カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

白いヒトデ

Author:白いヒトデ
ヤッコやチョウチョウウオを飼っています。スカンクシュリンプの繁殖などにも挑戦しています。
本水槽(900×450×450mm)
 クイーンエンゼル 
 アズファー 
 クロシテン 
 フウライチョウ
 キンギョハナダイ

サブ水槽(600×300×360mm)
 ゴールデンバタフライ
 ネッタイスズメ

魚たちのプロフィール
魚たちの映像
水槽システムの仕様
メンテの予定と記録

   ポチッと応援お願いします
  にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
   にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
 いつも応援ありがとうございます

カテゴリ

最新記事

最新コメント

訪問カウンター

国別来訪者 since 11,2010

free counters

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカンク抱卵の様子、ちびスミレとミスジチョウの様子

 スカンクさん、抱卵して1週間になりました。


ブログでUPすると何故か消滅することが多いので心配ですが。・・・^^;

抱卵の様子








22日水曜日ぐらいに産卵BOXに移したいと思います。

今まで2匹一緒に移していましたが、今回は単独で移してみたいと思います。

この方が、生まれた幼生たちが捕食されることが少なくて、収容できる幼生が多くなるのではと思います。





ちびスミレとミスジチョウの様子

ちびスミレとミスジチョウさんを白点病治療のバケツから水槽に戻して2週間経ちました。
今のところ、再発の様子はなく大丈夫なようです。

お腹が空いているのか、ミスジさんが空の貝殻を恨めしそうに見ています。
ちびスミレはミスジさんと同じフレーク&メガバイト入りアサリミンチを食べています。
お腹が空いているときは流れるフレークも食べるようになりました。
相変わらず、ライブロックや海藻の根を突いたりもしてます。








ではまた。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

没ワムシ・クリーナーの製作

 前回のスカンクさんの幼生飼育で、没ワムシの掃除が大事ということが分かりました。



昨日、でめきんさんからヒントを頂きましたので、早速、没ワムシ・クリーナーを作ってみました。

部品は有り合せののものばかりで、新規購入の必要はありませんでした。(^。^)



没ワムシ・クリーナー
ちょうど旨いキスゴムがありました。
穴をあけるだけでピッタリと嵌りました。
四方をカット。ここから水が吸い込まれます。
メッシュカバーは40番のステンレスメッシュを使いました。

クリーナー1_20100917



メッシュカバーをつけて出来上がり。
幼生たちはこれでブロックです。

クリーナー2_20100917





簡単に出来ましたが、意外と上手くいくかも知れません。


次回の幼生飼育、楽しみです。




ではまた。







テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

亜硝酸、こんなに?

 昨日、ちょっと気になることがありました。


幼生の飼育水が少し薄茶色いのです。

飼育水20100916







それで、

水質を測ってみました。


アンモニア 0.1mg/L
問題ないレベルです。

アンモニア20100916






亜硝酸  0.8mg/L
亜硝酸がこんなにあるとは思ってもいませんでした。
実際にはもう少し赤っぽくて1mg/L以上ありそうな感じです。

亜硝酸20100916






なぜ、亜硝酸が??

今までアンモニアは、何回か測っていて0mg近くだったので安心していました。

濾過材が無いので、硝化バクテリアはほとんどいないだろうし、アンモニアが無ければ亜硝酸も無いだろうと。




どうも、アンモニアを亜硝酸に変える硝化細菌ニトロモナスが結構いるようです。



水換えを行っても底の部分で硝化細菌が増えるみたいです。




硝化細菌の餌は、間違いなくワムシの死骸でしょう。

ワムシの寿命は1~2週間です。


考えてみれば、ワムシ2万匹を投入してから10日間経って、この前のワムシの計数でも数が増えていることから、少なくとも1日に2万匹以上は死滅することになります。

最初にワムシを投入したときからどんどん★ワムシが増えていって、

換水をしても、この底の★ワムシが、アンモニア、亜硝酸になって、

さらに日ごと、★ワムシがどんどん増えて・・・・・・恐ろしい。





この★ワムシを処理しない限り、亜硝酸の増加は避けられないのでは?




