになる落し蓋をつけました。
ヤエヤマのギンポさんがここで隠れ家を作らないようにするためと
窒素の気泡を出易くするためです。

新還元BOX3_20120806




これを只今バケツに入れて養生中です。
バケツには本水槽の飼育水7Lを入れてあります。

新還元BOX4_20120806




2日ほど経って安定するのを見計らって、本水槽に入れたいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

鉄釘の前準備

 久し振りに本水槽の硝酸塩を測ってみました。

結果は約50ppmぐらいでした。

硝酸塩20120801




以前は70ppmでしたから少し下がっています。

でも、還元ろ過BOXが効きだしたというよりも、

2週間前から、1週間に1回の水換えを30Lから50Lにしたので、

その効果が表れているのだと思います。


それで、


既製品の還元ろ過BOX2個は諦めて、自作の還元BOX1個に変えようと思います。


その中に「鉄釘」を入れようと思ってます。

重しが第1の目的ですが、リン酸塩除去にも少しは役立つはずです。

でも、必要本数の1/5以下ですから効果は少ないと思います。

あと、鉄が酸化されることで還元BOXの中をより嫌気にするかも知れません。




買ってきた鉄釘75mm25本はメッキがされていますので、

それを除去します。

前は酢を使ったのですが、今回は「サンポール」というトイレの洗浄剤を使います。

これは以前、でめきんさんに教えてもらいました。

中身は塩酸9.5%ですのそれなりに濃いです。

          サンポール1_20120801




ペットボトルに鉄釘とサンポールを入れました。
すぐに細かい泡が出始めました。調子良さそうです。
泡は水素だと思いますが、内圧が上がりそうなので蓋はユルユルにしました。






1日経った状態です。
溶液の色が少し褐色になりました。
メッキの光はもう見えません。
泡はまだ出続けています。







溶液を捨てて何回か水道水で洗いました。
新海水を入れて、鉄釘が錆びるのを待ちます。

メッキ除去20120801




数日間で鉄が安定して錆びるようになると思うので、

この間にプラケースで新しい還元BOXを作りたいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます




テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

還元ろ過BOXの点検と改造

 今日は1年振りに還元ろ過BOX(海水館)の点検をして、そして改造をしました。

本水槽の中と上部フィルターに設置してありますので、

両方とも取り出してチェックしてみました。



取り出すと例の硫黄の臭いがプ~ンとします。

嫌気状態になってそれなりに還元作用が行なわれているような感じはしますが、


還元ろ過BOXの外観
還元BOX1_20120707




上のスポンジを外すと

還元BOX2_20120707



生分解性プラスチックのデニトロゲンはあまり減っていません。

それで、改造をすることにしました。



まず、上のスポンジは還元によって生成された窒素ガスを溜め込んで、

通水性が悪くなり還元効率を低下させていると思われるので取り外します。


外したスポンジを切って

周りに取り付けます。

還元BOX3_20120707



そして、


コトブキのパワーゼオ(天然ゼオライト)を入れて、掻き混ぜました。

ゼオライトはサンゴ礫でも良かったのですが手持ちがなくて・・・。

通水性を確保するのと重石の代わり、そして嫌気性バクテリアが棲んでくれたらなーという期待を込めていれました。^^;


アクリルの蓋を作って被せて出来上がりです。
ケースと蓋の間に1~2mmの隙間を持たせてあります。

還元BOX5_20120707




今回は2個とも水槽の中に入れました。

浮き上がらずにちゃんと沈んでくれてます。

ちょっと見難いですが。
還元BOX6_20120707




暫らく、窒素ガスの出具合を観察したいと思います。

ここに鉄釘を入れるのも面白いかな~とも思ってます。




ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
  いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

還元BOXは今・・・

 月日が経つのは早いですね。

 本水槽に還元BOXを設置してからもう1年経ちました。

水槽の中に1個、そして上部フィルターに1個、計2個設置してあります。



果たして効いているのでしょうか?