どうやって底の掃除をするか?? 幼生もいるし・・・。



白点病治療と同じように、新しいプラケースを用意して移し変えたほうが手っ取り早いような?

う~ん、要検討です。





ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

残念ながら

 スカンクの幼生、最後の1匹もとうとう亡くなってしまいました。


昨日、元気が無さそうな感じだったので心配してましたが・・・。

皆さんにはご声援を頂きましたが、残念な結果になってしまいました。



実は、密かに用意していたものが、

チャームさんから届きました。

間に合いませんでしたが・・・。


一つは、「KENTフィトプレックス」

海産植物プランクトンを濃縮したものです。
ナンノクロロプシス、テトラセルミス、イソクリシスが入っています。
ナンノクロロプシスは海産クロレラと称して今まで添加していたものです。(正確には最近、分類学上、海産クロレラでないことが分かったそうですが、一般的には海産クロレラとも呼ばれているようです。)
ネットでイソクリシスを探してて見つけました。

次回はこれも追加で添加したいと思います。

フィトプレックス1_20100915 フィトプレックス2_20100915






もう一つは、「水に沈むウッドストーン」

今までも目の細かいエアーストーンを使っていたのですが、酸素の供給量と水流の強さのバランスを取るのが難しかったので、もっと目の細かいウッドストーンを使ってみることにしました。
少しは幼生たちにやさしくなるような感じです。

ウッドストーン20100915






次回の幼生飼育は、幼生たちに与える栄養について色々試してみたいと思います。




ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生9日目、オレンジ色

スカンクシュリンプの幼生、今日で9日目になりました。


以前の記録に並びました。

生存数は、たったの1匹です。

昨晩まで脚をパタパタさせていたのが1匹いましたがボツになったようです。



最後の1匹9日目
いつもコメント頂く「でめきん」さんに教えてもらったズームマクロ機能を使って写真を撮ってみました。
動画撮影よりピントと色がはっきりしてオレンジ色の模様が付いているのが分かります。

幼生9日目1_20100914


幼生9日目2_20100914




幼生9日目
何となく動きが弱々しいので心配です。








ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生8日目、難しい

 スカンクの幼生たち、今日で8日目です。



どうも調子が良くありません。

幼生たちはパタパタしたり、たまに跳ねたりしてますが、常時浮遊しているのはいなくなりました。



極まれに浮遊しているのを撮りました。
ピンボケです。30cmぐらいの距離の被写体を拡大して上手く撮れるカメラがあればいいのですが。腕のせい?






う~ん、スカンクシュリンプ幼生の飼育、難しいです。

以前、9日間を達成したときは、なんとなくできたのですが、

本気モードでやっても記録越えは難しいです。世の中、そんなもんかも知れません。^^;











そして、それを察したか、

水槽に戻したスカンクさん、抱卵です。

昨日、脱皮していたので、その時抱卵したんだと思います。

今までの経験からすると、抱卵から出産までの日数は18日ではなく14日ぐらいと考えたほうがいいと思います。うまく抱卵が続けば、3日前ぐらいに産卵BOXに移したいと思います。

いままで何度も消滅しているので、あまり期待しないで待っていようと思います。








ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生6日目、自動換水システム

 スカンクの幼生、今日で6日目です。



5日目に脱皮があって少し大きくなったようです。

常時浮遊しているのは3~4匹で他の幼生は底にいます。

時々浮遊を始めて、しばらくしてまた底に沈むという感じなので、

生存数ははっきり分かりませんが、5匹~10匹の間だと思います。


浮遊する幼生、6日目









自動換水システム

今まで、1日2回の50%換水をしてきましたが、どうも換水後、幼生たちの元気が無くなるようなので水換え中は非常に気を遣いました。

ということで、思い切って自動換水システムにしました。

時間をかけて少しずつ新しい海水が注ぎ込まれて、その分少しずつ排水されるシステムです。

幼生たちにとっては、常に新しい海水が少しずつ流れ込んでくるのでストレスを感じなくなるのを期待してます。

水換えもすごく簡単になります。(^。^)



こう書くとかなりの高級なシステムのように思えますが、何のことはない有り合わせの材料で作ったごく簡単なシステムです。





上段のプラケースは、以前、水槽の蒸発した水を補給するために作った自動滴下用のプラケースで5L程の容量があります。
このケースから、絞りと粗めエアーストーンを通して下段の幼生飼育プラケースヘ流れます。
40番ステンレスメッシュを湾曲させて隔壁としてエアーチューブでバケツへと排水します。
排水用エアーチューブには導水用タコ糸を20cmほど入れてあります。

幼生飼育プラケースは2L、上段の給水プラケースに4Lの人口海水と海産クロレラを入れて1日で空になるような調整をしてます。






スカンクさんの抱卵

親スカンクの抱卵は残念ながら、消滅してしまいました。

仕方ないので昨日サブ水槽に戻しました。





ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

幼生4日目

 スカンクの幼生たちは、今日で4日目になります。



生存数は10匹ほどです。

前回よりもうまくいっています。

水換えは50%を1日に2回、予め海産クロレラを入れた海水を横に置いて温度合わせをしたものを徐々に加えています。



幼生zoea4日目








ワムシの増減

幼生の餌となるワムシはどれくらい減っているのでしょうか。

ワムシの寿命は1~2週間とのことです。

また、スカンクの幼生が捕食しても減ります。比率としては少ないような気がしますが。

一方、海産クロレラが入っているのでワムシがこれを食べて増えている可能性もあります。

見た感じは前と同じような感じですが・・・・


で、測ってみました。



1mLに20匹ほどいました。

最初1mLに10匹ほど入れましたから、2倍ほどに増えています。

これでも多過ぎることはないと思うので、ワムシを間引かないで、


まずは、海産クロレラの量を半分にしてみようと思います。







ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

ガックリ&ビックリ

 今日はガックリから始りました。



今朝、スカンクさんを見ると何か異常です。

スカンクさんが1匹増えてるような・・・。

きれいに脱皮していてその殻でした。

どうも産卵途中で卵がまだ残っていたはずのスカンクさんのようです。

卵はありませんでした・・・・・。2匹目の方もほとんど無くなっています。 ーー;

ガックリです。









そして、数時間後、


ビックリです。

脱皮の後は本当に抱卵し易いです。









スカンクの幼生たちは今のところ大丈夫です。




ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

スカンクさん、少しだけ産卵

 スカンクさん、少しだけ生まれました~。



このように部分的に先に生まれたのは、初めてです。

生まれたのは15匹ぐらいです。

お腹にはまだ卵がたくさん残っています。

黒い点が見えなかったのでまだ先だと思ってました。大丈夫でしょうか。




まずは、生まれた幼生たちを2Lプラケースに。

海産クロレラ20mlとS型ワムシ2万匹を投入しました。

スカンク幼生20100906




幼生1日目の様子
ちょっとワムシの流れが速いようなのでエアーを少し絞りました。







一部分だけ先に生まれたので、計画を前倒しして、産卵BOXでも幼生が飼えるようにしたいと思います。

まず、60番メッシュフィルターを40番に換えました。穴径は0.6mmぐらいになります。

穴径が大きくなると幼生たちまで吸い込まれないか少し心配ですがたぶん大丈夫でしょう。

海産クロレラを20mL添加し、S型ワムシを4万匹投与しました。

ブリーディングフィルター(スポンジフィルター)と循環用エアーを弱めに調整しました。

産卵BOX20100906







さて、

バケツで白点病治療をしていたミスジチョウさんとちびスミレですが、6日目になりました。

一昨日、約1ヶ月振りにサブ水槽の底砂を掃除して外掛けフィルタープロフィットF3からの水の流れも良くなりました。

今日、これからミスジさんとちびスミレをサブ水槽に戻したいと思います。





ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

スカンクさん、もう少し先?