そういえば、還元BOXから出てくる気泡をあまり見たことがありません。

スケジュールでは1年点検をする予定になっているのですが、

その前に硝酸塩のチェックをしてみました。



硝酸塩濃度

硝酸塩20120704



結果はおよそ70ppmぐらい。


ヒィエー!


確か、半年前も70ppmだったはずでは?

1年前に還元BOXを設置したときはどれくらいだったのでしょう?

記録によると最初は100ppmでした。


少しは効果はあるようですが、

期待値とはほど遠いです。



一度点検してちょっと改造を考えてみたいと思います。




追記:
 幼生たちはあれからやはり全滅してしまいました。
 ゴールデンの赤い腫れはほとんど完治しました。




ではまた。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
いつも応援ありがとうございます


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

ウールマットの掃除間隔

 ウールマットの掃除ですが、皆さん、どれくらいの頻度で掃除しています?


うちの本水槽の場合、残餌や汚物はほとんど上部フィルターで

吸い取るようにしているので汚れ方が結構激しいです。



今は週に1回、水換えのときに合わせて、排出した飼育水で洗っています。



たぶん、汚れる度合いに応じて許容できる掃除の間隔は変わると思うのですが、

長く放置すれば、マットで製造される硝酸塩もそれだけ増えるでしょうし、

雑菌も増えるような気がします。



もっと短い間隔、例えば毎日とか2日に1回とかで掃除すれば硝酸塩

雑菌も減るのでしょうか?


期間を短くしてもその効果が少なければ無駄ですし・・・。



マットを洗いながら、ふと思ったので記事にしてみました。

もし、何かご存知の方おられましたらお教えください。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 硝酸塩

水質は?

 最近、本水槽の水質が気になっています。


何かちょっと飼育水が「黄ばん」でいるようなので・・。


1ヶ月前に、還元BOXのプチ改造を行ないましたが、

その後、黄ばみが出たような・・・錯覚でしょうか。



もしかしたら、還元BOXが効いていないのでは?

それで、


久し振りに硝酸塩を測ってみました。


硝酸塩20111003
硝酸塩 ≒80~100mg/L(10倍希釈で測定)





う~ん、



やはり効いていません。(汗;

良かれと思ってやったことが仇になっているのでは・・・。

良くあることです。トホホ・・。




中に溜まった窒素を排出するためにチューブを追加しましたが、

どうも、そこから海水が直接注入されて、中が嫌気状態になっていないのかも知れません。

逆流防止弁を挿し込めば?・・・今、手持ちにありません。




仕方ないので、

取り合えず、チューブを外しました。


暫らくしてまた様子をみたいと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

還元BOX改

 上部フィルターに入れた還元BOXをチェックしてみました。


2ヶ月経ってようやく効果が少し出てきた感じなのですが、ちょっと遅いような気もします。

外観上はスポンジが少し薄茶色になっています。

臭いは、硫黄の臭い、たぶん硫化水素だと思いますが臭います。多少なりとも還元が行なわれてているようです。




ここで、ちょっと改造を。



還元BOX上部のスポンジに鋏で切り込みを入れて、

4cmぐらいのチューブを挿し込みました。


還元BOXの様子
ちょっと汚い写真ですみません。m_ _m
還元BOX20110911



内部で発生した窒素ガスを抜いて内圧を下げ、その分、新しい飼育水を還元BOXに流入させるためのチューブです。

これで還元の効率が上がることを期待したいと思います。


また、1ヵ月後くらいに硝酸塩を測ってみます。




追記
スカンクさんの2匹目が脱皮して抱卵しました。前からそうなのですが2匹だと2週間の抱卵期間が1週間ずれながら抱卵することが多いようです。何故か分かりませんが・・。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

効果が・・?