 スカンクさんの様子です。



パタパタさせたり繕いだりしています。

だいぶ、卵の粒が分かるようになってきました。でも、目の黒い部分はまだ見えません。





大潮は今週の水曜日辺りですがどうでしょうか。





ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

ミスジチョウ・ちびスミレの様子&L型ワムシ到着

 白点病治療のためにバケツ生活を送っているミスジチョウさんとちびスミレヤッコの様子です。



今日でまる2日経ちました。

1日1回の全換水を行っています。餌がアサリミンチなので、本当は1日2回の換水の方がいいのですが餌を少なめにして1回で我慢してもらってます。

白点は消えて魚たちは元気です。



ミスジさんとちびスミレの様子









白点はほとんど消えましたがまだ水槽には戻せません。白点虫の耐性卵が孵化してまた元の魚に付いてしまうので。

本当は2週間ぐらい後の方がいいのでしょうが、1週間ぐらいで戻してみたいと思います。





頼んでいたL型ワムシと海産クロレラ(ナンノクロロプシス)がわむし屋さんから届きました。

A4サイズのメール便です。

早速、開梱して中を確認。・・・ワムシ、ワムシ・・・

おおー、何やら元気そうに動いています。生きてました。

水温を測ってみると32.6度でした。午前中だったのでこの温度で収まってるんでしょう。

それにしても、ワムシさん強しです。




早速、プラケースに入れて培養開始しました。

L型ワムシ20100903








ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ スカンクシュリンプ

産卵BOXスカンクさんの様子&ワムシ死滅の原因

 昨日、スカンクさんたちを産卵BOXに移しました。



1匹目のスカンクさんは卵の数が多く全体的に膨れてきた感じになってきました。

2匹目は卵の数はそんなに多くありません。


産卵BOXの様子
出産まであと数日だと思います。










この前、ワムシが短時間で死滅した原因ですが、ステンレスメッシュが臭いです。

臭いのはメッシュの穴径です。

60番で0.42mmピッチ、ワイヤー径を0.1mmとすると穴径は0.32mmとなります。

この穴を0.1~0.2mmのワムシが通ることになりますが、実はこのワムシ、表面が弱いらしいのです。

ワムシが稚魚の咽頭部を通過する際に,ワムシの形が壊れて中身のコロイド状タンパク質である細胞の原形質が押し出されるくらい柔らかいので初期飼料に向いているとのことです。


60番では穴径が小さい・・・・40番でどうかはやってみるしかないかと。



当初は生まれた幼生をそのまま産卵BOXで飼育しようと考えていましたが、2匹目も抱卵したので予定を変更して、1匹目は今まで通り別のプラケースに収容して育てたいと思います。

ということで1匹目は、幼生を収容するだけですので60番のままでいきます。






ところで

本日、L型ワムシと培養済み海産クロレラ(ナンノクロロプシス)をわむし屋さんに頼みました。
明日、メール便で届きます。9月に入ってもまだ暑いので心配です。





ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

2匹目おめでた&ミスジチョウの白点病治療

 もう一匹のスカンクシュリンプさんも、オメデタです。(^。^)


今日で4日目ですのでそろそろ安定期という感じです。






1匹目のスカンクさんは抱卵して9日目ですのでそろそろ産卵BOXへ。
2匹目のスカンクさんも仲良く一緒に移ってもらいます。






最近、ミスジチョウさんに白点が付くようになりました。

朝、白点が現れてしばらくすると消えるのですが、少し酷くなってきたので治療します。

チビスミレも小さいのが2点ほど付いているので一緒に処置します。

治療方法はいつも通りバケツに隔離しての無投薬全換水治療です。

チビスミレは小さいですし、喧嘩をしないので一緒のバケツに入れようと思います。





朝、白点が現れてしばらくすると消える程度ですから、明日には元気になってると思います。





ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 チョウチョウウオ スカンクシュリンプ 白点病

見てしまった。恐ろしい・・・

 またまた、スカンクシュリンプさんの恐ろしい一面を見てしまいました。




あのウミケムシを食べていたのです。・・・・^^;

ウミケムシを食べる生体は初めて見ました。

しかもあの抱卵しているスカンクさんです。

よっぽどお腹が空いていたんでしょうか。針に刺されないのでしょうか。


キモイのが苦手な方は見ないほうがいいです・・・・当方は責任持てません。^^;








ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

ワムシ死滅

 昨晩、産卵BOXのフィルターにステンレスメッシュを貼り付けました。



ステンレスメッシュ60番
これを取り付けた後、前みたいに水位が下がることはなくなりました。

ステンレスメッシュ20100829





そして新しく、海水とS型ワムシを入れました。

ワムシの量は1cc当たり10匹程度が良いということなので、3.5Lの産卵BOXには3.5万匹ということになります。

少し多めに5万匹ぐらいを入れてみました。



ワムシについて調べていたら、分かりやすい写真があったので紹介します。
水産総合研究センターのワムシ講座に載っていたものです。
一番下のもS型??

ワムシ20100829






半日経って見てみると
何やら少し黄色っぽく沈んで底に堆積しています。
スポイトで吸い取ってみるとやはりワムシでした。

ワムシ沈下20100829




全滅まではいっていませんが、ほとんどが☆です。

アンモニアを測ってみましたがほぼ0mg/Lでした。時間が経てばアンモニアが一気に増えると思います。

原因は、酸素不足か、ワムシ飼育海水との海水比重のギャップだと思います。



今までワムシ飼育海水の比重は1.017で、幼生の飼育海水は1.022です。

ワムシ飼育海水の比重を1.017から1.022に少しずつ上げていきます。



比重を1.022にしても、ワムシの繁殖力が少し下がるようですけど、生存は問題ないようです。


この比重1.022で繁殖させたワムシと強化したエアーでテストしてみます。

今、気が付いたのですがステンレスメッシュをよく水洗いしなくては。^^;





ではまた。




テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

失敗

 昨日、プランクトンネットを取り付けましたが失敗です。



目が細かすぎて、ワムシや海産クロレラの大きいものや細かいゴミが引っかかってしまうようです。

その結果、吐出用エアーストーン部の水位が下がってしまいました。

プランクトンネット20100828







本日、もっと目の粗いステンレスメッシュ40番と60番をホームセンターで買ってきました。

60番は1インチ(25.4mm)に60個のメッシュですから0.4mmぐらいです。



まずは、60番でやってみたいと思います。

ワムシはスルーしますが、スカンクの幼生は通しません。





ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

新兵器、プランクトンネット

 幼生の飼育のために新しく考えた新兵器、プランクトンネットです。



新兵器といっても大それたものではありません。^^;

単に産卵BOXのフィルターにプランクトンネットを貼っただけ・・・です。

プランクトンネット20100827






今まで、産卵した後、数時間で幼生の数が激減しましたが、

幼生がフィルター部分に吸い込まれた可能性が高いのでその対策です。




そして、


このプランクトンネットは、スカンクの幼生たちを通さないのはもちろんですが、

小さいワムシも通しません。

それで、収容部屋に集まったスカンクシュリンプ幼生たちをそのままそこで飼育します。



S型ワムシは0.1~0.2mmぐらいですが、このプランクトンネットの目はワムシの半分以下0.045mmです。



プランクトンネットは、ルクールさんで購入しました。

プランクトンネット NO300HD-45μ S型ワムシ対応

A4サイズ1枚2000円、梱包代200円、送料700円、代引き315円、
計3215円・・・高!





産卵BOXの様子
プランクトンネットを貼ったフィルターの前に、エアーストーンを置いてエアーカーテンを作ります。
適度な水流を作って、ワムシがネットに張り付かないようにするためですがうまくいくかどうか。
水温安定のためオートヒーターも入れました。
ブリーディングフィルター(スポンジフィルター)を入れるかどうか思案中です。