 本水槽の上部フィルターに還元BOXを設置して2ヶ月経ちました。


久し振りに硝酸塩を測ってみました。


設置当初
硝酸塩20110702
硝酸塩 ≒100mg/L(10倍希釈で測定)



設置1ヵ月後
硝酸塩20110805
硝酸塩 ≒100mg/L(10倍希釈で測定)



設置2ヵ月後(今回)
硝酸塩20110908
硝酸塩 80mg/L(10倍希釈で測定)




ほんの少し効果が出始めているような気がします。

飼育水も黄ばみが少なく透明感が出たような。

還元BOXを少し弄るかどうか悩むところですが、

ちょっと還元BOXの状態を見てみるのと、溜まった窒素が排出されやすいような細工をしてみたいと思います。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

2週間経った還元BOXの効果

 今日は今夏一番暑かったですねー。

体も少しずつ慣れてきたかなと思いましたが、やはり暑いものは暑い。でも節電頑張ってます。^^;

水温はまだ28.5~29.3度をキープしてます。今日は29.1度からは下がり難かったです。



さて、


 還元BOX2個を上部フィルター内に設置して2週間経ちました。


効果は出ているのでしょうか。

水質測定をしてみました。水換えは明日行なう予定です。



アンモニア20110715 亜硝酸20110715
アンモニア 0.05mg/L              亜硝酸 0.1mg/L



硝酸塩20110715
硝酸塩 80mg/L(10倍希釈で測定)



因みに還元BOXを設置したときの硝酸塩は、下記のようでした。

硝酸塩20110702
硝酸塩 100mg/L(10倍希釈で測定)



リン酸塩20110715
リン酸塩 5mg/L(10倍希釈で測定)



還元BOXは2週間経って少し効果が出てきたような気がします。

リン酸塩は吸着剤PHOSTを入れて4日目です。それなりの効果が出た結果?
以前のテストではかなりの効果があったので。



2週間後ぐらいにまた測定してみたいと思います。







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

本水槽の還元BOX その2

 今日、還元BOX2個が届きました。


これをどうやって上部フィルターレイシーRFG90に設置するかですが、

上部フィルターはウェット&ドライ方式ですので、1分間に1回、溜まった水を一機に吐き出します。

これにより、水位が10cmから2cmぐらいに下がります。

ここに還元BOXを置いても、たぶん嫌気状態になりません。




そこで、


以前、スカンクさんの幼生の飼育で使ったプラケースを利用しようかと・・・。

プラケースに還元BOXを2個入れた様子

プラケース20110628




左下のL型ジョイントにつけた煙突みたいなチューブがミソで、

この長さによってプラケースから出る飼育水の流量を調整することができます。





なんて、考えたのですが、


実験した結果、


チューブもL型ジョイントも無い方が良いことが分かりました。


単なる5mmの穴で良しと・・・・。トホホ。


この状態でたぶん1L/分ぐらいの流量になるかなと思います。




還元BOXは、今、バケツに入れた飼育水の中で養生中です。
何か飼育水が薬を入れたように黄ばんでます。数日前に活性炭を入れたのですが。

還元BOX20110628



3日経ったら上部フィルターに設置します。

そのまま、直接入れても大丈夫なような気がしますが、一応取説通りに。^^;





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

本水槽の還元BOX

 昨日、本水槽の水換えをしました。


魚たちのヒレの白濁の問題が残っているので、

最近は、1週間に1回多めに50Lの換水をしています。

飼育水の黄ばみもあるので活性炭も追加してみました。



そして、


以前から使っていた「海水館」の還元BOXですが、古くなったので廃棄しました。


最近はバイオペレットというもので硝酸塩とリン酸塩を同時処理する方法もあるようです。

どうなのでしょう。まぁ、ここは今まで通り同じ還元BOXを・・・2個注文。

以前の魚水槽で、1個で50%ぐらい硝酸塩が下がりましたので2個ということに。

火曜日に届きます。


今までは水槽の中に入れていたのですが、2個となるとさすがに水槽の中は・・・。^^;

今回は上部フィルターの中に設置しようと思います。

上部フィルターはレイシーのRFG-90でウェット&ドライ方式なので、そのままでは嫌気になりません。ちょっと細工をして設置してみようと考えています。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚

スキマー無し3日目

 今日でスキマー無しにして3日経ちました。



入れているのはスミレヤッコさんです。

見た感じは前より良くなっているのですが、まだ、時々体を擦っています。

擦るのは決まって水槽の背面です。

背面にはすりガラス風のバックスクリーンを内側から貼ってあるので、

擦ると気持ちがいいのでしょうか。確かに少しザラザラ感はありますが。


スミレヤッコの様子
エサを食べた後、決まって擦ります。






明後日、5日目の測定をしてスキマー有りのデータと比較してみたいと思います。







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 ヤッコ

リング濾過材のアンモニア分解量(改)

 昨日、水槽をリセットしてリング濾過材200gを海道河童に入れました。


このテストは、魚の大きさや数によってどれぐらいのリング濾過材が必要なのか予測できるようにするのが目的です。

前回は活性炭フィルターを合わせてのテストでしたが、今回は純粋にリング濾過材だけのテストです。



リング濾過材200g(パワーハウスベーシック)のアンモニア分解量

22時間後
アンモニア20110412 亜硝酸20110412
アンモニア 0.2mg/L               亜硝酸 0.05mg/L

硝酸塩20110412
硝酸塩 3mg/L



フウライチョウ6.5cmが1日に出したアンモニア量は、

0.2mg×22L+3mg×22L/3.65=4.4+18.1=22.5mg



リング濾過材200gで分解したアンモニア量は、

3mg×22L/3.65=18.1mg


前回よりアンモニア量が少し減っているので、リング濾過材に付着しているバクテリアが少し増えたのかも知れません。





今日はこれからまたリセットして、ライブロックだけを入れます。

そして明日、同様に分解量を測定します。







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

何だったんでしょう。

 昨日、呼吸が荒くて元気が無かったフウライチョウですが、今日は元気になりました。


昨日、活性炭フィルターだけのテストをしていて調子が悪くなったのでテストを中止していました。



何だったんでしょう。

普通に考えると、やはり活性炭フィルターが怪しいです。



ただ、この活性炭フィルター、活性炭の是非はともかく海道河童には重要なパーツです。

形状がこんなようになっています。(以前の記事で使った写真です。)

活性炭フィルター20110309



フィルターの下の部分に隙間があって水が通り易いようになっています。

左側の上部から流れてきた水が全体的には下の方に流れるようになっています。

中に濾材を入れた場合も、スキマーを入れた場合もこの流れが有効に働きそうです。

なので最終的には活性炭を取り除いた状態で綿フィルターとして使うのが良さそうです。






今はこのフィルターを取り外してあります。


そして念のため、ライブロックとリング濾材を入れて1日経ちました。


元気になったフウライ君





アサリミンチにアクア工房の「ピュア」も混ぜてみました。口に入れた後、少し吐き出すのが多いような感じです。


今日はライブロックとリング濾材も外して明日測定をしてみたいと思います。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

活性炭フィルターのアンモニア分解量

 昨晩、水槽をリセットして、海道河童の活性炭フィルターだけにしました。



そして、





15時間後




なぜか、フウライチョウの調子が良くありません。









テストを中止して、水質測定をしてみました。

15時間後
アンモニア20110409 亜硝酸20110409
アンモニア 0.4mg/L               亜硝酸 0.05mg/L

硝酸塩20110409
硝酸塩 2.5mg/L





呼吸が荒くなるほどの水質ではないと思いますが・・・。

もしかしたら、アンモニアとアンモニウムイオンの比率が活性炭によって変わるのでしょうか?

水槽に付けているアンモニアアラートは特に異常はなかったです。

何か別の毒性物質?