実際にワムシを入れて機能するかどうかとアンモニアの増加量のテストを行う予定です。




ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ 幼生

ちびスミレ食性の変化&スカンク抱卵

 スミレヤッコの幼魚2.5cmが入居して1ヶ月と10日経ちました。



ずーっと、ライブロックの表面を突くかブラインシュリンプの孵化したものを食べていましたが、

ここに来て少しずつ変化が見られるようになりました。

フェザープランツ(タカノハヅタ)を突いて食べるようになり、

最近は、フレーク&メガバイト入りアサリミンチを食べるようになりました。

流れてきたフレークを口に入れて、「ペッ」と吐き出すようなことも。



チビスミレ、アサリミンチ突く












そして

嬉しいお知らせです。



スカンクさんが抱卵しました。やはり脱皮の後でした。
またスカンクさんの幼生飼育に挑戦です。
卵が消滅しなければいいのですが。









ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 ヤッコ スカンクシュリンプ

残念な結果

 スカンクさんの幼生、最後の1匹も亡くなってしまいました。



残念な結果となりましたが、次回の抱卵に期待したいと思います。

ちょっとしたことでダメージを受けて、そのうち亡くなってしまうという感じです。

スカンクシュリンプは親でも水質の変化に敏感ですから、幼生はもっとシビアーなんだと思います。夏場は温度変化も大きいですし。



過去の9日間の記録を超えるためには何かブレークスルーが必要な気がします。








気分を変えて



今まで使って来て良いと思った「グッズ」を一つ紹介したいと思います。
(メーカーの回し者ではありません。重宝しているので単に紹介したいだけです。こう書くとさらに怪しい?)


コトブキ デジタル温度計 DIGI-Meter2

  使っている人多いと思います。小数点1桁まで表示できてセンサーまで1mのコード付きです。
  同じもの3個で温度のバラツキを調べましたがほとんど差はありませんでした。結構、早めに測定値に到達してくれます。
  なので、人口海水の温度合わせなどに使っています。もちろん水槽にも。

  できれば、日常防水になってればいいのですが。何度かポチャッと。コトブキさん何とかなりません?




同じ海水を同時に測定した結果
上2つが新しく購入したもの、一番下が今まで使っていたものです。

温度計20100822






ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

どうにか5日目

 スカンク幼生、どうにか5日目です。


でも、生存数は最後の1匹になりました。



昨日と同じような姿格好してますが、胸脚がかなり長くなっているように感じます。

スポンジのブリーディングフィルターをやめて、1Lプラケースに戻しました。

ブリーディングフィルターは、ワムシが吸い込まれて数が減ってるような気がします。




スカンク幼生5日目
最後の1匹
27.3℃、結構変動してます。









ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

なんとか4日目

 なんとか4日目の記事をお届けすることが出来ます。^^;



2匹の生存を確認しました。

でも浮遊しているのはまれです。ほとんど着底しています。

わずか2Lのプラケースなのですが、小さい2匹を探し出すのは結構難しいです。



幼生4日目の様子
腰の部分に少し模様が付きました。
水温26.3℃





50%水換え前に測った水質

アンモニア 0.5mg/L
亜硝酸   0.5mg/L

普通ならギリギリ大丈夫なレベルですが、幼生たちにどうかというのは分かりません。
水換え後はこの半分になってるはずですが・・。





ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

スカンク幼生 全滅の危機

 スカンクシュリンプの幼生、3日目ですが早くも全滅の危機です。




2つのプラケースの日海センターさんの海産クロレラを添加したものは全滅しました。

海産クロレラが悪いというわけではないと思います。たぶん、エアーストーンにブラインシュリンプの孵化に使っていたものを転用したのでタンパク質などが付いていたのではと思っています。


1日に2回70%の換水をしていたんですが、アンモニアを測ったら、1.5mg/L有りました。危険領域です。





もう一つのプラケース、わむし屋さんの海産クロレラ(Nannochloropsis Green Water)を添加したものは10匹ほどいましたが、今は2~3匹です。



何、何したの?






親スカンクさんたちを産卵BOXからサブ水槽に戻し、


使っていたブリーディングフィルターを


2Lプラケースに入れて


スカンク幼生たちを移しました。


この方が水換えが少なくて、楽かなと・・・・。^^;