でも、ライブロックとリング濾材のテストのときも活性炭フィルターは入れてましたし、・・・。



どうも今までの経験で、活性炭を入れると魚の調子が悪くなるような印象があります。
海道河童の純正フィルターなのですが大丈夫なんでしょうか。^^;





活性炭フィルターのアンモニア分解量としての結果は、

かなり硝化作用をしているように見受けられます。ただ、今までのテストの中間生成物が残っていた可能性もあり、今回の活性炭フィルターのアンモニア分解量の結論はまだ出さない方が無難なようです。

そして今までのテストは、活性炭フィルターが入った状態で行なっていたので、データはかなりフィルターの影響を受けていた可能性もあります。





何はともあれ、




まずは、新しい海水の水槽にフウライ君を移しました。

活性炭フィルターも何も入っていません。



2時間経ちましたがまだ呼吸が荒いです。






ん~ん。大丈夫でしょうか。







ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

リング濾材のアンモニア分解量

 海道河童にリング濾材(パワーハウスベーシックM)200gを入れて1日経ちました。


そのアンモニア分解量を測ってみました。

22時間後
アンモニア20110409 亜硝酸20110409
アンモニア 0.3mg/L              亜硝酸 0.05mg/L

硝酸塩20110409
硝酸塩 3mg/L





フウライチョウ6.5cmが1日に出したアンモニア量は、

0.3mg×22L+3mg×22L/3.65=6.6+18.1=24.7mg



リング濾材200g+海道河童活性炭フィルターで分解したアンモニア量は、

3mg×22L/3.65=18.1mg




昨日のライブロック+海道河童活性炭フィルターでは21.1mgでしたから、

それよりも少し少ないですが、大きさ(量)で比較するとリング濾材の方が濾過効率は良いようです。






ここまで来たら、海道河童活性炭フィルターだけではどうかも調べてみたいと思います。

活性炭フィルターは数日前に新しいのに換えてから一度も洗っていないので少しバクテリアが付いているかも知れません。






ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

ライブロックのアンモニア分解量

 昨日、リセットしたキューブ水槽30cmにフウライチョウを移して1日経ちました。



水槽には、ライブロック+海道河童活性炭フィルター   が入っています。



ライブロック+海道河童活性炭フィルターの1日の濾過能力


22時間後

アンモニア20110408 亜硝酸20110408
アンモニア 0.2mg/L                亜硝酸 0.1mg/L


硝酸塩20110408
硝酸塩 3.5mg/L



フウライチョウ6.5cmが1日に出したアンモニア量は、

0.2mg×22L+3.5mg×22L/3.65=4.4+21.1=25.5mg



ライブロック+海道河童活性炭フィルターで分解したアンモニア量は、

3.5mg×22L/3.65=21.1mg

このライブロックの硝化能力は前回レインフォーズ君のときと同じような値になりました。

ライブロックのバクテリアはこれ以上増えないようです。








次にライブロックを一端サブ水槽に待避させて、

海道河童にリング濾材(パワーハウスベーシックM)200gを入れてその濾過能力を測定してみたいと思います。本水槽の上部フィルターに使っていたもので、ある程度バクテリアが付いているはずです。

パワーハウス20110408



明日、リング濾材の濾過能力を測定します。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ

ゼオライトって効果あるの?

 昨夜、全換水してからコトブキのパワーゼオ(ゼオライト)を200g投入しました。


アンモニアは吸着されているでしょうか。



水質測定をしてみました。

22時間後
アンモニア20110403 亜硝酸20110403
アンモニア 0.7mg/L                 亜硝酸 0.1mg/L

硝酸塩2_20110403
硝酸塩 3.0mg/L




ん、・・・・。




この前と同じような結果です。




コトブキのパワーゼオ、


これも撃沈でした。


どうも残念ながら、今、簡単に手に入るゼオライトは期待するほどのアンモニア吸着能力が無いようです。(というかほとんど効果が無い。^^;)

極わずかの吸着されたアンモニアが濾過バクテリアで分解されて初めて次のアンモニアが吸着される。このようなしくみであればバクテリアの棲家が多いリング濾材の方が効率的ではないかという気がします。



もっと能力の高いゼオライトが手に入ればまたテストしてみたいと思いますが、


「ゼオライト」は一端これで終了ということにしたいと思います。





レインフォーズ君は、アサリミンチに続き、冷凍ブラインも少し食べるようになりました。

もう少ししたら、本水槽に入ってもらおうかと思います。





ではまた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
ポチッと応援お願いします


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ アンモニア

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。