何故かしら、今は2~3匹に。

たまーにしか、浮遊しません。




浮遊の様子







ブリーディングフィルターはまだ早すぎたのかも知れません。


3日目で2~3匹じゃ、ちょっとつらいなー。





ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

スカンク幼生2日目です。

 スカンクシュリンプの幼生、誕生して2日目です。



水中を浮遊している幼生zoeaは2~3匹で少ないです。

アシナガさんのときはほとんどが浮遊していましたので、それに比べると大人しいです。



スカンクさんの場合、親から受け継いだ栄養の卵黄が大きいように感じます。

しばらく餌を摂る必要がないので底に沈んでいるのでしょうか。

ほとんどが底にいてピョコピョコしています。




幼生の様子








親スカンクさん、昨日抱卵していたようなのですが、今日みるとしぼんでいます。

抱卵してから2~3日が不安定な時期なのかもしれません。前回も同じようなことがありました。


また、次回に期待したいと思います。







ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

生まれましたー。

 生まれましたー。スカンクシュリンプの幼生ゾエアzoeaです。



今回も明け方頃の産卵で、残念ながら産卵シーンは撮れませんでした。^^;

産卵BOXの収容部分に入っていたのは40匹ほどでした。

やはり、数時間で数がかなり減っているように感じます。もしかしたら隔壁フィルターに吸われているのかも知れません。



兎に角、40匹ほどの幼生たちを別の2つのプラケースに20匹ほどずつ移しました。


1つ目は「日海センター」さんの海産クロレラを培養したものを添加した人口海水比重1.022

2つ目は「わむし屋」さんの培養済み海産クロレラを添加した人口海水海水比重1.022

人口海水の元はインスタントオーシャンです。
照明は点けっ放しにします。照明はコトブキPIXY-Neo。温度上昇を考慮して20cm上方に設置。


アシナガスジエビさんに比べて着底して留まりやすいので、エアーレーションを前よりも少し強めにして水の流れを作るようにしました。



2つのプラケース
左が日海センターさんの海産クロレラ添加
右がわむし屋さんのNannochloropsis Green Water添加
両方ともワムシ10000匹ぐらい入っています。水温27.1℃

プラケース20100817






幼生zoeaの様子
アシナガスジエビの幼生と同じような格好をしています。









まずは、3日間のクリアー、

そしてスカンクさんの最長記録9日間のクリアーを目指します。





そして、・・・また、抱卵したようです。ハハ、もう、負けます。^^;





ではまた。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

もう、そろそろ。

 もう、そろそろだと思います。



フラッシュを焚いて撮った写真です。卵が目立って写ってます。

スカンク抱卵20100816







卵が大きくなって粒々感が分かるようになりました。
パタパタの周期が短くなっって来たような気がします。









ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

立会い出産にしました。

 スカンクシュリンプさんを別々にしてから、2匹ともあまり調子が良くなさそうですし、

サブ水槽のスカンクさんは、心配なのか産卵BOXのスカンクさんが見える位置にいつもいるようなので、



サブ水槽のスカンクさんを産卵BOXに戻して、

立会い出産にしました。





産卵BOXの中の2匹
海産クロレラが少し入っているので海水に濁りが少しあります。








抱卵の様子
過去の抱卵に比べると少し茶色ぽいです。









今日が予定日なのですがあまりその気配はありません。

生まれるのはいつも決まって消灯して夜中から明け方にかけてですので、明日以降ということになります。







ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

海産クロレラ届きました。

 「わむし屋」さんに注文していた海産クロレラ届きました。


10日発送で11日に到着予定のものが、13日今朝、郵便受けに入っていました。

クロネコのメール便です。問い合わせると11日に配送センターに届いていたものの若い担当者がその日のうちに配送しきれず持ち帰って次の日の夜に再度の配送となったようです。ヤマトさん、新人教育よろしく。



「わむし屋」さんには、あらぬ嫌疑をかけて申し訳なかったのですが、発送したとのメールをもらえればこちらからトレースできてもっと早く到着したのではと思います。今まではたまたま問い合わせた上での注文だったので問題なかったのかな。


で、この海産クロレラ、冷蔵庫5度Cで保存してくださいと書いてあるのに大丈夫でしょうか?
すぐに冷蔵庫に入れましたが・・・^^;

一応、海水に通常の添加量を入れてアンモニアを測ってみましたがほぼ「0」でした。大丈夫そう?です。

ワムシを同時に発注しなくて大正解でした。夏場なのでメール便では危ないだろうと日海センターさんで調達しておきました。注文していたらどうなっていたか・・・・。(汗;






さて、海産クロレラは、培養中の「日海センター」さんのものと今回届いた「わむし屋」さんの培養済みNannochloropsis Green Waterが手元にあります。Nannochloropsis Green Waterは培養液に駿河湾海洋深層水が使われ、ビタミンB12などのビタミン類が添加されています。

これらを実際のスカンクシュリンプさんの幼生の飼育に使って比較してみたいと思います。



3つのプラケースを用意します。一つ目は、海産クロレラを入れない人口海水。2つ目は「日海センター」さんの海産クロレラを加えたもの、3つ目は「わむし屋」さんのNannochloropsis Green Waterを加えたものです。

これら3つのプラケースに幼生たちを入れて飼育してみます。





下の写真は、培養が進んできた「日海センター」さんの海産クロレラです。
左が2日目、右が3日目です。夜間も蛍光灯を点けっ放しです。
左側に見えるのがワムシの培養プラケースです。

海産クロレラ20100813




2番目のスカンクさんの様子ですが昨日とほぼ同じ状態です。





ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

スカンクシュリンプさん抱卵の状態

 最後に残っていたスカンクさんの幼生1匹はやはり駄目でした。


残念ですが気を取り直して2匹目のスカンクさんの産卵に注力したいと思います。

そろそろという感じにはなって来ましたが産卵はまだです。

予定日が土曜日ですのでほぼ予定通りなのかも知れません。



2匹目のスカンクさんの抱卵の様子











ところで、

再抱卵した1匹目のスカンクさんですが、どうも様子がおかしいのです。

1匹目のスカンクさんの再抱卵の様子









卵が透明になったのか、はたまた、卵したのか、

よく分かりません。どうも、放卵してしまったような・・・。

産卵BOXに一緒にいたのを産卵が終わったのでサブ水槽に戻したのですが、精神的なショックだったんでしょうか。

2匹目の産卵が終わったあと、また産卵BOXに一緒にするのも有りかも知れません。









さて、昨日から培養を始めた海産クロレラ(Nannochloropsis)ですが、少し緑っぽくなってきました。

さらに今日は2個目をセットしました。1個目はすぐ無くなりそうな感じがしますので。



ところで、「わむし屋」さんはどうしたのでしょうか。

昨日、もう一つ別のメールアドレスにも確認を入れたのですが、「梨の礫」です。

もう、活動を停止しているのでしょうか。よくある話しですが、そうであればHPにコメントを入れて欲しいものです。期待した人は迷惑します。





海産クロレラ培養の様子
左側が今日セットしたもの、右側が昨日セットしたものです。
右側の方が少しですけど、緑っぽくなってます。

海産クロレラ20100812








ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

残念な結果

 スカンクシュリンプさんの幼生、誕生して2日目ですが、



早くも生存数1匹になってしまいました・・・・残念な結果です。

最後の1匹も底面でピョコピョコしている状態で、風前の灯状態です。



昨晩、50%の換水をして、ワムシを追加、淡水クロレラを追加しました。

そして、今日、水温を測ると・・・・28.7度です。高い。

夜間照明として、PIXY-Neoを近づけて点灯させていたのが不味かったようです。


アンモニア濃度は3mg/L位ありました。


原因として考えられるのは、

・高水温

・ワムシの多過ぎ

・濃縮淡水クロレラの入れ過ぎ

・水換えの量が少ない





濃縮淡水クロレラは入れないほうが無難なようです。これ自体でもアンモニアが含まれていますし・・。

やはり、生きた海産クロレラが一番いいようです。




昨日、培養済み海産クロレラを「わむし屋」さんに注文したのですが未だに返事がありません。どうしたのでしょう。

今日、日海センターさんに行って、海産クロレラを調達してきました。

ただ、この海産クロレラは培養してないのですごく薄いです。培養するには1週間ぐらい掛かりますが、前の経験では3~4日もすればそれなりに緑色が付いてきますので、途中のものでも与えていこうと思います。



2匹目のスカンクシュリンプさんの抱卵の様子
卵が少し黒ずんできました。あと2~3日でしょうか。









ではまた。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

tag : 海水魚 スカンクシュリンプ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。